韓国経済、朴大統領、中国の抗日戦勝行事への出席「ジレンマ」~安倍首相の欠席で状況が複雑化

韓国経済、朴大統領、中国の抗日戦勝行事への出席「ジレンマ」~安倍首相の欠席で状況が複雑化

記事要約:韓国メディアは日本が負けた戦争を祝う行事に安倍総理が出席するとか、本気で思っているのか?思っていたらただの馬鹿だと思う。だから、安倍総理が欠席するのは当たり前であり、それが朴槿恵大統領への出席のジレンマになるはずもない。

そもそも、日本と一緒に戦って負けた韓国がなぜ、中国の抗日戦勝行事へ出席するんだ?頭オカシイだろ。時系列を理解出来ないばかりか、ウリナラファンタジーで自分たちが勝ったとか勘違いしているのか。もっと深く突っ込めばこの中国と戦ってもいない。なんていうか、もう、勝手にやれといいたい。

>安倍首相が習近平中国国家主席の記念式行事の招待を受け入れて中国を訪問し、首脳会談が実現すれば朴大統領の中国訪問は自然な外交の歩みになりうる。

この記者、アホすぎるだろ?日本が負けたことを祝う式典に参加する日本の総理大臣などいるはずないだろ・・・。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、朴大統領、中国の抗日戦勝行事への出席「ジレンマ」~安倍首相の欠席で状況が複雑化

朴槿恵(パク・クネ)大統領が来月3日、北京で開かれる中国の抗日戦争勝利記念行事に参加するかをめぐって苦心中だ。今年3月、中国政府から公式な招待を受けた朴大統領はこれまで参加する方向で検討してきた。

ところがオバマ米国大統領をはじめ主な西側諸国の首脳に続き最近、日本の安倍晋三首相も中国への訪問計画をとりやめたことが分かり計算が複雑になった。

安倍首相が習近平中国国家主席の記念式行事の招待を受け入れて中国を訪問し、首脳会談が実現すれば朴大統領の中国訪問は自然な外交の歩みになりうる。だが南シナ海の領有権紛争をめぐり中国と対立を見せている日米の両首脳がそろって参加しない状況で、朴大統領だけが参加すれば韓米関係と韓日関係に少なくない負担となる恐れがある。対内外的に「朴大統領が中国にあまりにも傾倒している」という指摘が再び提起される可能性がある。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)核心関係者は9日、朴大統領の出席の有無について「まだ決定していない」と話した。1カ月も残っていない大統領の海外訪問日程が流動的というのは多少異例なことであり、それだけかなり苦心しているというのが政界と外交家の分析だ。

こうした中、日本の共同通信はこの日「米国が韓国政府に、中国の抗日勝利記念行事に朴大統領が参加しないことを外交筋を通じて要求した」と報道した。

米国側は朴大統領が行事に参加すればそれ自体が「中国が韓米同盟を亀裂させた」というメッセージを伝えることと同然になりかねない上、韓米日の協力を軸にしているオバマ政権のアジア重視戦略にも影響を与えるという意を伝えたと共同通信は報道した。これに対して外交部当局者は「事実無根」として「(外交的に)ありえない話であり、実際にそんなこともない」と明らかにした。

尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は5日マレーシアで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議で中国の王毅外相に会い、朴大統領の出席の有無について諸般の事情を検討して立場を決めると説明したと伝えられた。

中国は抗日勝利70周年記念の閲兵式に世界各国の首脳を大勢招待した。だが主要国の首脳は決定を留保しているという。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

ソース:中央日報日本語版<朴大統領、中国の抗日全勝行事への出席「ジレンマ」>

 

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
Wolf

全てが茶番ですね。中華人民共和国は終戦後に建国。朴大統領の父、高木正雄氏は日本の軍人。

中国はバブル崩壊、貧富格差、民族問題、資源枯渇で国内の不満が限界点でしょう。西にISISまで入り込み何時混乱に陥ることやら。

中国人の民意を抑える芝居に参加検討?正気ですかね、この人たち…