日別アーカイブ: 2018年11月26日

〔日本の防衛〕F35B導入 いずも“空母”化で最終調整 尖閣諸島含む南西諸島の防衛強化

〔日本の防衛〕F35B導入 いずも“空母”化で最終調整 尖閣諸島含む南西諸島の防衛強化

記事要約:日本政府が新しい防衛計画の大綱を来月とりまとめるそうだが、どうやらいくつか重要な情報が出てきた。1つは米国の最新鋭ステルス戦闘機F35Bの導入する方針。米国に売ってもらえて良かったな。因みに韓国は売ってもらえなかった。

そして、もう一つがこのF35Bが着陸が可能な護衛艦「いずも」の空母化である。我々の防衛強化の目的は北朝鮮や韓国だけではなく、中国が一番警戒する相手だからな。今は米中対立でかなり弱っている中国であるが、中華帝国を造る野心が消えているわけではない。尖閣諸島や南沙諸島もそうだが、海洋進出には歯止めをかけるためには日本も空母を持つときが来たのだ。

ただ、空母は1隻で運用できるものではないので、後、2隻か、3隻は造ると思われる。これはいずも級になるのか。また別のにするのかは防衛大綱で出てくるかはわからないが、日本もようやくここまで来たという感じだ。しかし、これでもまだ十分とはいえない。中国の防衛費は年々、右肩上がりだからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回))

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛〕F35B導入 いずも“空母”化で最終調整 尖閣諸島含む南西諸島の防衛強化

政府は新たな防衛計画の大綱を来月とりまとめるにあたって、アメリカ軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを導入する方針を固めた。同時に護衛艦をいわゆる「空母」に改修し、運用する方向で最終調整している。

最新鋭ステルス戦闘機F35Bは、航空自衛隊が運用しているF35Aの派生型で、短い距離で離陸し、垂直に着陸することができるのが特徴。

政府は、このF35Bを導入する方針を固めるとともに海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の甲板を改修し、F35Bが離着艦できるいわゆる「空母」にする方向で最終調整している。中国が海洋進出を強める中、尖閣諸島を含む南西諸島の防衛力を強化する狙い。

政府は今後、こうした方針を自民・公明両党に示した上で来月とりまとめる防衛大綱の中にどのような文言で盛り込むか調整に入る方針。

(http://news.livedoor.com/article/detail/15649691/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、10大グループ時価総額、1年間で20兆円蒸発

韓国経済、10大グループ時価総額、1年間で20兆円蒸発

記事要約:韓国の10大グループの時価総額が1年間で20兆円ほど蒸発したそうだ。KOSPIが20%ほどダウンしたので、それぐらい消えているとは納得だが、管理人としては韓国の年金がどうなったか知りたいな。確か1兆円ぐらい韓国の株式に投資しているんだろう。さて、韓国の10大グループをここの読者様はどれだけご存じだろうか。

まず、1位のサムスングループ、2位の現代グループ辺りは韓国以外でも有名なので経済常識範囲内だろう。3位はSKグループ、4位はLGグループ。5位はLGから独立したLSグループ。ここまで知っていれば相当、韓国通だろう。

さらに6位以降に、GSグループ、7位にロッテグループ、8位にハンジングループ、ここは大韓航空、韓進海運でサイトでは有名になったところだ。9位はハンファグループ、10位に斗山グループとなっている。実際、順位の変動はありそうだが。

>特にハンファ(-34.8%)と現代車(-29.4%)、サムスン(-21.2%)などのグループの時価総額の減少幅が目立った。 

あれだけサムスン電子は儲けているのに-21%も下がったのか。まだまだ株価は高いが、これ以上の売上は期待できないてことか。ハンファというのはハンファという名前で生命保険、損害保険、証券、建設、ケミカルなどを営むコングロマリット(複合企業)というやつだ。元は火薬メーカーから始まったとか。そういう財閥である。現代車は何度も出ているな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回))

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、10大グループ時価総額、1年間で20兆円蒸発

10大グループの上場企業の時価総額が1年の間に195兆ウォン減少した。

26日、韓国取引所によると、相互出資制限企業集団の資産総額上位10個の集団(公企業を除く)所属の上場企業の時価総額は23日現在、823兆3千150億ウォンと集計された。

