韓国経済、「旅客機がすでに動き始めていたとは知らなかった」 ナッツ事件初公判 ナッツ姫が主要起訴内容を認めず

韓国経済、「旅客機がすでに動き始めていたとは知らなかった」 ナッツ事件初公判 ナッツ姫が主要起訴内容を認めず

記事要約:韓国で、例のナッツリターン事件の裁判が開かれたようだ。そして、その初公判でナッツ姫こと、元副社長は「旅客機がすでに動き始めていたとは知らなかった」と述べ、主要起訴内容を認めなかったそうだ。そんなことしても、フライトレコーダがあるよな。

もし、パイトロットが既に動いている述べていたら、そんな嘘は直ぐに見破られてしまうわけだが。そもそも動いているかわからないというのも意味不明であるが。普通はシートベルト着用して、席に座ってるものだと思うが、この辺りは状況再現を知らないで何とも言えないが。かなり無理がある。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、「旅客機がすでに動き始めていたとは知らなかった」 ナッツ事件初公判 ナッツ姫が主要起訴内容を認めず

【ソウル聯合ニュース】 離陸直前の大韓航空機を引き返させて機内サービス責任者を降ろしたとして、航空保安法違反など五つの罪で起訴された同社前副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)被告(40)に対する初公判が19日、ソウル西部地裁で開かれ、趙被告の弁護側は「機内状況と関連した検察の公訴事実に、記憶と異なったり、実際より誇張された部分がある」と主張した。

弁護人は、航空保安法上の航空機航路変更および偽計による公務執行妨害罪について「法理的に成立しない」として、
起訴内容を否認した。

趙被告は昨年12月5日、ニューヨークの空港から離陸直前だった同機機内で、客室乗務員のナッツの出し方が間違っていると激怒し、旅客機を引き返させた。検察は趙被告を航空保安法上の航空機航路変更、航空機安全運航阻害暴行と刑法上の強要、業務妨害、偽計による公務執行妨害の五つの罪で起訴した。

趙被告は検察の調べに対して「(事件当時)旅客機がすでに動き始めていたとは知らなかった」などと主張し、航空保安法の航路変更の罪を全面的に否認していた。

聯合ニュース

朝鮮日報 2015/01/19 17:51

( http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/19/2015011903247.html)

日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る