韓国経済、韓国政府 10億ドルの外為市場安定化債券発行に成功

韓国経済、韓国政府 10億ドルの外為市場安定化債券発行に成功

記事要約:オリンピックでの韓国のメディアの負け惜しみ記事を特集するのも楽しいが、ただいま9月危機が絶賛継続中である。さて、先月にみずほ銀行が5億ドルを韓国の輸出銀行に貸したニュースを出したわけだが、今回は韓国政府が外為市場安定化債券、いわゆる「外平債」という借金の発効が行われたことがわかった。しかも、4年ぶりであり、どんだけドル不足なのかよくわかる。

本文:オリンピックでの韓国のメディアの負け惜しみ記事を特集するのも楽しいが、ただいま9月危機が絶賛継続中である。さて、先月にみずほ銀行が5億ドルを韓国 の輸出銀行に貸したニュースを出したわけだが、今回は韓国政府が外為市場安定化債券、いわゆる外平債という借金の発効が行われたことがわかった。しかも、 4年ぶりであり、どんだけドル不足なのかよくわかる。

つまり、9月危機に先手を打ってきたわけだ。この対応の速さにはすこし驚いたが、最近のウォン高の原因はこれである。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国政府 10億ドルの外為市場安定化債券発行に成功

【世宗聯合ニュース】韓国政府は10億ドル(997億円)規模の外国為替平衡基金債券(外平債)を発行した。企画財政部は5日、「ドル建て外平債の発行に成功した」と明らかにした。

外平債は為替市場の安定を目的に造成される基金の財源調達を目的に政府が発行する債券。投資家らの需要が増えたため、実質発行金利が過去最低となり今後の外貨調達に弾みがつきそうだ。

今回発行された外平債は10年物で発行金利は米国債10年物に115ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せした4.023%で、表面金利は3.875%。外平債の発行は、世界的な金融危機の最中だった2009年4月(30億ドル)以来となる。

同部は外平債発行が民間部門の海外債券発行を後押しするものになると説明した。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/09/05/0200000000AJP20130905000900882.HTML)

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types