韓国経済、〔韓国は世界の中心〕ノーベル賞受賞の経済学者「韓国、世界貿易戦争に最も脆弱」

韓国経済、〔韓国は世界の中心〕ノーベル賞受賞の経済学者「韓国、世界貿易戦争に最も脆弱」

記事要約:管理人は原油価格が高騰したときも、その影響を1番受けるのは韓国だと聞いたことがある。そして、トランプ大統領が始めた世界貿易戦争でも、韓国は世界の中心だった。

ノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン教授「米国や欧州連合(EU)のように経済規模が大きい国は貿易戦争の影響をあまり受けないだろうが輸出依存度が高い韓国のような国は脆弱にならざるをえない」と見通した。

さすがクルーグマン教授というところか。韓国経済の歪んだ構造の問題点に鋭くメスを入れている。まあ、その修正はできないんだが。しかし、これには賛成できない。

>彼は「アジアもEUのように域内貿易体制を整え地域貿易量を増やす必要がある」と提案した。

韓国と中国、北朝鮮以外のアジアなら歓迎するし、だいたいAPECの枠組みがあるだろう。日本はTPP11,EUとのEPA交渉も進んでいる。韓国は今から、どうしようかと考えているようだが、既に枠組みができた以上はどうしようもないんだよな。もう、韓国と一緒に何かやろうという国が存在しない。せいぜい、宗主国様のAIIBに投資してればいいんじゃないか。輸出依存国歌が世界からはぶられてるというのは中々,興味深いんだが、結局,韓国に何も期待してないんだよな。世界は。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国は世界の中心〕ノーベル賞受賞の経済学者「韓国、世界貿易戦争に最も脆弱」

ノーベル経済学賞受賞者のニューヨーク市立大学のポール・クルーグマン教授が27日、米国発のグローバル貿易戦争により今後世界の貿易量が3分の1に減り、その被害は韓国のような輸出依存国が受けることになるものと予想した。

クルーグマン教授はこの日韓国経済新聞姉妹紙の韓国経済マガジンと済州(チェジュ)平和研究院の共同招請により訪韓し、済州国際コンベンションセンターで開かれた第13回済州フォーラムの特別講演者として登壇しこのように明らかにした。

彼は「トランプ大統領発の貿易戦争が深刻化し関税率が最大40%に上昇することになり、これにより国際貿易量は現在より3分の2ほど減少して1950年代水準に戻ることになるだろう」と予想した。

続けて「米国や欧州連合(EU)のように経済規模が大きい国は貿易戦争の影響をあまり受けないだろうが輸出依存度が高い韓国のような国は脆弱にならざるをえない」と見通した。彼は「アジアもEUのように域内貿易体制を整え地域貿易量を増やす必要がある」と提案した。

(http://japanese.joins.com/article/696/242696.html?servcode=300&sectcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ななしちゃん

米国の保護貿易に対してHDはよく海外生産切り替えを表明したw
これにより、トランプが世界貿易とは
【持ちつ持たれつ、ギブアンドテイク】である事を理解することが大事w
内政干渉ともいえる日本の米国への提言が活きる可能性が高いw

安保保証国とそれ以外を明確にかぎ分けるのが必要だw
レッドチームに厳しく、ブルーチームには寛容に。
これが米国への提言だww

酔って候

殻に閉じこもろうとしている米国。経済ブロックを形成して域内貿易を活発化し、経済ブロック内の国家でwin-winの関係を築くことで米国に対抗しようとする日欧とTPP11参加国。冊封体制を再建し21世紀の帝国主義体制を目指す中国。

未来を手にするのはどのアプローチなのでしょう。

酔って候

米国防長官との会談も中止、心配される文大統領の健康状態
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/28/2018062804052.html
> 文大統領は前日に予定されていた規制改革点検会議など2件の公式日程をキャンセルしたのに続き、28日に青瓦台で行われる予定だったジェームズ・マティス米国防長官との会談も中止し、新任の市長・道知事との夕食会は延期した。

これは心配ですね。文在寅氏にはまだまだ大統領としての使命が残っているのに。是非とも回復してほしいものです。