これは1年前(1千18兆7千490億ウォン)より195兆4千340億ウォン(19.2%)減少した水準である。

これにより、10大グループの時価総額が市場全体に占める割合も1年前の52.9%から51.3%に下落した。

取引所は、「サムスン電子と現代自動車、SKハイニックスなどのグループの代表銘柄の株価が下落し時価総額が多く減った」と分析した。

グループ別では、現代重工業(3.9%)を除いた9つのグループの時価総額がすべて減少した。

特にハンファ(-34.8%)と現代車(-29.4%)、サムスン(-21.2%)などのグループの時価総額の減少幅が目立った。

種目別株価を見ると、この期間、現代建設場合(245.2%)と新世界インターナショナル(163.8%)、ポスコエムテック(160.5%)などは大幅に上昇した。 しかし、現代のエレクトリック(-62.6%)と現代ウィア(-53.7%)などの株価は半分になった。

以下略

グーグル翻訳。リンク先は韓国語

(https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=001&aid=0010489540&date=20181126&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=101)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国の国会議員団、また竹島に上陸

韓国経済、韓国の国会議員団、また竹島に上陸

記事要約:こうも毎日、息を吐くように反日展開する韓国人。それは一般庶民だろうが、政府だろうが、議員だろうが関係ない。またしても、韓国の国会議員8人が我が国の固有の領土である竹島へと不法侵入したようだ。

戦後の自衛隊もない頃に韓国の李承晩元大統領に竹島を盗られて、たくさんの漁師が捕虜にされて韓国に連れて行かれたあげく殺された。未だに日本人はその魂にすら祈りを捧げに行くことができない。慰霊碑すら造れないのだ。

いつまでたっても、遺憾とか述べているだけの日本政府に管理人はいつも呆れているのだが、いい加減、韓国とは断交して竹島を取り返してほしい。これだけ毎度、反日している韓国人に舐められているというのに、日本政府の甘い対応に国民の怒りは確実に増している。最も政権選ぶのに自民党しかないので、我々の怒りはどこにぶつければ良いのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回))

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国の国会議員団、また竹島に上陸

慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で日韓関係が冷え込む中、先月に続いて、 韓国の超党派の国会議員団が、26日午前、島根県の竹島に上陸しました。

26日午前9時ごろ、韓国の与野党の国会議員8人が、ヘリコプターで島根県の竹島に上陸し、 駐留している警備隊のためにこのほど改築された施設を視察するとともに、隊員たちを激励しました。

竹島をめぐっては、先月22日にも、別の韓国の議員たち13人が上陸して、「韓国の領土だ」と アピールしたほか、今月15日には、韓国の海洋調査船が島周辺の日本の領海に入っていて、 いずれも日本政府が韓国側に抗議しています。

日韓の間では、このところ、歴史をめぐる摩擦が立て続けに起きていて、今月21日には、 韓国政府が、慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づいて設立され、日本政府が10億円を拠出した財団を、 解散させると発表しました。

また、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題でも、韓国の最高裁判所が、先月30日、 「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人に損害賠償を支払うよう 新日鉄住金に命じる判決を言い渡し、今月29日にも、三菱重工業をめぐる同様の裁判で 最高裁の判決が言い渡される予定で、日韓関係は一段と冷え込んでいます。

(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181126/k10011723581000.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔だが、断る!〕潘基文前国連事務総長、「韓日首脳、非公式で会談を」

韓国経済、〔だが、断る!〕潘基文前国連事務総長、「韓日首脳、非公式で会談を」

記事要約:なんか久しぶりに出てきた我らのパン君こと、潘基文前国連事務総長。どうやら、最近の日韓関係の悪化を憂慮して、、両国の首脳が非公式でも会談を持たなければならないと述べたそうだ。なるほど。だが、断る!公式だろうが、非公式だろうが、韓国はもう、戦略手放置だからな。日韓首脳会談なんて今後、100年はしなくていい。

>慰安婦や強制徴用賠償判決などで対立が高まる韓日関係に関して潘前総長は、「問題が頻発して不幸な状態にある」とし、韓日双方間の誤解が広がる可能性が濃厚であるとし、「両国首脳が心を開いて話し合う必要がある」と指摘した。

誤解も何もないだろう。韓国が一方的に日韓請求権協定を破棄しようした。それだけのことだ。だいたい、どんな約束事や交渉しようが全て政権が変わればひっくり返すんだろう。公式の文書だろうが、合意だろうが全てゴールポストを壊すんだから、会談するだけ時間の無駄。安倍総理は文在寅大統領と違って忙しいのだ。G20でも各国の首相と対談する予定だろうしな。韓国などどうでもいい。

>潘前総長は、「当局者が問題を解決するうえで助けになる」との理由で、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三総理が今月末にアルゼンチンで開幕する主要20か国(G20)首脳会議の際に会談するよう訴えた。 

するわけないんだよな。それが非公式だろうが。しかも、月末となれば、三菱重工の最高裁判決が出ているわけだ。ますます、あり得ないな。

もう、日本は韓国を死ぬまで殴り続けるだけ。それだけ国民の感情は韓国を許さないところまできている。しかも、定期的に燃料まで投下してくれるので、その感情が風化することもないと。韓国は戦略的放置して、後は一方的に殴り続ける。それがこれからの日韓関係である。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回))

