韓国経済、通貨スワップで中国にすがる韓国の意味不明 日韓は「どうでもいい話」(三橋貴明)

韓国経済、通貨スワップで中国にすがる韓国の意味不明 日韓は「どうでもいい話」(三橋貴明)

記事要約:韓国経済の著書でお馴染みの三橋氏が通貨スワップについて分析しているのだが、まさにタイトル通りで、日本にしては韓国との通貨スワップなどの「どうでのいい話」である。管理人もさんざん述べてきたことであるが、日本が外貨不足に陥ることは最もあり得ない。その理由は円がハードカレンシーという国際的に通用する通貨であるからだ。だが、中国の元がハードカレンシーではない。中国や北朝鮮ぐらいでしか使えない通貨だ。

本文:韓国経済の著書でお馴染みの三橋氏が通貨スワップについて分析しているのだが、まさにタイトル通りで、日本にしては韓国との通貨スワップなど「どうでの いい話」である。管理人もさんざん述べてきたことであるが、日本が外貨不足に陥ることは最もあり得ない。その理由は円がハードカレンシーという国際的に通 用する通貨であるからだ。だが、中国の元がハードカレンシーではない。中国や北朝鮮ぐらいでしか使えない通貨だ。

それで、日韓通貨スワップの30億ドルはなくなったわけだが、逆に中国との通貨スワップが期限が来てもいないのに延長を申しこんだ。だが、ハードカレンシーでもない中国の元では円やドルの代わりにはならない。外資はウォンなどを要求しないので、結局、大事なのはドルである。つまり、中国と通貨スワップを結んだところで、2013年9月以降の外貨不足が補えるかどうかというと、また別の話なのだ。だが、実際に中国との意味のない通貨スワップ協定を延長した。

しかし、実はこれだけでは済まない。なぜなら、この中韓通貨スワップは実質、ほとんど使われてない現状があるからだ。ここからはさらに専門的な話になるが、中韓通貨スワップで使える元の総額はいくらかご存じだろうか。なんと3600億元である。だが、6月25日時点での韓国の7つの都市銀行(国民・新韓・ウリィ・つ・企業・外国為替・農協)の通貨スワップ資金外貨貸し出し残額(20日基準)はわずか700万元(約13億ウォン)に過ぎない。

3600億元の総額があっても、中韓通貨スワップを使って700万元ということはそれは使っているとは言えないし、むしろ、増額しても意味ないレベルだということがおわかりだろう。1億元で多いかもしれないわけだ。このような実態があるので、中韓通貨スワップ協定などは事実上、無意味な話である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、通貨スワップで中国にすがる韓国の意味不明 日韓は「どうでもいい話」(三橋貴明)

韓国経済は、朴槿恵(パク・クネ)政権発足後に、「中国」に対する依存を深めていっている。

2011年10月、欧州金融危機が深刻化して「3度目の通貨危機」におびえた韓国は、日本に日韓通貨スワップの限度額を、30億ドル(約2947億円)から300億ドルに拡大するよう要請した。12年10月に限度額拡大の時限措置が終了し、さらに13年7月に日韓通貨スワップ自体が協定満期となり、終了した。 (一応、いまだチェンマイ・イニシアチブに基づく双方向スワップ、日本側100億ドル、韓国側50億ドルは残っている。期限は15年2月)

麻生太郎副総理兼財務相は、期限を迎えた韓国との通貨スワップを延長しなかったことについて 「韓国から何回か、これまでスワップの要請があり、要請に応じて応えてきた。今回は要請がなかったから。それだけ」と語っているが、まさに「それだけ」の問題だ。

日本にとって、韓国との通貨スワップなど「どうでもいい話」である。何しろ、世界最大の対外純資産国、お金持ち国家であるわが国が通貨危機に陥る可能性はゼロだ。 それに対し、国民資本の蓄積が不十分な韓国は、わずかなきっかけで通貨危機に陥る、極めてナイーブな国家である。 97年のアジア通貨危機、08年のリーマン・ショックと、2度も通貨暴落の憂き目に会った韓国にとって、日本との通貨スワップ枠の拡大は、通貨危機に対する「抑力」としての効果があったわけだ。

日本側が淡々と対韓通貨スワップを終了していくなか、中国と韓国は双方のスワップ協定(中国側が3600億元=約5兆7700億円)を3年間延長した(13年6月)。
中国が通貨危機に陥る可能性は極めて低いため、スワップ協定延長の目的は「韓国の通貨危機を抑止する」こと以外には考えられない。

とはいえ、上記の中韓通貨スワップも、現実には有名無実化している。中国自体が「影の銀行(シャドーバンキング)」「理財商品」などの問題で、金融が混乱に陥りつつあるのに加え、 そもそも、人民元はハードカレンシー(=国際決済通貨)ですらない。 国際市場で他国通貨と容易に両替することができないローカル通貨と通貨スワップを締結して、韓国にとって何の意味があるのかさっぱりわからない。

しかも、相手は中国である。実際に韓国が次なる通貨危機に見舞われたとき、中国はいつも通り、何だかんだと強弁しつつ、暴落する韓国ウォンと人民元の交換(スワップ)を拒否するだろう。 過去の歴史において、1000年を超える期間、中国の属国でいたにも関わらず、韓国はいまだに宗主国のやり方を理解していないのである。おめでたいとしか、言いようがない。

(http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130803/frn1308031128003-n1.htm)

事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引 き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

 

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types