韓国経済、消費・投資の不振にこれといった景気浮揚カードもなく=韓国

韓国経済、消費・投資の不振にこれといった景気浮揚カードもなく=韓国

記事要約:管理人もその通りだと思う。韓国の消費・投資の不振に好材料はない。だが、韓国はウォン高になぜか見舞われている。むしろ、材料がないのにウォン高になるというわけのわからない話だ。 ええ? 上半期の経常収支は過去最大の黒字を記録した?内容を見れば、輸入が減っただけの不況型黒字での過去最高の経常収支だ。こんなんで喜んでもただの間抜けである。

>このようにどこを見ても経済が良くなっていることを体感できるほどの成果は目につかな い。第2四半期には前四半期比の成長率が2011年第2四半期以後9四半期ぶりに0%台から脱出したが、勢いを継続するかは未知数だ。年末まで3カ月残っ ているが状況が反転するには時間は多くない。企画財政部関係者は、「何より期待ほど景気回復の力は強くない」と話す。こうした状況は税収不足の拡大として 現れている。玄副首相は最近国会で「年間の税収不足が7兆~8兆ウォンに達すると予想される」と明らかにした。

だからそれが不況型黒字だと述べているではないか。韓国のような輸出依存国家で輸入が減っている時点で、次は経済規模の縮小が起こるのは周知の事実なのだ。なぜなら、韓国は機械や部品、原材料の輸入なくして製品を生産出来ないからだ。つまり、輸入はその生命線。そして、税収不足なのは明らか。また、財政の崖に突入する。今までのばらまきのツケが返ってくるわけだ。

>税収不足が予想を上回る水準で拡大し財政赤字も雪だるま式に増えている。上半期までに過去 最大を記録した財政赤字は46兆2000億ウォンに達する。企画財政部のイ・テソン財政管理局長は、財政支出が上半期に集中したため下半期は支出が減り、 財政赤字も当初目標値の23兆4000億ウォン水準に減るとみられる」と話した。しかしこうした見通しはあくまでも希望事項にすぎない。下半期に税収不足規模がより大きくなれば政府支出が中断される「財政の崖」が発生しかねない。

ええ?発生するんですよね?まさか、発生しないなんていう希望的な観測がまだあるのか。そもそも、財政赤字も46兆ウォンも本当の赤字じゃないだろ?この前、10兆ウォンの外平債を発行していたし、そもそも通貨安定証券や、地方の公共事業の赤字などは含めてあるのか?IMFのストレステストがもうすぐ始まるぞ。これも、朴槿恵大統領が無能過ぎるところが原因ではあるが、反日だけやっていれば支持率高いからな。楽でいいよな。韓国民は政治や経済の不満を反日で覆い隠されているだけなのに。

韓国経済、消費・投資の不振にこれといった景気浮揚カードもなく=韓国

玄オ錫(ヒョン・オソク)副首相兼企画財政部長官率いる朴槿恵(パク・クネ)政権経済チー ムの今年の経済成績表締め切り日が3カ月余り後に迫った。玄副首相はこの6カ月間に下半期の3%台の成長を約束し国民の景気感触が変わるようにすると何度 も強調してきた。このため2度にわたり投資活性化対策が発表されたのに続き、来月には立地規制改善に焦点を合わせた第3次投資活性化対策が追加で用意される。創業に再び燃料を入れ火をつけるためのベンチャー活性化対策も出され、規制改善も続いている。

だが、経済指標を見ると玄オ錫経済チームの前途は暗いばかりだ。下半期に3%の成長を踏み石として年間では2.7%の成長を達成する ことにしたが、現在の状況では容易に見えないからだ。今後残った3カ月で景気が画期的に生き返れば終盤に成績表が良くなるかもしれないが、現在では可能性 は大きくない。

なぜそのような見通しが可能なのだろうか。何より消費と投資で依然として楽観し難い。民間消費は第2四半期に前四半期比0.7%の上 昇にとどまり、設備投資はむしろ0.2%減少した。投資不振は雇用率にそのまま反映される。今年に入り15~64歳の雇用率は65%前後で推移している。 朴槿恵政権が中産層の70%回復とともに掲げた雇用率70%達成とは距離がある。公共部門から雇用率改善のために時間制公務員導入を推進しているが年内に 顕著な成果を期待することはできない。

それでも上半期の経常収支は過去最大の黒字を記録し慰めにはなっているが、内容を見れば楽観ばかりできることではない。輸入増加率が マイナスを続ける不況型黒字の要素を帯びているからだ。康奉均(カン・ボンギュン)元財政経済部長官は、「経常黒字を出し喜んでいるが、輸入が減って発生する黒字には問題が多い」と指摘した。。

このようにどこを見ても経済が良くなっていることを体感できるほどの成果は目につかない。第2四半期には前四半期比の成長率が 2011年第2四半期以後9四半期ぶりに0%台から脱出したが、勢いを継続するかは未知数だ。年末まで3カ月残っているが状況が反転するには時間は多くな い。企画財政部関係者は、「何より期待ほど景気回復の力は強くない」と話す。こうした状況は税収不足の拡大として現れている。玄副首相は最近国会で「年間 の税収不足が7兆~8兆ウォンに達すると予想される」と明らかにした。

税収不足が予想を上回る水準で拡大し財政赤字も雪だるま式に増えている。上半期までに過去 最大を記録した財政赤字は46兆2000億ウォンに達する。企画財政部のイ・テソン財政管理局長は、財政支出が上半期に集中したため下半期は支出が減り、 財政赤字も当初目標値の23兆4000億ウォン水準に減るとみられる」と話した。しかしこうした見通しはあくまでも希望事項にすぎない。下半期に税収不足 規模がより大きくなれば政府支出が中断される「財政の崖」が発生しかねない。

これを受け玄オ錫(ヒョン・オソク)経済チームはひとまず支出削減を通じ年末の財政の崖の危機を突破することにした。玄副首相は最近 経済関係閣僚会議で、「政府官庁が予算節減に率先垂範しなければならない。国庫が投入される行事費を減らし、公務員の旅費と業務推進費を削減せよ」と指示 した。企画財政部はまた、副首相直属の総合状況室を設置し、チェ・サンモク経済政策局長に室長を任せる予定だ。年末まで残った3カ月余りで朴槿恵政権初年 度の経済成績表向上に総力戦を展開するためだ。

景気浮揚に出るかは悩んでいる。短期浮揚策でも出さなければならないが、これといったカードがないからだ。それにもかかわらず、景気 回復の火種を生かすため税率引き下げや税金減免、加速償却制のような税制支援、基金投資や政策金融拡大を含めた5兆ウォン規模の投資刺激策をいじりまわしている。企画財政部関係者は、「規模が小さく景気浮揚策ともいえない対策だが、企業投資活性化のため避けられない不可避な選択にもなる」と話した。企画財 政部は早ければ16日に経済民生活性化対策会議でこうした案を明らかにする見込みだ。

(http://japanese.joins.com/article/175/176175.html?servcode=300&sectcode=340)

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る