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔だが、断る!〕潘基文前国連事務総長、「韓日首脳、非公式で会談を」

潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長は、歴史問題で悪化の一途をたどる韓日関係を改善するため、両国の首脳が非公式でも会談を持たなければならないとし、勧めた事を朝日新聞が25日報道した。

新聞によれば、アジア・ボア・フォーラム(BFA)の理事長である潘基文前総長は去る23日、朝日とのインタビューでこのように強調した一方、日本の政治家に発言を慎むよう求めた。

潘前総長は北韓(北朝鮮)に対しては核兵器を放棄しない可能性が高いとし、国際社会は制裁を維持するべきだと主張した。

慰安婦や強制徴用賠償判決などで対立が高まる韓日関係に関して潘前総長は、「問題が頻発して不幸な状態にある」とし、韓日双方間の誤解が広がる可能性が濃厚であるとし、「両国首脳が心を開いて話し合う必要がある」と指摘した。

潘前総長は、「当局者が問題を解決するうえで助けになる」との理由で、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三総理が今月末にアルゼンチンで開幕する主要20か国(G20)首脳会議の際に会談するよう訴えた。

潘前総長は、「正式会談は報道されるし記録も残る。双方に負担である」とし、非公式の接触を勧めた。

潘前総長は、日本の政治家の過度な対韓批判が続いている状況に、「火に油を注いで問題解決には役立たない。戦争被害者という韓国人の感情を考慮して欲しい」と注文した。

北朝鮮の核問題を巡る北米交渉に関連して潘前総長は、「次の首脳会談がいつ開かれるのかは分からない」とし、「北朝鮮は20~60発に達する核兵器と弾道ミサイルを維持し、それ以上は生産しないという形でアメリカと取り引きする可能性が高い」と分析した。

(以下、略)

ソースは5chより記事掲載

ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、「売春斡旋から麻薬提供まで」~韓人(コリアン)がおとり捜査によって捕まる

韓国経済、「売春斡旋から麻薬提供まで」~韓人(コリアン)がおとり捜査によって捕まる

記事要約:皆さん、お待たせしました。このサイトでもコリアンの写真画像を集めている稀有な読者様がいるのでちゃんと取り上げないといけない。でも、いつも通り、画像はリンクのみで済ますので後は自己責任だ。さて、毎月、コリアン売春婦が米国で多数逮捕されている。今回もそうなのだが、なんと売春婦は顧客にコカインやバイアグラなども提供していたようだ。

>ダラス裁判所が公開した訴状によれば、韓人のヘレン・キム(58歳)と息子のダニエル・メンドーサ・ジュニアは、「ダラスを訪問する事業家が一晩泊まるため、女性20人とコカインなどの麻薬が欲しい」と近付いた警察のおとり捜査によって捕まった。 

こういう売春組織はいくらでも世界に存在するのだが、アメリカは特にひどい。おとり捜査でこうやって潰していくしかないわけだ。しかし、麻薬まで手を出しているのか。犯罪者はどこまでいっても犯罪者だな。

>バンコム郡凶悪犯罪取り締まり班は去る16日、アッシュビルの住宅街にスパを構えて売春をしていた韓人のモリソン・クムソン(63歳)、キム・ギョンア(54歳)、ジャコ・ミョンスク(54歳)の3人を逮捕したと明らかにした。 

では、逮捕された画像のリンクを張っておく。くれぐれもご飯時は避けた方がいいとおもう。

https://localtvwghp.files.wordpress.com/2018/11/collage5.jpg

韓国経済、「売春斡旋から麻薬提供まで」~韓人(コリアン)がおとり捜査によって捕まる

全米で韓人(コリアン)の売春事業主がおとり捜査に掛かって逮捕されている中、ノースカロライナ州のアッシュビル地域でスパを運営して売春をしていた韓人女性3人が、警察の取り締まりに掛かって逮捕された。

バンコム郡凶悪犯罪取り締まり班は去る16日、アッシュビルの住宅街にスパを構えて売春をしていた韓人のモリソン・クムソン(63歳)、キム・ギョンア(54歳)、ジャコ・ミョンスク(54歳)の3人を逮捕したと明らかにした。

警察はこの日逮捕された3人の女性のうち、モリソンは売春関連の指名手配者に登録されていて、住宅街にスパを構えて顧客1人あたり60ドルを受け取って売春店を運営していた事が分かった。

