【米大統領選】バイデン一家のハードディスク事件後、Google検索で「投票を変更できるか」の検索数が急増

【米大統領選】バイデン一家のハードディスク事件後、Google検索で「投票を変更で

記事要約:どうやら米大統領選でバイデン一家のハードディスク事件後、グーグル検索で「投票を変更できるか」の検索数が急増しているようだ。

>米メディアによると、バイデン一家の「ハードディスク事件」のスキャンダルが相次いで暴露される中、トランプとバイデンの最後のテレビ討論会終了後、米国の複数の地域でGoogle検索で「投票を変更できるか」の検索数が急増している。

そりゃそうだよな。あんなハードディスクが出てきたら、バイデン氏に投票したら、まさにそれと同じ目で見られるものな。先に投票して変更なんてできるのかと思ったらいくつかの州はできるようだ。

>ユタ州、アイダホ州、ペンシルベニア州の住民は、Googleで「投票を変更できる」というフレーズの検索数が最も多かった。このうち、ミネソタ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州、ミシシッピ州、コネチカット州は、有権者個人が早期投票後に再度投票を変更できるようにしている州である。

これで選挙の状況が変わるかは知らないが、さすがにバイデン氏はない。息子が酷すぎる。あれを擁護できる親はいないだろう。

【米大統領選】バイデン一家のハードディスク事件後、Google検索で「投票を変更できるか」の検索数が急増

米メディアによると、バイデン一家の「ハードディスク事件」のスキャンダルが相次いで暴露される中、トランプとバイデンの最後のテレビ討論会終了後、米国の複数の地域でGoogle検索で「投票を変更できるか」の検索数が急増している。

ユタ州、アイダホ州、ペンシルベニア州の住民は、Googleで「投票を変更できる」というフレーズの検索数が最も多かった。このうち、ミネソタ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州、ミシシッピ州、コネチカット州は、有権者個人が早期投票後に再度投票を変更できるようにしている州である。

つまり、早期投票した有権者の中には、意思が変わってしまった人もいるということで、選挙の状況が変わるかもしれない。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

迎恩門 (@guest_54353)
2020年10月28日 11:25 AM

バイデン疑惑隠蔽をオールドメディアは当然のことながら、フェイスブックやツイッターといったSNS大手まで加担していたことは驚きました。
メディアと同じく業界大手企業を賄賂漬けにすれば解決すると考えていたシナ中共でしたが、ネットの情報拡散を完全に甘く見ていましたね。
因みにバイデン息子、シナ政府が用意したホテルで「思春期」前の少女と淫行に及んだそうです。その一部始終をばっちり録画されて、父子ともどもシナに絶対服従。
(JC下手をしたらJSの女の子すらハニトラ要員にするシナ政府…吐き気がします)

竹の島 (@guest_54356)
2020年10月28日 4:23 PM

選挙直前になってJPモルガンが、トランプ勝利で米国株式相場は2桁台の上昇率になると言い始めました

・トランプ大統領が「順当に勝利」した場合、S&P500種.SPXは足元の3400ポイント台から3900ポイントに上昇する
・野党民主党が明確に勝利した場合の市場への影響は「おおむね中立」
・エネルギー株や金融株がトランプ氏勝利の主な恩恵を受ける
・バイデンが勝利すれば、増税のリスクを考慮して、成長株から非成長株へのシフトをもたらす可能性がある

トランプ氏の「順当な勝利」、株式市場に望ましく=JPモルガン
https://jp.reuters.com/article/markets-stocks-jpm-idJPKBN27B1XR