韓国経済、経済政策でつまづいた文在寅大統領、今度は大規模福祉政策示す しかし、そのために必要な財源政策は示さず

[`yahoo` not found]

韓国経済、経済政策でつまづいた文在寅大統領、今度は大規模福祉政策示す しかし、そのために必要な財源政策は示さず

記事要約:なんと文在寅大統領の次の1手は大規模福祉政策だそうだ。これは良くあるな。経済に躓いたら、なら、福祉を向上させたらいい。でも、経済に躓いたら税金が減るんだよな。それなのに大規模福祉政策を示したらところで財源が見つからないという。

>政府・与党は「来年下半期には20万人以上の雇用が生まれる」と説明した。雇用状況が改善する時期は、当初の今年末が来年初めに、そして来年下半期へと先送りされている格好だ。

生まれたらいいなというか、2兆円も使って雇用改善できないなら、その対策が間違っているだけだ。でも、どう考えても大規模福祉政策は財源を将来に圧迫するからな。悪手だよな。でも、いくら綺麗事を述べてもできないのはわかりきっているんだよな。

>同日の会議で政府は、高等学校の無償教育、公共賃貸住宅の割合9%達成、※基礎年金の30万ウォン(約2万9500円)への引き上げ、子ども手当導入、週52時間の労働時間確立などを提示した。政府は保健福祉・サービス分野の公共セクターで2022年までに34万人分の雇用を創出することも表明した。しかし、政府が示した政策に対する財源は具体的には示されなかった。

相変わらず、風呂敷を広げすぎなんだよな。この中でどれか1つできたらいいところではないか。しかも、やたらと財源がかかりそうなものばかり。これで支持率が回復したら管理人は笑うしかない。でも、これ来年の予算471兆ウォンの入っているんだろうか。よくわからないな。特別な補正予算でも組むんだろうか。

しかし、これもパンとサーカスのパンだよな。低所得者は働かないでも食べていけるように福祉を充実させる。財源をどうするかは知らないが、財閥でも苛めるんだろうか。文在寅大統領は将来的に北の市民を受け入れて同等の待遇を与えるんだろうな。明らかに差別がない理念らしいからな。なるほど。そのための布石か。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~282回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、経済政策でつまづいた文在寅大統領、今度は大規模福祉政策示す しかし、そのために必要な財源政策は示さず

韓国政府は6日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が開いた「包容国家戦略会議」で、高等学校の無償教育、基礎年金引き上げをはじめとする大規模な福祉、雇用政策を示した。しかし、そのために必要な財源政策は示さず、現実性を欠くと指摘されている。

政府・与党は「来年下半期には20万人以上の雇用が生まれる」と説明した。雇用状況が改善する時期は、当初の今年末が来年初めに、そして来年下半期へと先送りされている格好だ。

文大統領は会議の席上、「包容国家は大韓民国の未来ビジョンだ」とした上で、「排除をしない包容は韓国社会が目指す価値と哲学にならなければならない」と指摘した。文大統領は「持続可能な社会のためには、国民の生活に国家が全生涯にわって責任を負わなければならない」と強調した。

大統領府(青瓦台)は「『包容国家』は文在寅政権の5大国政目標の一つである『皆が享受する包容的福祉国家』を拡張した概念だ」と説明した。経済政策である所得主導成長と共に、社会分野の重要政策として「包容国家」を掲げた格好だ。

文大統領は「過去1年間、政府は国民のよりよい生活のために『文在寅ケア』『認知症国家責任制』などを推進した。共存する包容国家の第一歩を踏み出したことになる」と述べた。ただ、文大統領は「所得の不平等や二極化はまだ改善しておらず、不平等構造はそのままだ。韓国の現実を親身に考え、反省しなければならない」と述べた。

文大統領は「全ての国民が安心して暮らせるように社会のセーフティーネットを強化し、公正な社会保障で不平等が次世代に引き継がれないようにすべきだ。労働尊重社会をつくり、性の平等を実現し、国民が1人も差別されずに共に暮らさなければならない」と語った。

また、文大統領は「世界銀行や国際通貨基金(IMF)など多くの国際機関と他の国々は、成長の恩恵が少数に独占されず、皆にあまねく行き渡る『包容的成長』を主張している」と話した。政府関係者は「所得指標と雇用の不振も一部で表れる中、所得主導成長を『包容国家』が下支えすることになる」と説明した。

しかし、野党は「所得主導成長の副作用を隠すため、福祉政策を掲げたのではないか」と批判した。

同日の会議で政府は、高等学校の無償教育、公共賃貸住宅の割合9%達成、※基礎年金の30万ウォン(約2万9500円)への引き上げ、子ども手当導入、週52時間の労働時間確立などを提示した。政府は保健福祉・サービス分野の公共セクターで2022年までに34万人分の雇用を創出することも表明した。しかし、政府が示した政策に対する財源は具体的には示されなかった。

仁荷大の洪得杓(ホン・ドゥクピョ)名誉教授は「大規模福祉政策に対する財源問題が整理されなければ、中央政府と地方自治体の間で財源の押し付け合いが再び起きかねない」と懸念した。政府関係者は「効果的財源確保のため、追加の会議も開く計画だ」と説明した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/07/2018090701080.html)

合わせて読みたい記事

韓国経済、経済政策でつまづいた文在寅大統領、今度は大規模福祉政策示す しかし、そのために必要な財源政策は示さず」への4件のフィードバック

  1. いいではないか!文在寅!そうやって韓国を内部から崩壊に導く!一部の人間達はもう気づいているだろうがそんなのケンチャナヨ!行け!行け!キミには韓国人民の恨みを買って懲役50年が待っている。大部分?日本人は楽しみにしてるぞ!

  2. 共産主義革命を起こして、財閥や富裕層から力ずくで財産を奪い、貧困層に配った方が手っ取り早いと思うけど。そうなれば、悲願の民族統一も目の前だし。

  3.  支持率の低下に歯止めがかからないから、こうやって国民の受けが良い政策を提示しなけらばならないのでしょうなぁ。
    こんな多額の予算が必要な事するより、反日していれば支持率は回復するんじゃないですかね。

  4. 日本が旧民主党系統の政権、或いは自民党でも媚韓派が首相をやっていれば、心置きなく反日へ走るのでしょうが、今の政権では、反日の度が過ぎると、日韓関係が氷河期を迎える可能性が大。そうなると困るのは頼み事(通貨スワップ、漁業協定、北支援etc)をしたい韓国の側。
    10月の訪日で欲しいものを得た後、思いっきり反日に舵を切ろう、それまでは抑制しよう、というのが文政権の方針だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)