韓国経済、【韓国旅客船沈没】適正量の“3.6倍”の貨物が…沈没原因は過積載か

韓国経済、【韓国旅客船沈没】適正量の“3.6倍”の貨物が…沈没原因は過積載か

記事要約:やはり、睨んだとおり沈没の原因は過積載だった。乗客に名簿がない人間が乗っているなら、当然、荷物一覧に載ってない物が多数あってもおかしくない。だが、その量は我々を想像に遙かに超えていた。なんと、適正量の3.6倍である。おそらく、これも常習化しているんだろうな。そりゃ、積載量の3.6倍の荷物を運べるなら、3回往復分になるわけだ。だが、そんな愚かな考えが事故を起こしたことになる。ようするに韓国の船長以前に、この会社の経営が韓国人だったから悪いということになる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、【韓国旅客船沈没】適正量の“3.6倍”の貨物が…沈没原因は過積載か

韓国の客船沈没事故で、船には適正量を大きく上回る貨物が積まれていたことが明らかになりました。 船が傾いた場合の復原力が維持されるためには、船には987tまでしか貨物を積むことが出来ませんが、 事故当時、船にはその約3.6倍の貨物が積まれていたということです。

(大野公二記者報告)

23日午前、捜査当局が海運会社など関係先十数カ所に一斉捜索に入りました。 捜査の大きなポイントは船の過積載です。韓国の国会議員がセウォル号の検査を行った団体から 入手した資料によりますと、船が傾いた時にもとに戻る力である復原力を維持するためには、貨物を987tまでしか積載出来ないことが去年1月の検査で明らかになっていました。

しかし、事故当時、船には3600t余りの貨物があり、適性な積載量の3.6倍も多く積まれていたことになります。 また、韓国・東亜日報は、海運会社が書類上は貨物を固定する正式な業者と契約していることを装い、 実際は経費削減のため別の業者を使っていたと報じています。さらに、船の貨物を実際に固定した作業員が、 「通常、車両を固定するためには4つのタイヤすべてを固定するが、2つしか行わず、 コンテナもチェーンではなくロープで結んだ」と話していると報じています。合同捜査本部は、 こういった過積載が沈没の原因の一つになっているとみて捜査を進めています。

(http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000025601.html)

日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types