韓国経済、製造業の設備投資振るわず 昨年2%減=韓国

韓国経済、製造業の設備投資振るわず 昨年2%減=韓国

記事要約:韓国の製造業の設備投資が振るわなく、昨年の2%減だということがわかった。経済成長をする前には必ず大きな投資がなければならない。経済成長と投資のグラフは直接的には相関関係はない。だが、設備投資が増えれば経済成長が増加する傾向はある。つまり、設備投資なくては成長は難しい。昨年より、2%減少しているということは、今後の成長は2%分落ち込むと。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、製造業の設備投資振るわず 昨年2%減=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が18日までにまとめた統計によると、韓国の製造業の設備投資額(2012年、名目)は67兆5070億ウォン(約6兆1730億円)で、前年に比べ1兆3880億ウォン(2.0%)減少した。韓国銀行関係者は「昨年の投資は全般的に芳しくなく、中でも製造業が減少した。業況不振のために投資を先送りしたとみられる」と説明した。

設備投資の減少幅が最も大きかった業種は石油石炭・化学だった。昨年10兆3150億ウォンで、前年から6200億ウォン(5.7%)減少した。高度化の設備投資が完了し、追加投資計画が延期されたため。

投資額が最も大きい電機・電子も前年比2250億ウォン(0.7%)減の30兆7190億ウォンと集計された。韓国銀行は2010年の大規模投資の反動減と説明している。また、自動車を含む運送装備も9兆5360億ウォンで、3220億ウォン(3.3%)減少した。

一方、昨年のサービス業の設備投資は44兆6530億ウォンで、前年比1910億ウォン(0.4%)増加した。卸小売が1300億ウォン(5.0%)増の2兆7390億ウォン、情報通信が4700億ウォン(5.5%)増の9兆610億ウォン。製造業とサービス業、農林漁業、鉱業などを合わせた設備投資総額は120兆9490億ウォンで、前年に比べ0.9%減少した。

 

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2013/09/18/0500000000AJP20130918000300882.HTML)

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types