韓国経済、海兵隊ヘリの墜落原因は「フランス企業の部品の欠陥」~ネット「部品を検査する能力はないの?」

韓国経済、海兵隊ヘリの墜落原因は「フランス企業の部品の欠陥」~ネット「部品を検査する能力はないの?」

記事要約:離陸から数秒でプロペラが外れた海兵隊の国産ヘリ「マリンオン」。どうやらこの事故の原因「フランス企業の部品の欠陥」だということが確定したそうだ。でも、国産ヘリとかいいながら、実際はただの組み立て、部品を検査する能力やメンテナンスもできないことが露呈したわけだが、フランス企業が賠償することになるらしい。

> 記事によると、マリンオンの製作会社の韓国航空宇宙産業(KAI)は「設計や構造の問題が明らかになった場合は信頼に大きな打撃を与え、韓国軍への納品だけでなく輸出まで困難になる」と懸念していた。そのため今回の調査結果に安堵しているという。 

まだこんなガラクタを輸出しようとしていたのか。まあ、買う、買わないかは自由だが、元々、韓国製のヘリに信頼なんてないんだよな。

> 同事故の民・官・軍合同調査委員会は今月21日、事故の原因はフランスの製造会社が製造した「ローター・マスト」の欠陥だと発表した。エンジンからの動力でプロペラを回す中心軸だが、これを製造した仏Aubert&Duval社が熱処理をしっかり行わなかったために亀裂が発生したと報告。調査委は「Aubert&Duval社も製造上の過失を認めた」と説明した。なお、KAIは仏Airbus社から当該ローター・マストの供給を受けていた。 

国産といいつつ、事故が起きれば供給された部品メーカーのせいと。でも、数秒でプロペラが飛ぶようなヘリを事前に検査できてないのはどうしてなのか。組み立ててテストとかしてなかったのか。そもそも設計に問題がなかったのか。設計に問題があるからこそ、過度な負担がプロペラにいったということも考えられる。

> これを受け、韓国のネットユーザーからは「それは一安心だね」「フランスの会社に損害賠償請求しよう」という声がある一方、「国産ヘリって言ってたくせに、部品は輸入?国産じゃないじゃん」「部品を検査する能力はないの?」「いくらフランス製の部品が原因とはいえ、部品の適合性についてはKAIが検査すべきだった」 
「犠牲者が出たのは確か。輸入部品の点検者に対する法的措置は取るべきだと思う」といった批判の声も少なくない。さらには、「もしやこれも防衛産業の不正?」「で、結局誰が責任取ってくれるの?」といった声も上がっている。

これはどうなんだろうな。防衛産業の不正という線はありそうだな。ただ、フランスの企業がどう対応するかは今後の焦点となるようで、実際、損害賠償が支払われるのか。支払われても、KAIに責任はないのか。人が死んでいる事故だからな。安全確認を怠ったといわれても反論はできないだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、海兵隊ヘリの墜落原因は「フランス企業の部品の欠陥」~ネット「部品を検査する能力はないの?」

2018年12月21日、韓国・聯合ニュースは、韓国海兵隊の上陸起動ヘリコプター「マリンオン」の墜落事故原因について「フランス企業の部品にあった」と報じた。 

マリンオン2号機は今年7月17日、浦項(ポハン)空港で整備終了後のテスト飛行中に墜落。搭乗していた海兵隊将兵5人が死亡した。 

記事によると、マリンオンの製作会社の韓国航空宇宙産業(KAI)は「設計や構造の問題が明らかになった場合は信頼に大きな打撃を与え、韓国軍への納品だけでなく輸出まで困難になる」と懸念していた。そのため今回の調査結果に安堵しているという。 

同事故の民・官・軍合同調査委員会は今月21日、事故の原因はフランスの製造会社が製造した「ローター・マスト」の欠陥だと発表した。エンジンからの動力でプロペラを回す中心軸だが、これを製造した仏Aubert&Duval社が熱処理をしっかり行わなかったために亀裂が発生したと報告。調査委は「Aubert&Duval社も製造上の過失を認めた」と説明した。なお、KAIは仏Airbus社から当該ローター・マストの供給を受けていた。 

事故原因に対する最終調査結果が出たことから、KAIでは今後Airbus、Aubert&Duvalと事故責任や補償問題などを協議する方針だという。 

これを受け、韓国のネットユーザーからは「それは一安心だね」「フランスの会社に損害賠償請求しよう」という声がある一方、「国産ヘリって言ってたくせに、部品は輸入?国産じゃないじゃん」「部品を検査する能力はないの?」「いくらフランス製の部品が原因とはいえ、部品の適合性についてはKAIが検査すべきだった」 
「犠牲者が出たのは確か。輸入部品の点検者に対する法的措置は取るべきだと思う」といった批判の声も少なくない。さらには、「もしやこれも防衛産業の不正?」「で、結局誰が責任取ってくれるの?」といった声も上がっている。(翻訳・編集/松村) 

ソース:レコードチャイナ<韓国の海兵隊ヘリの墜落原因は「フランス企業の部品の欠陥」、ネットからは疑問の声も> 

(https://www.recordchina.co.jp/b673574-s0-c10-d0127.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る
塩さば
2018年12月26日 4:03 午後

韓国人に部品を検査する能力なんかある訳ないでしょ。 自分達でまともな物作れないのに。

七氏ですよ
2018年12月26日 4:12 午後

落ちは、韓国側の組み立て不良でしょう。
フランスの会社が、過熱処理を行わなかった事を認めたとあるが、それを素直に信じるほど韓国のマスコミが信じられません。
大体、国産って看板はどこ行った?
それでいいのか韓国人?

あとは、韓国に賠償求める権利あるのかな?
フランスが賠償するって言ったら、ラオスに差し押さえて欲しい