【米軍】グアム「要塞化」が最優先 対中国で台湾支援強化

【米軍】グアム「要塞化」が最優先 対中国で台湾支援強化

記事要約:米インド太平洋軍のデービッドソン司令官が中国有事の際に重要軍事拠点となる米領グアムに強固な統合防空・ミサイル防衛体制を築くことが最優先だと述べている。つまり、グアムを要塞化することが対中国に対して有効だと。

>デービッドソン司令官は、グアム周辺で中国軍の艦艇や潜水艦による活動が活発化していると指摘。北朝鮮の弾道ミサイルに対処する目的で配備されている迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」だけでは不十分で、「360度全方位からの多様な脅威に備える必要がある」と主張した。

グアム周辺でも中国軍の艦艇や潜水艦の活動が活発化しているのか。しかも、THADDだけでは不十分。360度全方位からの多様な脅威に備える必要があるという。

>グアムにイージス・アショアを配備すれば「イージス駆逐艦3隻をミサイル防衛以外の任務に回すことができる」とも強調した。

グアムを要塞化して、イージス・アショアを配備。そうすればイージス駆逐艦3隻はほのか任務に回すことが可能。しかし、中国はグアムも狙っているのか。潜水艦が活動しているのが気になるな。

【米軍】グアム「要塞化」が最優先 対中国で台湾支援強化

【ワシントン時事】米インド太平洋軍のデービッドソン司令官は4日、米シンクタンクで講演し、中国有事の際に重要軍事拠点となる米領グアムに強固な統合防空・ミサイル防衛体制を築くことが「最優先だ」と強調した。昨年7月にはグアムへの陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」導入に言及しており、改めてグアムの「要塞(ようさい)化」を進める意向を示した形だ。

デービッドソン司令官は、グアム周辺で中国軍の艦艇や潜水艦による活動が活発化していると指摘。北朝鮮の弾道ミサイルに対処する目的で配備されている迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」だけでは不十分で、「360度全方位からの多様な脅威に備える必要がある」と主張した。

グアムにイージス・アショアを配備すれば「イージス駆逐艦3隻をミサイル防衛以外の任務に回すことができる」とも強調した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030500823

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

どちらさん⁇ (@guest_57642)
2021年3月7日 8:54 AM

実は、中共の最近の稚拙な制裁外交は、単純で分かり易く、それだけ見れば笑えるのだけど…。鄧小平は先進諸国に対して下手に出ていたけど、将来を見据えた狡猾さがあった。油断はならないが、一触即発の事態を考えなくて良い信用はできた気がする。
 でも、最近の中共は余りにも短絡的過ぎるので、一昔前には『常識的に考えればその判断はないだろう⁇』ということを平気でやりそうな不気味さを感じる。今回の武漢ウイルス感染の事例で分かったが、中共の中枢は専門性の高い分野に関わることには、非常に弱い。殆ど無知に近いレベルか、と…。
 例えば、ステルス戦闘機を考えてみる。アメリカ、欧州、ロシア、中国と夫々開発済みという。カタログスペックだけが独り歩きしてる感があるが、これまでにステルス戦闘機編隊同士の戦闘は起こっていない。『カタログスペック』を実際に試してみたい、って彼らが安易に考えはしないか?、そんな安易な思考を内心危惧している。考えすぎかな?
 米軍にとっては、グアムは、『最前線』だけど、日本はその先にあることを我々は忘れてはなりません。東日本大地震の10年の節目を前に、『想定外』という言葉が何の意味も持たないことを、改めて肝に銘じるべきです。この記事を見て、そんなふうに感じました。

rom専 (@guest_57645)
2021年3月7日 10:16 AM

中国、国中に広がる鬼城(ゴーストタウン)、過剰な軍事投資、人権弾圧、極端な所得格差。
財政が持つ筈がない。筈が無いのに今も存続しているのは何故なのか?解らない。
私が見落としている物は何なのか?或いは、実は既に手遅れで自暴自棄になり、愚行を繰り返しているだけか?明日にも経済破綻するのか?仮に中国が破綻した時、経済的損失は無視しても、仮想敵を失い暴走するであろう米国はどうなるのか?米国の次の標的は何処に成るのか?日本への影響は?
本当に、居ても居なくても迷惑な国。