韓国経済、〔韓国平昌五輪〕聖火点火者は予想通りキム・ヨナ?あるいは驚きの人物?

[`yahoo` not found]

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕聖火点火者は予想通りキム・ヨナ?あるいは驚きの人物?

記事要約:まあ、順当に行けば平昌五輪の聖火点火者はキム・ヨナ氏だとは思う。他にも管理人は元慰安婦とかもあり得るとおもう。でも、一番の大穴としては金正恩とかどうだろうか。いきなり登場して聖火点火すればまさに平壌五輪だしな。ええ?さすがにそれはないて。いやいや、韓国の辞書ではあり得ないという言葉は載ってないのだ。

さすがに金正恩が韓国入りするとは思えないので、北朝鮮関連なら南北合同チーム結成の北朝鮮選手とかはどうだろうか。ええ?だれでもいいて。そんなニュースは3日経過すれば忘れているて?それはあり得る。何しろ、3日もあればどれだけ斜め上の出来事が起きているかなんて、想像もできんからな。明日から2月ということで管理人は気合いを入れている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~258回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

 

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕聖火点火者は予想通りキム・ヨナ?あるいは驚きの人物?

キム・ヨナ、2010年バンクーバー冬季オリンピック金メダル獲得した「フィギュアの女王」 「びっくり人物」登場の可能性も… 組織委員会の点火者選定に苦心

(平昌=連合ニュース)イドンチル記者= 2018平昌冬季オリンピックの開会式のハイライトである聖火最終点火の栄光は誰に帰ろうか?

平昌五輪開幕が9日後に迫り、「開幕式の花」と呼ばれる聖火点火の主人公の気がかりなことが高まっている。

歴代冬季オリンピックで聖火点火者は、開催国を代表するスポーツスターたちが引き受けてきた。

聖火点火者は初めて出た1952年のオスロ大会から2014年ソチ大会まで17回の冬季オリンピックでは、その国をスポーツ伝説が開幕式の頂点で聖火点火で大会開始を発表した。

最近行われた冬季オリンピックであった2014年ソチ大会の時は、旧ソ連の「スポーツの英雄」だった60代のイリーナロードリナ(フィギュア)とウラジスラフトレティーアーク(男アイスホッケー)が点火者の栄誉に輝いた。

そのような点で、韓国冬季スポーツの最高のスターに刻印された「フィギュアの女王」キム・ヨナ(引退)が平昌大会聖火点火者1位候補に挙げられる。

キム・ヨナは説明が必要ない韓国冬季スポーツのアイコンである。

2003年からフィギュアスケート代表で活躍したキム・ヨナは2004年に国際氷上競技連盟(ISU)ジュニアグランプリシリーズで1位に上がって韓国フィギュア選手初の公認国際大会のメダルを取ったし、2006年ISUシニアグランプリでは、韓国フィギュア初のグランプリファイナル優勝の快挙を達成した。

2010年バンクーバー冬季オリンピックでは、当時の歴代最高点である228.56点で金メダルを獲得する快挙を成し遂げ、2014年ソチ大会でも銀メダルを獲得した。 平昌オリンピック広報大使として活躍するキム・ヨナは2011年7月、南アフリカ共和国ダーバンで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会当時プレゼンテーション走者に出て流麗な発表で平昌が三水最後にオリンピック誘致に成功するために主導的な役割をした。 2016年の体育会が選定する韓国の「スポーツの英雄」に選定されて名誉の殿堂に殿堂されたキム・ヨナは昨年、「小学生が似たい人物」アンケート調査で1位に上がるなどの認知度と好感度も高い評価を受けている。

平昌組織委の関係者は「聖火点火者選定作業が密かに行われているので、誰が最終的な主人公に出るのか知ることができない」とし「ただキム・ヨナが開幕式でどのような役割を担う可能性は大きい」と展望した。

キム・ヨナ以外の聖火点火者候補としては、韓国の代表的な冬季オリンピックのメダルバトなショートトラックスターたちがいる。

ショートトラックは韓国が歴代冬季オリンピックで収穫された金26個のうち、なんと21個を担当した。

冬季オリンピック史上韓国の初の金メダルの主人公であるギムギフンと女子ショートトラックの全利卿、2006年トリノ冬季オリンピック女子ショートトラック3冠王陳善有などが聖火点火者出ることもある。

江陵選手村章を務めたギムギフンは、1992年アルベールビル大会ショートトラック男子1,000mと5,000mリレーで優勝し、2冠に上がり、1994年にリレハンメル大会では1,000mで金色疾走に成功し、歴代冬季オリンピックで3個の金メダルを首にかけた。

全利卿はリレハンメル大会2冠(女性1,000m、3,000mリレー)に続いて、1998年長野大会2冠(女性1,000m、3,000mリレー)と女性500m銅メダルの業績を築いた。 2回連続2冠に5つのメダルは全利卿だけがやった。

また陳善有は、2006年トリノ大会女子1,000mと1,500m、3,000mリレーで金メダルを獲得3冠王の偉業を成し遂げた。

しかし、意外な人物がびっくり化点火者登場する可能性も少なくない。

1988年のソウルオリンピックに続き、30年ぶりにお茶の間で開催するオリンピックに開会式の南北合同入場と女性のアイスホッケーコリアが実現されただけ南北選手が共同化点火者乗り出す可能性もある。

2002年釜山アジア大会時1984年LAオリンピック男子柔道金メダリストであるハ・ヒョンジュと北朝鮮女子柔道の伝説ケ・スンヒが並んで聖火点火をしたことがある。

また、歴代冬季オリンピックの1952年オスロ大会の時、ノルウェーの探検家フリチョフ・ナンセンの孫であるに勝つナンセンが聖火点火者螺旋事例もある。

ソースは韓国語なので5chより記事掲載

(http://sports.news.nate.com/view/20180131n04346)

合わせて読みたい記事

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕聖火点火者は予想通りキム・ヨナ?あるいは驚きの人物?」への4件のフィードバック

  1. 有名どころで、まさかのイヨンスおばあさん?着用するのは、一面エビ模様のピンクのスキーウェア。ムンムン寄贈のマフラーが首彩りを添えて。
    なんだかダークなイベントになってきましたなあ。

  2. 北朝鮮参加が決まるまではキムヨナ予想だったけれど・・・わからない
    本当に北朝鮮関係者を前面に出してきそう

    IOCが協力的だし

  3. 別件ですが、皆既月食、赤いお月さまが見えています。神秘的ですてきでした。外は寒かったですが、平昌はもっとずうっとさむいんですよねー。

    1. コメントありがとうございます。

      皆既月食ですか。全然、見逃してました。時間あるときに動画でもあれば目の保養に取り上げたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)