韓国経済、横浜ゴム、韓国クムホタイヤとの技術提携を解消

[`yahoo` not found]

横浜ゴム、韓国クムホタイヤとの技術提携を解消

記事要約:日本ではほとんど話題になってないのだが、以前にクムホタイヤが経営難で中国資本の出資を受け入れる形で海外売却が決定した。これについては重要なので過去記事のリンクを張っておく。

韓国経済、〔中国ダブルスターからの資本誘致および経営正常化案〕クムホタイヤ海外売却へ、政労使・債権団が劇的妥結

その中で管理人はこのように述べている。

>これが良かったのかはわからないな。日本でも知られるタイヤメーカーなのでそれなりのタイヤ技術はあるのだろう。それが中国に持って行かれるわけだ。650億円の価値があるかは知らないが。

つまり、今回の記事は横浜ゴムがこの中国に提携先としてクムホタイヤから自社の技術を入手されないための技術提携の解消と思われる。昨日、中国の自動車がチリ市場で韓国製を抜いてシェアを伸ばしたことを紹介したが、韓国企業の技術はどんどんこうやって吸われているわけだ。

>今回クムホタイヤの支配株主の変更に伴い、契約条項に基づいて当該契約を解消した。クムホタイヤは18年7月に、中国のタイヤメーカーである青島双星が45%を持ち筆頭株主になっている。

横浜ゴムが技術提携を解消するのは当たり前だろう。しかし、リンク先のゴム報知新聞とか初めて聞いたな。さすがにメジャーでは出てこないよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

横浜ゴム、韓国クムホタイヤとの技術提携を解消

横浜ゴムは8月9日、韓国クムホタイヤとの間で締結していた技術提携を7月6日で解消したと発表した。

両社は2014年2月15日に提携の目的と枠組みを定めた「技術提携基本契約」、同年5月31日に環境対応技術や新たなコンセプトのタイヤなど将来に向けたタイヤ関連技術の共同研究開発を目的とした「共同研究開発契約」および「ライセンス及び技術交換契約」を締結していた。

今回クムホタイヤの支配株主の変更に伴い、契約条項に基づいて当該契約を解消した。クムホタイヤは18年7月に、中国のタイヤメーカーである青島双星が45%を持ち筆頭株主になっている。

(http://gomuhouchi.com/tire/15321/)

合わせて読みたい記事

韓国経済、横浜ゴム、韓国クムホタイヤとの技術提携を解消」への1件のフィードバック

  1. 解消と言うか韓国企業なんかと提携する事自体「大間違い」です。過去に韓国企業と提携していた多くの企業の末路がどうなりましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)