【倒産まであと少し!】朝日新聞が419億円の巨額赤字 「お金を稼ぐわけではない記者の数を減らし、異動させる。嫌であれば辞めて」

【倒産まであと少し!】朝日新聞が419億円の巨額赤字 「お金を稼ぐわけではない記者の数を減らし、異動させる。嫌であれば辞めて」

記事要約:管理人は朝日新聞、毎日新聞のどちらが先に倒産するかと考えたら,毎日新聞の方だと思っているが、どちらもゴミ新聞なので日本には必要ない。それで、今回は朝日新聞が419億円の赤字を出したことで社長が交代することになった。

でも、社長が交代しようがゴミ新聞なんて日本に存在する価値もない。記者だって元朝日新聞の記者とか履歴書に書いてあれば雇うところは同じ系列ぐらいしかないだろう。日本人を完全に敵に回したのだ。このまま倒産しろ。盛大に祝ってやるからな。

>社員ならばタダで読めていた『朝日新聞』が有料になる――。

こんな屑新聞でも社員でも読まないだろう。有料になったら部数減るんじゃないか。だいたい、押し紙で部数余ってるから社員に配っていただけだろう。

>朝日新聞社は東洋経済の取材に対し、「購読料補助の廃止について従業員と労働組合に伝え、現在、理解を得るべく説明を行っている」と回答している。2020年12月15日付の同社社内報によれば、制度廃止の理由は約2億円の支出削減に加え、社員が「自社の商品を自ら購読することで朝日新聞の購読部数を支えるとともに、有料で購読している一般読者の視点に立って朝日新聞の価値を考えるきっかけ」とすることだ。

朝日新聞を購読しているところが少ないから巨額の赤字なんだろう?それは社会に必要とされてないてことじゃないか。しかも、これからはコロナで生活も苦しくなるので新聞購読なんて減る一方だろう。

>業界を代表する企業の1つである朝日新聞社が、社員の福利厚生にまで手を付け、コスト削減に踏み切る。その背景には、経営成績への強い危機感が透ける。朝日新聞社は2020年4~9月期決算で、売上高1390億円(前年同期比23%減)、営業利益92億円の赤字(前年同期は6.5億円の黒字)に沈んだ。中間期での営業赤字転落は2009年度以来だ。

軽減税率が適用されているのにこの体たらく。そもそも、8%だろうが、10%だろうが、読む価値がないものな。こんな屑新聞に毎月4000円とか払う時点でおかしい。4000円あれば美味しい物が食べられるしな。

>主力のメディア・コンテンツ事業では、ネットの普及などに伴い新聞の需要が減退。部数の落ち込みはとどまることを知らず、朝日新聞朝刊部数が1日平均504.8万部(前年同期比8%減)まで減少。新聞などの広告収入やイベント収入が縮小したことも痛手となり、前年同期に30億円だったセグメント損失は116億円に拡大した。

嘘言うな。こんな屑新聞が500万部もあるわけないだろう。管理人は300万以下だと思っている。何処まで押し紙でごまかしているんだ。ネットの普及ではないだろう?ゴミ新聞だと認知されているから、誰も購読しないのだ。有料記事を読む価値がないと思われているのだ。

【倒産まであと少し!】朝日新聞が419億円の巨額赤字 「お金を稼ぐわけではない記者の数を減らし、異動させる。嫌であれば辞めて」

社員ならばタダで読めていた『朝日新聞』が有料になる――。

朝日新聞社が社員に対する自社の新聞購読料の補助を廃止することが、東洋経済の取材で明らかになった。同社ではこれまで、社員による朝日新聞の購読で発生する料金を、福利厚生の一環として会社が負担してきた。しかし、この制度が2021年4月以降のどこかで廃止される見込みだ。

■「自ら購読することで部数を支える」

朝日新聞社は東洋経済の取材に対し、「購読料補助の廃止について従業員と労働組合に伝え、現在、理解を得るべく説明を行っている」と回答している。2020年12月15日付の同社社内報によれば、制度廃止の理由は約2億円の支出削減に加え、社員が「自社の商品を自ら購読することで朝日新聞の購読部数を支えるとともに、有料で購読している一般読者の視点に立って朝日新聞の価値を考えるきっかけ」とすることだ。

業界を代表する企業の1つである朝日新聞社が、社員の福利厚生にまで手を付け、コスト削減に踏み切る。その背景には、経営成績への強い危機感が透ける。朝日新聞社は2020年4~9月期決算で、売上高1390億円(前年同期比23%減)、営業利益92億円の赤字(前年同期は6.5億円の黒字)に沈んだ。中間期での営業赤字転落は2009年度以来だ。

主力のメディア・コンテンツ事業では、ネットの普及などに伴い新聞の需要が減退。部数の落ち込みはとどまることを知らず、朝日新聞朝刊部数が1日平均504.8万部(前年同期比8%減)まで減少。新聞などの広告収入やイベント収入が縮小したことも痛手となり、前年同期に30億円だったセグメント損失は116億円に拡大した。

