米大統領選 トランプ陣営、集計機の不正めぐる陰謀論を展開した弁護士を弁護団から放逐

米大統領選 トランプ陣営、集計機の不正めぐる陰謀論を展開した弁護士を弁護団から放逐

記事要約:管理人も米大統領選で集計機の不正について色入とTwitterであったことは知っているが、さすがに信用できなくて取り上げていない。ドミニオンがどうとかで。なぜか、票がバイデン氏にカウントされるとか。さすがにそれは無理があるんじゃないか。そんなかなり無理な不正を訴えていたトランプ陣営の弁護士が弁護団から放逐されたようだ。

>米大統領選で敗北が確実となった共和党のトランプ大統領の陣営は22日、「選挙に不正があった」として訴訟攻勢を展開していた陣営の弁護団の一員だった女性のシド・パウエル弁護士について「トランプ弁護団の一員ではない」と言明し、実質的に絶縁したとする声明を発表した。

再集計して覆らない。不正があった証拠が出てこない以上はトランプ大統領の敗北となるが、まだ裁判も終わってないからな。

>パウエル氏は、弁護団長のジュリアーニ元ニューヨーク市長らと19日にワシントン市内で行った記者会見で、今回の大統領選をめぐり、共産国家のキューバとベネズエラ、中国の資金提供でトランプ氏の放逐を目指した「国際的な策謀」があったと主張した。

主張するのはいいが、その証拠を掴めてなければただの陰謀論なんだよな。中国の資金提供はCNNを調べたらありそうなんだが。

>同氏はまた、ドミニオン社などの集計システムによって大量の票がトランプ票からバイデン票に書き換えられたとし、さらには一連のシステムが数年前、ベネズエラのチャベス政権(当時)の不正選挙のために開発された技術を応用していると説明していた。

これはもう一度、手で数えれば票数はわかるからな。さすがに集計システムの不備がどうとかは難しい。

>同氏の主張に対しては、熱烈なトランプ支持勢力を除いては「荒唐無稽な陰謀論」との評価が定着しているほか、トランプ氏に近い保守派の論客からも「何一つ証拠が示されていない」として批判が相次ぐなど、弁護団の信頼性を大きく損ねる一因となっていた。

弁護士が証拠もないのに陰謀論を語るのは駄目だろう。実はバイデン氏の刺客じゃないだろうな?

米大統領選 トランプ陣営、集計機の不正めぐる陰謀論を展開した弁護士を弁護団から放逐

米大統領選で敗北が確実となった共和党のトランプ大統領の陣営は22日、「選挙に不正があった」として訴訟攻勢を展開していた陣営の弁護団の一員だった女性のシド・パウエル弁護士について「トランプ弁護団の一員ではない」と言明し、実質的に絶縁したとする声明を発表した。

パウエル氏は、弁護団長のジュリアーニ元ニューヨーク市長らと19日にワシントン市内で行った記者会見で、今回の大統領選をめぐり、共産国家のキューバとベネズエラ、中国の資金提供でトランプ氏の放逐を目指した「国際的な策謀」があったと主張した。

同氏はまた、ドミニオン社などの集計システムによって大量の票がトランプ票からバイデン票に書き換えられたとし、さらには一連のシステムが数年前、ベネズエラのチャベス政権(当時)の不正選挙のために開発された技術を応用していると説明していた。

同氏の主張に対しては、熱烈なトランプ支持勢力を除いては「荒唐無稽な陰謀論」との評価が定着しているほか、トランプ氏に近い保守派の論客からも「何一つ証拠が示されていない」として批判が相次ぐなど、弁護団の信頼性を大きく損ねる一因となっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f3050b43abaf1907c163020312e812c7f4ea33f

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

自由人 (@guest_54960)
2020年11月23日 5:34 PM

どうやら悪夢のバイデン政権誕生といった趨勢。
メディアによってトランプ政権はアメリカ憲政史に咲いた徒花と言わんばかりの扱いになりそう。
まぁこれから斜陽のアメリカを目の当たりにしていくことになるのかもね。
物事にたらればは禁物だが、もしパンデミックがなかったら、もう少しだけトランプ氏がスマートな対応をできていれば、再選は間違いなかっただろう。
まだ決定というわけではないが、この選挙結果はいずれ日本にとって痛恨の極みだったと言われる日が来るのかもしれない。
それにしてもメディアに騙されるアメリカ人のなんと多いことか。

J I N (@guest_54956)
2020年11月23日 5:07 PM

シドニー・パウエル氏。これらはまだ始まったばかりの内容だから情報としてはこれからだと思います。大手メディアとネットメディアでは温度差が激しく、情報も入り乱れて見えますが、これがアメリカで実際に起きている現実とは…。やがて全てが明らかにされるだろうと思います。

rom専 (@guest_54961)
2020年11月23日 6:15 PM

このままバイデンが偽大統領になるなら、もうアメリカはダメだな。これから10年20年、アメリカの失われた時代を生きる事になるだろう。頼れるのは自国のみだ。大丈夫、ほんの半世紀前に世界を相手に4年戦えた。しかも次の相手は弱体化したアメリカの妨害と、増長して自己を客観視出来ない中国のみ、イギリスもソ連もフランスも居ない、余裕だわ。対外戦争に於いて、アメリカ以外に負けた事はなく、中国に対しては全勝している我が祖国だ。自分のやるべき事を淡々と全力でやれば我らが祖国は勝利する。経済でも戦争でも。中国は既に人口爆発が終わり、先進国に成れない事が確定した。人口爆発期に国民の平均所得が先進国に平均に届かない国はそのまま衰退する。ブラジル、ロシア、アルゼンチン、皆先進国に成らなかった。中国もその失敗作の一つに陳列される。次の候補はインドかな?