韓国経済、〔韓国平昌五輪〕韓国、パラリンピックに関心なし テレビ放送時間 KBS18時間 NHK62時間

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕韓国、パラリンピックに関心なし テレビ放送時間 KBS18時間 NHK62時間

記事要約:韓国平昌五輪が終わり、パラリンピックが開催されるわけだが、なんと開催国である韓国より、なぜか、日本のテレビ放送時間の方が多いことがわかった。韓国のKBSが18時間に対して、NHKが62時間という。あれ?韓国って開催国だよな?

普通はどの国よりも集中放送ではないのか。それがなんでNHKに3倍差もつけられているんだ?いや、この場合は韓国大好きなNHKが理由をこじつけて大規模な特集を組んだだけかもしれないか。放送時間がどうとかは別に気にしていない。そのテレビ局の裁量に任せている。実際、平昌五輪でも放送時間がどうとかなんて何もなかった。

そもそも放送時間の差異でスポーツが変わるわけもない。それこそ、スポーツをバカにしている。人気のないスポーツだから放送がないことなんてよくある。今回は女子カーリングだって、今まで見向きもされなかったのに、強豪に勝ったことで注目された。

国際大会とはそういうものだ。つまり、選手の頑張りがあって初めて注目される。これはどのスポーツでもそうだ。そうなれば放送時間なんて予定しなくても、割り込ましてくるだろうに。しかし、無駄に長い文章なので1度で十分だな。お腹一杯だ。まず、韓国の記者は記事の精査から始めてほしいぞ。とりあえず3分の1ぐらいにはできるはずだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

 

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕韓国、パラリンピックに関心なし テレビ放送時間 KBS18時間 NHK62時間

「平昌パラリンピックの成功が、オリンピックの完成である。」

平昌冬季パラリンピック100日前から、政府と平昌組織委員会が一斉に強調してき、一貫性のあるモットーだ。 平昌冬季オリンピックが期待以上の成功を収めながら、9日に開幕する平昌パラリンピックに向けた国民的期待も高まっている。

コスト、時間、天気など、いろいろな理由平昌五輪の現場を見つけられなかった彼らは「春の日」平昌パラリンピック外出を計画している。 パラリンピックは子供たちに障害者と非障害者の調和、差別と偏見のない社会、挑戦と勇気、スポーツの価値を一目で見ることができる貴重な教育現場である。 オリンピック熱気に後押しさパラリンピックオンラインチケットは早めに品切れになった。 去る5日のチケット残余分のオンライン販売サイトがオープンするやいなや主要競技のチケットがあっという間に売り切れた。 今平昌に行くことができない人々が「パラリンピック」に接することができる唯一の通路は、TV中継だ。

平昌五輪の熱気が熱かった先月20日、大統領府の国民請願サイトには「パラリンピック放送局の中継を請願し」という文が載ってきた。 「オリンピックは地上波放送3社すべて中継がパラリンピックは中継すらアンハンダヌンこと自体が障害者と非障害者に対する差別だと思います。」 平昌オリンピックの完成でなければならパラリンピック、TV中継はどうなるか。

6日の取材の結果、地上波3社開・閉会式を中継が試合の生中継を取りまとめて見ることは容易ではない見通しだ。 公営放送KBSは平昌パラリンピックに合計18時間20分を編成した。 10日障害者アイスホッケー韓日戦(午後3時30分?5時50分)、12日スノーボード(午後3?5時)、15日車椅子カーリングの中国戦(午後2時30分?5時)など期間私の7試合の生中継が決まっている。 MBCは17時間55分を編成した。 13日障害者アイスホッケー米国前(午前11時55分?午後2時)、15日アルペンスキー女子回転(ヤンジェリム出場、午後12時20分?1時35分)、16日バイアスロン男子15km試合(シンウイヒョン – イ・ジョンミンなど出展、午前9時45分?12時)など4試合の生中継を編成した。 SBSの場合、総編成時間17時間46分、現在の編成された生中継は単3回、6時間8分である。 13日バイアスロン(シンウイヒョン出場、午後9時55分?11時53分)、14日車椅子カーリング予選ノルウェーの前(午後2?5時)、15日アルペンスキー女子回転2次の時期(ヤンジェリム出場、午後12時25分?午後1時33分)などである。 生中継はシンウイヒョン、ヤンジェリムなどのメダル候補と車いすカーリング、障害者アイスホッケー一部試合に偏ったし、当日試合のハイライトと録画放送はほとんどの視聴者がぐっすり眠っている午前1?2時に偏重された。

