韓国経済、外交の「3大失敗」は慰安婦、開城の閉鎖、米軍ミサイルTHAAD配備―韓国メディア

[`yahoo` not found]

韓国経済、外交の「3大失敗」は慰安婦、開城の閉鎖、米軍ミサイルTHAAD配備―韓国メディア

記事要約:韓国メディアによると朴槿恵政権の外交の三大失敗は慰安婦、開城の閉鎖、米軍ミサイルTHAAD配備の3つらしい。管理人がまともに指摘すれば、韓国の外交の三大失敗は告げ口外交、軍事パレード参加、中国傾斜である。これら3つがアメリカを激怒させて、上の3つに繋がっていることに未だに気づいていないらしい。まあ、韓国メディアだからな。記者にも北朝鮮シンパが紛れ込んでいるのだろう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、外交の「3大失敗」は慰安婦、開城の閉鎖、米軍ミサイルTHAAD配備―韓国メディア

2016年3月1日、韓国メディアは「韓国外交の『3大失敗』例は慰安婦問題、北朝鮮の開城(ケソン)工業団地の閉鎖、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム『高高度防衛ミサイル(THAAD)』の韓国配備問題だ」と報じた。環球時報(電子版)が伝えた。

韓国国防省はこのほど、「米韓はともにTHAADの必要性を認識している」と表明。同省公式サイトにも同様の主張を掲載した。韓国ニュース通信社は「米国の態度の変化を同省はまだ気づいていないようだ」と皮肉った。

韓国・アジア経済は「当局はTHAADの宣伝を繰り返すことで、韓国世論に積極的に攻める姿勢を見せている」と伝えた。

韓民族新聞はこのほど、最近の韓国外交の「3大失敗」例として、慰安婦問題、北朝鮮の開城工業団地の閉鎖、米軍THAADの韓国配備問題を挙げた。

日本との慰安婦問題合意を先走り、開城の閉鎖とTHAAD問題は米国の圧力に屈したとしている。 いずれも対日、対北朝鮮外交で関係者にマイナスの影響を与えると予測している。

2016年3月2日(水) 15時20分

(http://www.recordchina.co.jp/a129682.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

韓国経済、外交の「3大失敗」は慰安婦、開城の閉鎖、米軍ミサイルTHAAD配備―韓国メディア」への1件のフィードバック

  1. 中朝韓を私は古代の三国志と見てます面白く勿論台湾アメリカ日本も参加それとロシア中国の韓国制裁で北朝鮮が喜んでいるが今迄の中国の仕打ちには腹の中が煮え繰りかえってるでしようこの三国一番早くなくなるのは?日本政府にお願い致します何もしないで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)