韓国経済、半導体など10大輸出品目 輸出額全体に占める割合縮小

韓国経済、半導体など10大輸出品目 輸出額全体に占める割合縮小

記事要約:韓国の10大輸出品目が輸出額全体に占める割合が縮小しているという。これは他の輸出額が代わりに増えたというのなら悪いことではないのだが、韓国の半導体が需要が減ったことでの割合が縮小なら、それはあまり喜ぶべきことではない。用は韓国輸出全体が縮小化されている証でもある。

>韓国貿易協会、産業通商資源部、関税庁によると、韓国の10大輸出品目の昨年の輸出額は合計3042億3000万ドル(約33兆5100億円)で、総輸出額(5423億3000万ドル)に占める割合は56.1%だった。前年(58.5%)に比べやや縮小し、輸出品目が多様化したとの見方が可能だ。

輸出品目が多用化ねえ。言い方は色々あるが、それは10大輸出品目が昨年は、振るわなかったということだろうに。

>品目別では、半導体の輸出額が939億4000万ドルで、前年比25.9%減少した。総輸出額に占める割合は17.3%で、2013年から7年連続トップを守ったが、割合が再び10%台に落ち込んだ。半導体は18年に過去最高の業績を収め、輸出総額に占める割合が20.9%と、初めて20%を突破した。

これを見る限りはで半導体の減少が大きい。結局、韓国は半導体頼りだということ。しかし、好調の時は2割も占めていたんだな。普通、1分野だけでここまで高い割合にはならないからな。過度に投資を集中していることになるが、韓国が全ての分野では他企業に勝つことは難しいので、一極集中型を選んできた。そして、それは中国にも真似されている。

>2番目に輸出額が多かった品目は自動車(430億4000万ドル)で、総輸出額に占める割合は7.9%だった。昨年の輸出台数は前年比1.9%減少したが、価格が相対的に高いスポーツタイプ多目的車(SUV)やエコカーの輸出が拡大し輸出額は同5.3%増加した。

2番目は自動車と。ただ、韓国の自動車生産台数は年間、400万台にも達しないという記事があった。今年もルノーサムスンのストライキなどで生産が減っていくなら、輸出額も落ちていくだろうな。その間に釜山の部品会社が倒産ラッシュしそうだが。

> 次いで石油製品が7.5%を占め、自動車部品(4.2%)、フラットパネルディスプレーおよびセンサー(3.8%)、合成樹脂(3.7%)、船舶海洋構造物および部品(3.7%)、鉄鋼版(3.4%)、無線通信機器(2.6%)、プラスチック製品(1.9%)が後に続いた。

まあ、この辺は石油製品以外はそこまで差はない。韓国の主力分野は、半導体、自動車、石油製品の3つであると。韓国の主力産業である造船が低くなっているな。

次は輸入を見ていこう。 昨年の10大輸入品目の輸入額(2287億1800万ドル)が総輸入額(5032億5900万ドル)に占める割合は45.4%だったそうだが、内訳は以下の通り。

>最大輸入品は原油で総輸入額の13.9%を占め、2000年に半導体を退け1位となって以来、19年連続トップとなっている。2位以下は半導体(9.3%)、天然ガス(4.1%)、石油製品(3.5%)、石炭(2.8%)、無線通信機器(2.7%)、自動車(2.4%)、コンピューター(2.3%)、精密化学原料(2.3%)、衣類(2.2%)だった。

原油は当然だな。2位は半導体。これは半導体の機械や素材なども含まれるのか。特に変わったものが多く輸入されていることはないと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~320回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

当サイトの掲示板へはこちらから(メールアドレスの入力不要にしました)

韓国経済、半導体など10大輸出品目 輸出額全体に占める割合縮小

【ソウル聯合ニュース】韓国貿易協会、産業通商資源部、関税庁によると、韓国の10大輸出品目の昨年の輸出額は合計3042億3000万ドル(約33兆5100億円)で、総輸出額(5423億3000万ドル)に占める割合は56.1%だった。前年(58.5%)に比べやや縮小し、輸出品目が多様化したとの見方が可能だ。

品目別では、半導体の輸出額が939億4000万ドルで、前年比25.9%減少した。総輸出額に占める割合は17.3%で、2013年から7年連続トップを守ったが、割合が再び10%台に落ち込んだ。半導体は18年に過去最高の業績を収め、輸出総額に占める割合が20.9%と、初めて20%を突破した。

 2番目に輸出額が多かった品目は自動車(430億4000万ドル)で、総輸出額に占める割合は7.9%だった。昨年の輸出台数は前年比1.9%減少したが、価格が相対的に高いスポーツタイプ多目的車(SUV)やエコカーの輸出が拡大し輸出額は同5.3%増加した。

 次いで石油製品が7.5%を占め、自動車部品(4.2%)、フラットパネルディスプレーおよびセンサー(3.8%)、合成樹脂(3.7%)、船舶海洋構造物および部品(3.7%)、鉄鋼版(3.4%)、無線通信機器(2.6%)、プラスチック製品(1.9%)が後に続いた。

 一方、昨年の10大輸入品目の輸入額(2287億1800万ドル)が総輸入額(5032億5900万ドル)に占める割合は45.4%だった。

 最大輸入品は原油で総輸入額の13.9%を占め、2000年に半導体を退け1位となって以来、19年連続トップとなっている。2位以下は半導体(9.3%)、天然ガス(4.1%)、石油製品(3.5%)、石炭(2.8%)、無線通信機器(2.7%)、自動車(2.4%)、コンピューター(2.3%)、精密化学原料(2.3%)、衣類(2.2%)だった。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200119000400882?section=economy/index

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
21
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

オバマ (@guest_40659)
2020年1月19日 9:15 PM

韓国は 老いた国だね 落ちるのみ!
12月16日に貿易額が1兆ドル突破だったのに、思ったより輸出が伸びたのは米中貿易摩擦の緩和のお陰ですね。でも、輸出額、輸入額とも減り続け輸出額の減少比率が輸入の減少比率より大きいので、貿易立国として落ち目だし、直に日本同様貿易赤字になります。日本は経常収支の黒字で問題ないですが、韓国は厳しいですね。
本当に他用かなら良いのですが、ウオン安でも現代自以外は収益悪化だし、現代自も悪すぎた(赤字寸前)2018の反動だし。

自由人 (@guest_40660)
2020年1月19日 9:43 PM

国家、国民、マスメディア、とにかく全てが病的なくらいズレてるし外してるよ、韓国は。

ななし~ (@guest_40663)
2020年1月20日 2:45 AM

そう云えば先日のデュポン・コリアで半導体用化合物を作る件も、デュポン側の説明では去年の9月に
忠清南道にフレキシブル・ディスプレイ基板用の液体ポリイミド(PIワニス)用の新工場を作ったので、
これの補完作業工程のMOUだったとか。先行する日米独仏(次点でシナ)に対して技術的に遅れているの
だから、今から開発して量産しても時すでに遅しだの~。