共産党 日本政府「破防法第4条第1項に規定する暴力主義的破壊活動を行った疑いがあり現在でもこの認識に変わりはない」

共産党 たまには「 NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の党の議員も役に立つじゃないか。日本政府は共産党が「暴力革命方針に変更ないものだ認識」していると答弁書を決定した。「破防法第4条第1項に規定する暴力主義的破壊活動を行った疑いがあり現在でもこの認識に変わりはない」と。

つまり、日本政府は共産党が過去に行った暴力主義的破壊活動を疑っており、それを共産党がいくら否定してもその認識に変更はないてことだ。若い人は知らないかもしれないが、共産党のやってきたことを知れば、共産党に票を入れるなんて「論外」は当然なんだよな。

これは、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の浜田聡参院議員の質問主意書からである。

政府は19日の閣議で、共産党に関し「いわゆる『敵の出方論』に立った暴力革命の方針に変更はないものと認識している」とする答弁書を決定した。現在も破壊活動防止法の調査対象団体であると明記した。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の浜田聡参院議員の質問主意書に答えた。

共産党の過去の活動に関し「破防法第4条第1項に規定する暴力主義的破壊活動を行った疑いがあり、現在でもこの認識に変わりはない」とした。

https://nordot.app/834276177819926528?c=768367547562557440

■5chの反応

4ニューノーマルの名無しさん2021/11/19(金) 17:33:36.29ID:VjCEnE7z0

そんな集団を日本国内に放置するのはいかがなものか

→放置と言えばそうなるが、主義思想の自由はあるからな。行動に移さない限りはな。

22ニューノーマルの名無しさん2021/11/19(金) 17:43:51.45ID:C+6wThVq0

八代弁護士謝る必要なかったな

→マスコミはお得意の報道しない自由を振りかざすからな。

24ニューノーマルの名無しさん2021/11/19(金) 17:44:17.53ID:Rn0MvU0+0

そんな日本共産党とお近づきになりたいのが立憲民主党

→別にいいじゃないですか。その選択をよしとするかは有権者です。

■管理人の感想

昨日から、立憲民主党の代表を選ぶ公示がスタートしたが、結局、3人の立候補だったのか。ニュース性の話題がないので、あまり見かけないんだが、とりあえず、共産党の連携について何かわかれば知らせたいと思う。別に誰が代表になろうが、そこまで気にしてないだろうしな。

■人気ブログランキング、メルマガの購読とYOUTUBE版のチャンネル登録のお願い

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2021年10月15日に「日本の底力!」と「韓国経済危機特集」のYOUTUBE版ができましたのでこちらのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCeV6EnK_OKgRY5qBiQHjXRA/playlistsad

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

たろうちゃん (@guest_60942)
2021年11月20日 8:41 AM

共産主義に共通するものは、1人の人間による長期独裁政治だ。その元に行われるのは恐怖による支配であり殺人や虐殺も躊躇いなく行われる。スターリンや毛沢東、チャウチェスクや金日成などがそれで、その系譜がプーチンであり習近平、金正恩なのだ。日本共産党は旧くは宮本顕治、不和哲三、そして、志位和夫いづれも長期に委員長を務めている。スケールは違っても構図は同じなのだ。かつて国会の場でハマコーの愛称で親しまれた浜田幸一議員が「殺人者たる宮本顕治クンが、、、」とやって物議を醸したのも記憶に新しい。共産党は必死に否定しているが、中国やロシア、北朝鮮との関係はやはり疑いようがないとは個人的には思う。

零戦搭乗員 (@guest_60941)
2021年11月20日 7:48 AM

スターリンの時代から世界の暴力に寄る赤化は共産主義のスローガンであり、全学連運動は正にそれを日本で体現したものだった。にっ教祖の洗脳授業を受けた優秀な高校生が大学生となり、(日本の大学は勉強しなくても卒業できるから、)勉強よりも憂さ晴らしに面白がって暴れた。と言うのが実情であった。其れの鎮圧に出たのが高卒の機動隊である。「大学に進めなかった機動隊員が大学生に憂さ晴らしをしている。」と当時の新聞に有った。そしてその大学生が社会に出たら急に大人しくなり、やがて彼らの非難の対象だった社会の指導階級に自分等も成っていったのだ。そもそも共産主義は暴力革命思想を含めた思想であり、そこだけを除外した共産主義思想が成立するわけがない。それは多数決を除外した民主主義思想みたいなものだ。あり得ない。「日本の共産党だけは違いますよ、」なんて言えるわけがない。

零戦搭乗員 (@guest_60945)
2021年11月20日 7:47 PM

自分も当時大学に行けず自衛隊員になった。高校は公立の進学校であっが、、。全学連鎮圧の訓練は当時自衛隊でもやっていた。機動隊が破れたら次は自衛隊が出るために。無論自衛隊の機械装備は機動隊なんか問題でない。重機が出てデモ隊のバリケードを一気に突破する。自分は狙撃手に選ばれたが、実戦で命令があったら人を撃っていた。野戦と違い、市街戦の射距離はかなり近い。確実に当てる。機動隊員と同じで自分も大学生に鬱憤を晴らすために撃ってたのかもしれない?

国語の時間 (@guest_60943)
2021年11月20日 9:07 AM

共産!! 生きるために共に産する、そう有りたいですね。
共産という素晴らしい言葉は、共産党に相応しくありません。
恐散党辺りが相応かな?