これより前の去る7日には、ダラス地域で韓人の母子が売春女性を組織的に管理および運営していた容疑で逮捕された。これらは顧客にコカインとバイアグラなども提供していた容疑も受けていると現地メディアが伝えた。

ダラス裁判所が公開した訴状によれば、韓人のヘレン・キム(58歳)と息子のダニエル・メンドーサ・ジュニアは、「ダラスを訪問する事業家が一晩泊まるため、女性20人とコカインなどの麻薬が欲しい」と近付いた警察のおとり捜査によって捕まった。

キムと息子はおとり捜査を行っていた刑事に対し、「女性1人当り各2,000ドル、計4万ドルが必要だ」と具体的な金額を提示して、特にキムは前金を要求しておとり捜査を行っていた警察が5,000ドルをあらかじめ支給した。

前金を受け取ったキムは先月16日、韓人が運営する日本料理店(Sushi Bar)で警察に会い、売春女性3人を直接確認させた。キムさんは先月24日に再び刑事に会い、違う売春女性25人を用意したと残金を要求した。

ダラス裁判所によれば、キムは2007年にも売春店を運営した容疑で摘発され、保護監察3年を宣告されていた。

ソース:米州韓国日報(韓国語)

(http://www.koreatimes.com/article/1216155)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

【国連移民協定】拒否相次ぐ=米に同調、欧州や豪も

【国連移民協定】拒否相次ぐ=米に同調、欧州や豪も

記事要約:CNNを見ていると移民キャラバンがアメリカの国境に押し寄せてきているのをトランプ大統領が食い止めるために軍事的な措置を取っている。まあ、催涙ガスや車両封鎖とかそういう類だが、最近、この移民問題で世界が揺れている。

特に欧州は分裂しており、イギリスがEUを離脱した理由の一つでもある。ドイツのメルケル首相も最初は移民を歓迎していたが、移民のひどさに気づくと反対方向へと転じた。

さて、そんな中、国連が「国連移民協定」となるものを作ろうとしている。しかし、アメリカのトランプ大統領は当然、拒否しており、それに拒否した国が増えている。日本はどうするか検討中のようだが、当然、やることは一つだ。そんな仕組みなど拒否である。

>欧州では欧州連合(EU)議長国オーストリアや東欧諸国が拒否。ドイツでも、メルケル首相の後任を選ぶ与党党首選の大きなテーマとなっている。オーストラリア、イスラエルも拒否する方針だ。日本は対応を検討中だが、国際協調自体は「歓迎すべきだ」(外交筋)と考えている。

国際的に同調するとかそんな甘いことを述べていたら、移民問題に巻き込まれるだけ。ただでさえ、不法移民だらけの在日朝鮮人に頭を悩ましているのだ。移民などの受け入れる理由もなければ、国際的協調なんて移民のひどさをしればすぐに反対に出る国家がどんどん増えるだけだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回))

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

【国連移民協定】拒否相次ぐ=米に同調、欧州や豪も

【11月25日 時事通信社】国際的に協調して移民に対応する初の枠組み「国連移民協定(安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト)」について、移民受け入れ国である欧州各国やオーストラリアで、先に不参加を表明した米国に同調する動きが相次いでいる。移民への警戒感の強まりが反映された形で、採択を来月に控え、実効性を確保できるか懸念が深まっている。

世界の移民数は年々増大してきた。昨年時点で2億5800万人に上る。

各国単独での対応が困難となる中、国連は2年前から、協定策定に向けた交渉を続けてきた。米国は「市民に責任を持たない国際組織が決めることではない」(トランプ大統領)と昨年、不参加を決めた。

それでも、今年7月には米国を除く加盟192カ国で、国境管理での国際協調や、移民の労働環境の保護などを盛り込んだ原案を決定した。来月のモロッコでの会合で採択される予定だ。

協定に法的拘束力はない。しかし、過去1カ月ほどで、米国に同調する動きが拡大している。

欧州では欧州連合(EU)議長国オーストリアや東欧諸国が拒否。ドイツでも、メルケル首相の後任を選ぶ与党党首選の大きなテーマとなっている。オーストラリア、イスラエルも拒否する方針だ。日本は対応を検討中だが、国際協調自体は「歓迎すべきだ」(外交筋)と考えている。

拒否した各国は「自国の主権が最優先だ」(オーストリアのシュトラッヘ副首相)と強調。移民受け入れ問題で自国の裁量が狭まることへの警戒感が強い。このまま不参加国が増えれば、協定は骨抜きになる恐れもある。

◇移民協定の主な拒否国 米国、豪州、イスラエル、オーストリア、ポーランド、ハンガリー、チェコ、ブルガリア、エストニア。(c)時事通信社

(http://www.afpbb.com/articles/-/3199079?act=all)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry