日本の防衛 昨日、日米首脳会談の共同声明に関する内容は多岐にわたるのだが、今回、取り上げたいのは経済安全保障について。特に5Gで世界的な通信網を敷こうとしている中国に対抗して、高速大容量規格「5G」と次世代規格「6G」の最先端通信技術開発に日米で計45億ドル(約4900億円)を投資することに合意した。

日本の防衛 〔5G・6G開発〕日米で4900億円 中国を「最大の競争相手」

日本の防衛 〔5G・6G開発〕日米で4900億円 中国を「最大の競争相手」

 日本の防衛 昨日、日米首脳会談の共同声明に関する内容は多岐にわたるのだが、今回、取り上げたいのは経済安全保障について。特に5Gで世界的な通信網を敷こうとしている中国に対抗して、高速大容量規格「5G」と次世代規格「6G」の最先端通信技術開発に日米で計45億ドル(約4900億円)を投資することに合意した。

 5G関連で日米共同声明に書かれてる部分「新たな時代における同盟」を抜き出すと「第 5 世代無線ネットワーク(5G)の安全性及び開放性へのコミットメントを確認し、信頼に足る事業者に依拠することの重要性につき一致した」という。

 また、中国に関係しそうなところに触れると「日米両国は、二国間、あるいは G7や WTO において、知的財産権の侵害、強制技術移転、過剰生産能力問題、貿易歪曲的な産業補助金の利用を含む、非市場的及びその他の不公正な貿易慣行に対処するため引き続き協力していく。」

 直接、中国を名指ししているわけではないが、知的財産権の侵害、強制技術移転、過剰生産能力問題など、どれも全て中国を念頭に置いたものだと理解できる。日米で45億ドル程度の投資で中国に対抗できるかは知らないが、5Gの次の「6G]最先端技術開発が日米の焦点になりそうだ。では、6Gとは一体何なのか。

 日立・ソリューション・クリエイトのビジネスコラムによると、6Gは2030年を目処に開発が進められているという。6Gとは第6世代移動通信システムのこと。100Gbps以上のスピードでデータの伝送が行えるとか凄いことが書いてある。5Gの通信速度は最大10GPS。つまり、単純に5Gよりも10倍速いてことだ。

 他にも、「超多接続」といって6Gは1平方キロメートルあたりの多接続で1000万人を目指してるそうだ。5Gでも100万台なのにその10倍と。

それで、2019年にNTT東西が100GPSの法人向け通信サービスを開始した。その提供料金を確認してみよう。

 なんと、100GPSは月額料金は209万円かかる。このように低コスト化という問題が高速通信には常に出てくる。ただ、2030年に6Gが一般のスマホで使えるようになるなら、それはもう、5Gとは違う世界が見えてくる。そもそも、管理人は5G知らないんですが。

日本の防衛〔5G・6G開発〕日米で4900億円 中国を「最大の競争相手」

菅義偉首相とバイデン米大統領は16日の首脳会談で、経済安全保障をめぐる中国の脅威に対抗するため、高速大容量規格「5G」と次世代規格「6G」の最先端通信技術開発に日米で計45億ドル(約4900億円)を投資することで合意した。

バイデン政権は中国を「最大の競争相手」と位置付け、軍事・経済力の決め手となるハイテク分野で覇権を争っている。日米首脳は共同文書で、具体的国名を避けつつ「信頼に値する事業者と市場の多様化を推進する」と宣言。5Gと6Gの研究開発などに米国が25億ドル、日本が20億ドルをそれぞれ投資すると記した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c2140060bac383d40aaec6716e0ffb80e99e9b1

■5chの反応

5名刺は切らしておりまして2021/04/18(日) 13:38:59.66ID:C6PJ3Yy6>>8>>35>>85

電電公社の時代からNTT研究所は日本でダントツです。
NTT株仕込みに乗り遅れるな!!

NTT、次々世代「6G」でインテルやソニーと連携
2019年10月31日 9:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51617860R31C19A0EAF000/

NTTが「IOWN」の国際団体 インテル、ソニーと100倍の省電力・低遅延・高速化
2019.10.31
https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/7019/Default.aspx

8名刺は切らしておりまして2021/04/18(日) 13:41:10.24ID:tRJaUN8P

>>25>>5NTTは独自の高コスト高性能な技術を開発することが多いが国際標準になることはほぼない。

16名刺は切らしておりまして2021/04/18(日) 13:58:26.60ID:wlHCH0zu

日米半導体協定で、日本の電気産業全部ぶっ壊したアメリカが
中国怖いのぉ・・・と泣きついてきたんか

19名刺は切らしておりまして2021/04/18(日) 14:00:47.93ID:nAEv9cEW>>67

トランプと違ってバイデンは仲間づくりをしていかないといけないから一番いうことを聞いてくれる日本に白羽の矢が立ったとアジアの国の中では欧米のいうことは聞かないけど日本のいうことなら聞くという国もあるし

62名刺は切らしておりまして2021/04/18(日) 14:58:50.82ID:3eFhlWIO

4G/LTE
→5G(4Gの100倍 下り10~20Gbps) 光回線と同等以上
→6G(5Gの100倍 下り1Tbps) 光回線の100倍以上

https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1618720225/-100

6Gについてはこれからなのでなんともいえないが、まずは5Gだよな。中国に先行されているのをどうするのか。4900億円程度の投資でなんとかなるとは思えないが。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ダルマさん (@guest_58581)
2021年4月18日 7:26 PM

個人的にはこの話はタイミング悪いんじゃないスガちゃんw
通信絡みは総務省で元総務大臣だったしそれ関係で今ゴチャゴチャやってるしなw

さて、具体性がまるで見えないの何とも言えない5・6G話。
通信クロスライセンスとか、半導体供給体制とかか?
5・6Gとは通信速度を言っているが、実は通信周波数の問題やろな。
周波数が高い方がデータ容量が多く取れるので、同じ時間でより多くデータを送れる、
よって同じデータ量ならば短い時間で送れるという話。
が、欠点もあり周波数を高くすると同じエネルギーだと短い距離しか届かない。
更に、コンクリなどの壁を通りづらくなる。
これをカバーする為により多くのアンテナが必要になる。
インフラ整備でより費用がかさむ。

49億ドル使ってこれらをブレイクスルーする技術を共同開発なら期待大なのだがねw