韓国経済、【50億ドル払え】トランプ大統領「韓国ははるかに多くの防衛費分担金を払うことになる」

韓国経済、【50億ドル払え】トランプ大統領「韓国ははるかに多くの防衛費分担金を払うことになる」

記事要約:12月末が在韓米軍駐在費交渉の期限だったわけだが、それが今年に延期されて、米韓は再び交渉を行っているようだが、どうやらトランプ大統領は「韓国ははるかに多くの防衛費分担金を払うことになる」と述べている。

記事は韓国語の翻訳なので所々、意味が読み取りにくいのであまり突っ込めないのだが、トランプ大統領はもっと金払えと韓国に要求しているようだ。しかも、面白いのはトランプ大統領自信が言及したこと。

>トランプ大統領はこの日、フォックスニュースとのインタビューで、中東地域を追加派兵について回答をして、突然韓国を名指しして「韓国は、私たちに5億ドルを与えた」と述べた。

翻訳なのでよくわからないが、米国が韓国に5億ドルをもらったという感じだとおもう。でも、5億ドルだと全然、足りないんだよなあ。50億ドルだからなあ。

> 先にトランプ大統領は昨年2月、閣僚会議で「彼らは5億ドルを出すことに合意した。 電話数通の5億ドルを与えた」と主張して人気があったことがある。 この発言の直前韓米第10回防衛費分担特別協定(SMA)の交渉で合意した金額は、前年度(9602億ウォン)より787億ウォン(8.2%)の増額された1兆389億ウォンだった。 トランプ大統領が言及した5億ドル(約5800億円)との格差が大きい額であった。

つまり、韓国は5億ドルを払っていないわけだ。5億ドル増額要求なのか。50億ドルなのか。翻訳精度がいまいちでよくわからないな。

>韓国としてはとんでもない米国の「分担金50億ドル増額」の要求を置いて平行線を走っていた両国は、まだ立場車を狭めることができずいる状態であることが分かった。

ようするにまだ互いの立場を一歩を譲らないてことだろう。米国は50億ドル要求しているのに、韓国は未だに払うのを拒否していると。どうせ最後は払うのだから、さっさと払った方が良いんじゃないか。効果も出ないくだらないばらまきするよりはいいよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、【50億ドル払え】トランプ大統領「韓国ははるかに多くの防衛費分担金を払うことになる」

ドナルド・トランプ米大統領が再び韓国を「豊かな国」で言及し、韓国が防衛費分担金を「はるかに多くの私になるだろう」と10日(現地時間)した。

来る14日から再開される韓米防衛費分担金交渉を控えて公に分担金引き上げ圧迫に出たものと解釈される。 トランプ大統領は昨年2月、「電話置き通韓国が5億ドルを出すことにした」と言って人気があった「5億ドル」発言をまた取り出した。

トランプ大統領はこの日、フォックスニュースとのインタビューで、中東地域を追加派兵について回答をして、突然韓国を名指しして「韓国は、私たちに5億ドルを与えた」と述べた。

トランプ大統領はまず、「私たちは、サウジアラビアに(兵力を)より送っており、サウジは代金を支払っている」と述べた。 彼は続いて「私はサウジアラビアに「あなたは非常に裕福な国だ。 あなたはこれに対して支払わなければならない」とし「彼らはすでに銀行に10億ドルを預金しておいた」と主張した。 それとともに突然韓国に言及した。

トランプ大統領は、「韓国は、私たちに5億ドルを与えた」とし「私は」あなたは私たちをべきである。 私たちは、あなたを北朝鮮から守るために韓国に3万2000人の兵士を駐留させている。 あなたは支払わなければならない」とした」と明らかにした。

トランプ大統領は「彼ら(韓国)は、豊かな国」と重ねて述べた後、「彼らはあなたのテレビセットの両方を作る。 彼らは私たちから離れて奪ってしまった。 彼らは船を作り、多くのことを建設してきた」と主張した。

彼はまた「見てください。 私たちは、あなた(韓国)を守ってくれて、あなたは値を払わなければならない」とし「彼らは私たちに5億ドルを与え、より多くを支払うことになるだろう」と改めて言及した。

先にトランプ大統領は昨年2月、閣僚会議で「彼らは5億ドルを出すことに合意した。 電話数通の5億ドルを与えた」と主張して人気があったことがある。 この発言の直前韓米第10回防衛費分担特別協定(SMA)の交渉で合意した金額は、前年度(9602億ウォン)より787億ウォン(8.2%)の増額された1兆389億ウォンだった。 トランプ大統領が言及した5億ドル(約5800億円)との格差が大きい額であった。

それでもトランプ大統領がこの日、「5億ドル」に言及を繰り返したのは、来る14〜15日の二日間、ワシントンで開かれる第11回SMA締結のための6回会合を控えた「圧迫用」と解釈される。

韓国としてはとんでもない米国の「分担金50億ドル増額」の要求を置いて平行線を走っていた両国は、まだ立場車を狭めることができずいる状態であることが分かった。

ソースは韓国語

https://translate.google.com/translate?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D104%26oid%3D032%26aid%3D0002985617

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
21
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

オバマ (@guest_40297)
2020年1月12日 5:50 午後

五十億 直ぐに払えよ 耳揃え!
韓国の分担率はかなり低い、しかも直接北朝鮮と国境を接しており、米軍の危険度が高いのです。日本は90%ぐらい負担しているので、韓国も同じくらい払うべきなのですが、甘い評価でも半分の45%ぐらいだし、トランプ政権は20%ぐらいしか負担してないと思っている。貿易大国だそう何で、50億ドル払いましょうか!
そうだ、イランが誤射で撃墜した航空機の賠償金を韓国が石油代金がわりにカナダやウクライナにお支払したらどうでしょうか!
犠牲者の遺族の方々にお悔やみ申し上げます。