資本の論理、市場の論理では、説得不可だ。 結局何が価値があることなのか、行くべき方向はどこなのか、何をするかの選択や判断、価値観やビジョンの問題だ。 これと関連し、障害者体育関係者は「4年前ソチオリンピック、2年前に劉オリンピックに比べると生中継が取れただけでも、大きな変化」と努めて上だったが、1988年のソウル五輪以来30年ぶりに自国で開かれるパラリンピックである。 冷静に見ても非常に不足した数値だ。

近所のスポーツ先進国との比較は、さらに骨痛い。 日本の公営放送NHKは平昌パラリンピック競技と関連したコンテンツの合計62時間を組織した。 4年前のソチ五輪の時、30時間38分で、なんと2倍以上増加した数値だ。 去る1月のメディアに配布した報道資料を通じて「NHKは平昌パラリンピックの試合をほぼ毎日生中継で放送する。 NHKが冬季オリンピックで、このような試みをしたのは今回が初めて」と発表した。 毎日午後アルペンスキー、スノーボード、バイアスロンなど日本選手たちのメダル獲得が有力種目を生中継して、毎日夜10時「パラリンピックタイム」プログラムを通じて試合結果とメダリストのインタビューを紹介する。 単純な量的膨張ではない。 質的向上は当然である。 「みんなのための放送(Broadcasts for everyone)」というスローガンを掲げて、すべての中継に視覚障害者のための聴覚放送、聴覚障害者のための手話放送を一緒にエクスポートし、障害者、健常者の両方を楽しむことができる「壁のない放送を目標とした。

英国のチャンネル4は、早目に「100時間放送」を編成した。 アンカークレアボルディンロンドン – 劉パラリンピック男子陸上100m 2連覇に輝く「スーパースター」ジョニーピコクと並んで進行者に出る。 ソチパラリンピック視覚障害アルペンスキーのガイドに参加し、金メダルを首にかけたシャルロット・エヴァンス、銀メダル・銅メダルを獲得したジェイドに調達ターンなどは、直接中継と解説を行う。 チャンネル4は、平昌に「スノーセンター」特設スタジオを用意して中継とヘソルジン60%以上を障害の専門家で満ちた。 パラリムU-の専門性を最大限にし、仲間たちの挑戦をより生き生きと伝えるようにした。

米NBCもソチ五輪の2倍に相当する94時間歴代最長編成を確定した。 チームUSAとNBCホームページ、モバイルアプリなどを通じた中継時間をすべて合わせると、250時間を超える。 ゲリージェンケルNBCオリンピックチャンネル社長は「断言パラリンピックよりも私たちに大きなインスピレーションを与え、世界的なイベントではない。ワールドクラスの選手たち多数の物語を捕捉して伝えることができることこそ、私たちの特権だ」とした。

平昌パラリンピックは、私たちの中の真の英雄を満たす機会であり、障害者と障害者体育、「違い」に対する認識を高める機会だ。 チャンネルとコンテンツの洪水の中に「跡パラリンピック」の重要性を口だけで叫ぶだけで、現実には従わない昨今の状況、認識部材が切ない理由だ。

去る2日平昌パラリンピック出征式に現職大統領としては異例の参加、障害者代表選手たちを励ましたムン・ジェイン大統領はこう言った。 「30年前、ソウルパラリンピックは障害の私たちの社会の認識を大きく変えておいた。私は、今回の平昌パラリンピックも障害と障害者スポーツに対する国民の関心をさらに高めるものと考えている。(中略)障害者は助けられる人という偏見が割れ、身体障害者と健常者の区別なく、お互いがお互いに勇気と希望することができていることをすべて一緒に感じることを願って。それ大韓民国の誇りになったらと思います。韓国を世界で最も障害者スポーツが盛んに行われて模範となる国にしたいと思います。」

ソースは韓国語なので5chより記事掲載

(http://news.nate.com/view/20180306n43072?mid=n1007)

合わせて読みたい記事

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です)

400
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前
新しい 古い 最も評価が高い
うさぴょん

あす、開会式ですね。楽しみです。
疑問 開会式に、人面鳥は出場するか。
心配 ノロ感染は、終息したの?