韓国経済、日本を訪れた外国人観光客の再訪問率、韓国人が30%で1位

韓国経済、日本を訪れた外国人観光客の再訪問率、韓国人が30%で1位

記事要約:日本を訪れた外国人観光客は年々、増えているわけだが、2回目以上のリピーターの数はどれほどなのか。日本観光庁の統計によると去年日本を訪れた外国人観光客2869万人。その中でもリピーターの数が61.4%の1761万人ということらしい。

これが多いか、少ないかの判断は個人に任せるが確かに6割のリピーターというのは日本への旅行に満足していることになる。ただ、同じところに行くわけではないので、これがすぐに外国人観光客は儲かるという話にはならないだろう。地元客を大事にしたほうがいいと管理人は述べているわけだが、結局、京都や大阪といった観光地しか儲からないわけだ。それで観光客の内訳はどうなのか。

>特に、観光・レジャーを目的に訪日した外国人リピーターのうち、韓国人が30%の370万人で最多だった。続いて台湾人310万人(25%)、中国人230万人(18%)、香港人160万人(13%)となった。

ほとんどアジア勢ではないか。まあ、当たり前か。2回も来るとなれば近くじゃないとダメだもんなあ。これはきっとどこでも同じだと思う。先ほど格安航空会社の話もしたが、それでも海外へ旅行するというのは敷居が高いというわけだ。しかし、韓国人と中国人はいらないな。もっと韓国人と中国人以外を呼び込んだ方がいいんじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、日本を訪れた外国人観光客の再訪問率、韓国人が30%で1位

2017年に日本を訪れた外国人のうち、2回目以上の訪問となるリピーターの数が1761万人に達したことが調査で分かった。

22日、日本観光庁の推計によると、去年日本を訪れた外国人観光客2869万人のうちリピーターの数が61.4%の1761万人を記録した。

特に、観光・レジャーを目的に訪日した外国人リピーターのうち、韓国人が30%の370万人で最多だった。続いて台湾人310万人(25%)、中国人230万人(18%)、香港人160万人(13%)となった。

一方、旅行者1人あたりの消費額は中国が最も多かった。初めて訪問では22万1000円、2回目から5回目の訪問では23万2000円、10回以上の訪問では30万2000円を使うなど、訪問回数が多いほど消費額が増えていることが分かった。

2018年03月23日07時34分

(http://japanese.joins.com/article/859/239859.html?servcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

うさぴょん (@guest_10658)
2018年3月23日 10:39 PM

全国の国際空港を、旭日旗で飾りつけるしかない。荷物が出てくるベルト、動く歩道の手すり、待合室の椅子、飲食店やみやげもの店の看板、トイレのタオル…
全部、旭日柄にしよう!

酔って候 (@guest_10664)
2018年3月24日 4:48 AM

ムンタン、何をしている? 目の前に新税の財源があるじゃないか。