イラン攻撃計画の準備命令 イスラエル軍トップが公表

イラン攻撃計画の準備命令 イスラエル軍トップが公表

記事要約:トランプ前大統領は何だかんだで4年間、一度も戦争はしなかったのだが、どうやら、イスラエルはイラン攻撃計画の準備を命令していることがわかった。アメリカはイスラエルが動けば追従する傾向があるので、これはもしかしたら、バイデン政権ではイランとの戦争もあるのか。

>イスラエル国防軍のアイブ・コチャフ参謀総長は1月26日、テレビで声明を発表し、「イラン攻撃計画の準備」を進めるよう軍に下命したことを明らかにした。イランの核開発計画に対するジョー・バイデン米大統領の政策発表を前に、同大統領に圧力を掛ける意味で、イスラエルはこのタイミングで、攻撃計画準備を命じたことを明らかにしたとみられている。

イスラエルはイランとの戦争にアメリカを巻き込みたい。バイデン氏がイランに何か言う前に圧力をかけていると。

>声明の中で、コチャフ中将は「既存の対イラン作戦計画に加えて、複数の新規作戦計画の準備を命令した」と明らかにした上で、「実行命令は政治指導者が下すが、そのためには立案、準備、訓練が必要となる」と述べた。

なるほど。これは踏み絵てことか。アメリカの新しい大統領がイランに対してどう動くのか。トランプ前大統領はイスラエルに乗ったが、バイデン氏はどういった外交をするのか。しかし、これでは韓国が大喜びじゃないか。原油代金70億ドルをネコババしても制裁が解除されない限りはばれないものな。

イスラエルとイランが戦争になれば中東戦争になるが、原油価格は上昇するのかというのがある。普通なら上昇するが、コロナ禍だと原油がどこまで需要あるかの見通しが付かない。

もっとも見通しが付かないといえば、キムチの起源を巡っての中韓キムチ戦争。韓国はキムチの起源を主張しているが、中国が起源であることは世界的に明らかという。

イラン攻撃計画の準備命令 イスラエル軍トップが公表

イスラエル国防軍のアイブ・コチャフ参謀総長は1月26日、テレビで声明を発表し、「イラン攻撃計画の準備」を進めるよう軍に下命したことを明らかにした。イランの核開発計画に対するジョー・バイデン米大統領の政策発表を前に、同大統領に圧力を掛ける意味で、イスラエルはこのタイミングで、攻撃計画準備を命じたことを明らかにしたとみられている。

声明の中で、コチャフ中将は「既存の対イラン作戦計画に加えて、複数の新規作戦計画の準備を命令した」と明らかにした上で、「実行命令は政治指導者が下すが、そのためには立案、準備、訓練が必要となる」と述べた。

イランは今年に入って、ウランの濃縮度を20%に引き上げる作業を始めたばかりだ。

イランは2015年、15年間高濃縮ウランや兵器級プルトニウムを生産しないことや、ウラン濃縮に使われる遠心分離機を大幅に削減する条件で、欧米が金融制裁や原油取引制限などを緩和するとした合意を米英独仏中ロと結んだ。

しかし、トランプ前大統領が2018年5月に一方的に核合意を離脱し、制裁を再開したため、イランは2019年から段階的にウラン濃縮度を高めてきた。

イランの核開発抑止に十分な保障措置が含まれていないとして、この合意に強く反対していたイスラエルは、前大統領の合意離脱を歓迎したが、バイデン大統領は合意への復帰を目指しているといわれている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6435c132d6b6849a1add184fcdbabf3bd36b0021

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ななし (@guest_56675)
2021年1月27日 6:18 PM

ジェノサイドじゃないんだろ?勝手にやれよ。想定内だよ。