韓国経済、マグニチュード(M)5.4の浦項地震の建物被害額128億円 避難生活者は1110人

韓国経済、マグニチュード(M)5.4の浦項地震の建物被害額128億円 避難生活者は1110人

記事要約:韓国で起きたM5.4の地震というのはだいたい、震度3、震度4ぐらいである。日本なら建物被害額はおそらくゼロであると思われるが、韓国だと128億円、避難者生活者は1110人という。これはどこから突っ込めば良いんだろうか。

確かに日本は地震大国なので、昔から耐震設計を意識した建物が建てられてきた。しかし、日本で3日経てば忘れられているレベルの地震で128億円の建物被害額って、むしろ、逆に何で壊れたかが聞きたいぐらいだ。こんなんで自称先進国を良く名乗れるよな。どう見ても建物の耐震設計は江戸時代レベルか。いや、江戸時代でも日本ならM5.4の地震でそこまで被害が出るとは思えない。

そもそも基準通りに建ててない手抜き工事なのが明白なんだよな。だから、どれだけ基準を高めようが韓国では大して変わらないと。ああ。手抜き工事ではなく、インフラを破壊されて地震特需を狙ったかもしれないな。

一応、相当な被害額がでており、経済的な話題なので取り上げているが、日本が異次元レベルだけではなく、韓国人に建物を造らせるなという教訓を改めて実感するしかない。震度3とかで何を語れというんだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、マグニチュード(M)5.4の浦項地震の建物被害額128億円 避難生活者は1110人

【浦項聯合ニュース】韓国南東部・浦項で15日に発生したマグニチュード(M)5.4の地震で被害を受けた公共施設、住宅、工場など建築物の被害額は1235億ウォン(約128億円)が達した。浦項市が29日、明らかにした。

市は公共施設の調査を終えており、民間施設についてはこの日被害の届け出の受付を締め切った。

被害を受けた公共施設は404カ所で、532億2300万ウォンの被害が出た。学校施設110カ所、公共建築126カ所、港湾施設29カ所、道路・橋梁(きょうりょう)22カ所、上・下水道11カ所などに被害が出たが、すべて応急処置が施され、復旧している。

民間施設は住宅2万8698棟をはじめ、商店や工場など計3万878カ所で被害があった。

住宅は全壊が375棟、半壊が1055棟、一部損壊が2万7268棟で被害額は429億6000万ウォンに上る。

工場も154棟の被害があり、被害額は263億ウォンだった。個人商店は約2000店舗で被害が出たが集計には含まれていない。

民間施設の94.4%が応急処置を終えた。

浦項市によると、被害の届け出は続いており、商店の被害を加えれば被害額はさらに増えるという。

負傷者は重傷5人を含む78人。このうち9人は現在も入院している。

現在1110人が体育館など11カ所の避難所で生活している。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/11/29/0200000000AJP20171129004700882.HTML)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る
酔って候
2017年11月30日 7:09 午後

韓国中銀、6年ぶりに利上げ 政策金利1.50%に
https://jp.reuters.com/article/southkorea-interestrate-idJPKBN1DU06D
> 韓国経済がトレンドを上回るペースで成長する中、金融政策を危機対応レベルで維持する必要はなくなったと中銀がお墨付きを与えた格好だ。

韓国経済は好調のようですね。
家計債務爆弾は、まだ大丈夫なのでしょう。