韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

[`yahoo` not found]

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

記事要約:管理人は買い物と市場調査を兼ねて、毎週、何件かのスーパーでの商品販売価格をチェックしている。昨年は台風やらの影響で野菜の価格が高騰していた。特にキャベツや白菜は高かったのだが、今はだいぶ値段が元に戻っている。それと、今、安いのはトマトだな。美味しいトマトが安いのはありがたい。

トマトは熱してトマトスープにして飲んだ方が美容や健康には良いそうなので、トマトジュースより、トマトスープをお勧めしたい。サンドイッチに入れても美味しい。で、何の話だったか。ああ。そうだ。韓国の郡山で生産されたキャベツが日本に輸出して、毎週10トンほど販売するそうだ。しかも、25日に東京に到着するので、それから店頭に並ぶまで数日てところだ。

おそらくイオン辺りで販売するのではないか?もし、イオンに買い物行く人がいれば注意していただきたい。原産国の確認はしていると思うのだが、韓国産のキャベツが日本に輸出されてはいってくると。

>重さ1キロ前後の小玉キャベツは、食感が柔らかくシャキシャキとして甘みがあり、日本での試食会で好評を得て輸出用に選ばれた。

韓国産でなければ味見していいんだが、韓国産というだけで購入対象にはならない。せっかくの国産のキャベツが安いのに、なんで韓国産のキャベツを食べないといけないのだ。なので、トンカツ屋さんなどでキャベツを大盛りで出すところは注意。コンビニもそうだが、どこで加工されて使われるかはわかりにくいので、注意していただきたい。管理人は国内農家を応援する意味も含めて国産野菜を推奨したい。

魚や果物まで国産にこだわるのは難しいのだが、せめて野菜ぐらいは安全なものを食べたい。管理人は肉と野菜は国産と決めている。果物を国産限定にするとバナナとかまずないので難しい。魚は鮭が好きなのだが、北海道産の鮭より、チリ産のほうが味が好みだ。アメリカ産はあまりおいしくない。でも、最近は、チリ産の鮭も高くなっているんだよな。前は98円だったのに、今は128円するのだ。なんと3割ぐらい一気に上がった。これも鮭の人気が高まっているそうだが。鮭好きには死活問題だ。

とまあ、主婦みたいな文章になっているが、市場価格を見ておくのは面白いので、普段、買い物を奥さんに任せきりの旦那様も、たまにスーパーに出かけてみてほしい。思わぬ発見があるかもしれない。

>群山市は、塩漬けハクサイ、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなどの日本輸出も推進している。

買う、買わないは消費者が唯一選択できる個人の自由なので、それに関して何かいうつもりはないのだが、韓国産を口にしたくない消費者も中にはいるということだ。だから、上のような塩漬け白菜、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなども注意していただきたい。

パプリカは切られて便利な野菜パックの中に入っている。原産国に韓国と書いてあるので、管理人は買わない。ホウレンソウは普通に国産が売られている。サンチュ、ケールはあまり見たことないな。まあ、普段、食べないからな。

後、韓国産の食品は割とこうして取り上げているのだが、もう一つのジャンルとしては、韓国の化粧品関連も気になってはいる。韓国の化粧品関連は年々、伸びている。日本での売上も上がっているようなので、これについても少しずつ記事を増やしていきたいところだ。ただ、食品はわかるが、化粧品の知識はほとんどないからな。プラセンタ100とか、たまに通販で出てくるが、さっぱりわからないしな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

【群山聯合ニュース】韓国南西部・全羅北道群山市の農業技術センターは22日、同地の小玉キャベツを日本に輸出したと明らかにした。

キャベツは25日に東京に到着し、毎週約10トンが若者や単身世帯向けに販売される見通しだ。

重さ1キロ前後の小玉キャベツは、食感が柔らかくシャキシャキとして甘みがあり、日本での試食会で好評を得て輸出用に選ばれた。

群山市の関係者は「日本人の消費トレンドに合わせて小玉キャベツを供給するため、昨年から契約栽培を始めた」とし、「来年には栽培面積を30ヘクタールに広げ、毎週40トン程度を輸出する計画だ」と伝えた。

群山市は、塩漬けハクサイ、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなどの日本輸出も推進している。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2018/06/22/0500000000AJP20180622003600882.HTML)

合わせて読みたい記事

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売」への2件のフィードバック

  1. 韓国の化粧品は、確かに安いです。10年前の韓流ブームの時は、使ったらかゆくなった話もあったのですが、最近は聞かないし。
    あと、日本の化粧品は高級っぽさをねらったパッケージが多いのですが、韓国のはキッチュな感じで若い女性にうけているそうです。
    中高生に韓国のメイクやファッションが流行っているのも、ある程度あるみたいです。以前アムラーが流行ったりしたのと同じ感覚なのでしょう。
    東方神起の反日パフォーマンスの時は、「ユンホは日本好きって言ってた」「事務所(の意向)だよ、事務所」とか真剣に話している高校生を見かけたことも。
    反日なら反日でいいから、こっちに手を出すなと言いたいですなあ。

  2. 俺今の時期は週に3回位買い物に行く、まー趣味の野草の買い集めもあるんだが、今はウチョウラン系だな、韓国産パプリカは最近よく見る、買わないが、韓国産キャベツ、どうかなー?、俺は買わないが、虫を殺す為に地面に薬を入れる場合があるんだが、量と時期を守らなければならない、守ってるとは思えないんだよなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)