 本業の赤字を補ってきた不動産事業も、ホテルで新型コロナ影響による急激な減収が発生。セグメント利益は12億円と前年同期から半減した。

■419億円の巨額赤字で社長が退く

 さらに、将来の利益計画の前提を、新型コロナ影響が2022年3月期も継続する仮定に見直した結果、繰延税金資産の取り崩しが約300億円発生。純利益ベースでは419億円の大赤字に陥った。

 同社の社内報では経営状況について、「創業以来の深刻な状況」と書かれている。渡辺雅隆社長は業績不振を引責する形で退き、2021年4月より後任に中村史郎副社長が就任する見込みだ。

 2020年11月30日付の中村新体制における基本方針には、「緊急収支改善対策の推進」や「不採算事業の撤退・縮小」といった言葉が並ぶ。社員に対する新聞購読料の補助廃止は、この一環とみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1cdeb1a4595ae0d05e6e6ee2ce07672fef14f42

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
8 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_57419)
2021年2月26日 10:32 AM

朝日新聞と云えば「天声人語」
オレが高校生の頃、大学入試の問題にも活用され、綺麗な塗装の立派な本で書店にも並んでいたな。そうそう、かの「商売の神様」と云われた松下幸之助の本とおなじ和紙風の表皮で上下2巻だった。当時ではかなり高額な値段設定だったけど買って読んだ記憶がある。日本のフラッグペーパーとも称された面影はすでになく「日本の恥」「日本人の敵」そして朝日をもじって「朝鮮日報、日本支局」とまで言われる嫌われ様だ。まだまだカネで転んだか反日売国新聞並びに報道機関はゴマンとある。ゴマンは五万と書くそうでホントに五万とはいわないが、それだけ数が多いとの意味らしい。言論の自由だか表現の自由だかはしらんが、仮にもジャーナリストをきどるなら、それこそ「報道しない自由」など行使せずまともな報道をしないと倒産するぞ。ま、新聞そのものが信用を失いつつあるからな。文春見習え!

閻魔大王 (@guest_57417)
2021年2月26日 9:22 AM

朝日新聞の自己都合な天声人語と違って、これこそが本当の天声人語なのだ。
分かったな!

Last edited 1 month ago by 閻魔大王
零戦搭乗員 (@guest_57418)
2021年2月26日 10:03 AM

政府の危害射撃検討といい、近頃いいニュースがつづきます。

Tester (@guest_57420)
2021年2月26日 10:54 AM

偏向、捏造で記事を書くから
取材とか記者のスキルが不要なのだろう。
一部偏向マニアをターゲットに生き残りをかけるのだろう。

治部少輔 (@guest_57423)
2021年2月26日 12:25 PM

捏造記事により朝日新聞は日本の歴史と日本人の尊厳を貶め続けて来ました。

反日ビジネスなるものが、もう立ち行かなくなったという事です、

悪あがきせずとっとと廃業しなさい。

キジトラ (@guest_57428)
2021年2月26日 1:52 PM

自分とこの新聞を読んでも何の参考にもならんやろアホか 他の新聞やらの記事を読み どんな視点で記事を書くのか そういった見識がないから只々政府えの不安や不満を煽るだけの記事しか書けんのじゃ ぼんくら共が 粛々と起こったことがらに変な脚色(嘘や捏造や誘導)など入れずに普通に有ったことをそのまま書けや。

どちらさん⁇ (@guest_57433)
2021年2月26日 5:21 PM

表現の自由‼︎、言論の自由‼︎、と大騒ぎする方達に限って、報道に生命を賭けることもしないし、却って、自分達の論調に同意しない人々には『言論弾圧』を行うのだよね〜。
『言論の自由』と彼らの横暴による『言論による暴力』の間の線引きってどう考えているのだろう?側から見て、周りはドン引きなのに、彼らはまるで英雄気取り。
 因みに、国内の大手報道の方々は、世界のハイリスクな地域には御足を運ばずに、生命を張って情報を集めるフリー記者からネタを買い上げるのですよ。銃弾が飛んで来ない安全な場所で。そしてさも現地に行って情報を収集した顔をして得意げに報告する、と。

ふぇぇぇ (@guest_57438)
2021年2月27日 6:51 AM

朝日新聞はファンタジーラノベ小説だった仮説

1.記事を書くときに「角度をつけろ」と言われる。
事実を垂れ流したのでは売れない。ピリッとした創作の宣言である。
2.「エビデンス? 関係ねーよそんなもん」と返される。
ファンタジーラノベ作家に「エビデンスはあるんですか?」と尋ねれば
そりゃエビデンスは関係ないって答えるよ。当たり前だ。

朝日新聞記者の意識としては、日本最大というか世界最大の売れっ子ラノベ作家なのではないか。
人物名や組織団体名は現実から借りているものの、ストーリーは朝日新聞テイストにまとめたファンタジーラノベ。
それで週刊少年ジャンプを超える部数を毎日出しているのだから凄いっちゃ凄い。
報道って体裁をとってなければ、だが。

朝日新聞ラノベのテイストとして日本叩きがある。
それが正当な諫言であればまだ受け入れられたはずだが
ここ15年ほどは日本憎悪に変化してしまったため
読んでも得るものがない。そりゃ部数減るよ。