【香港】香港の優遇措置廃止 対中制裁法も成立―トランプ氏

【香港】香港の優遇措置廃止 対中制裁法も成立―トランプ氏

記事要約:日本ではGoToキャンペーンの話題で持ちきりだが、実は,結構、時事情勢は動いている。

特に米中関係の悪化は日本も対岸の火事では済まないので、管理人としては韓国経済を扱う視点で注目するだけではなく、日本の国益の観点からも注視している。そして、トランプ大統領が香港の優遇措置廃止。対中制裁法も成立させた。

さらに、イギリスは最初、容認していたファーウェイ製品完全排除を決めた。中国の横暴に対して、米国、イギリスと大きな動きを見せている。これが各国も続くのか。日本もさっさとやれという。

>トランプ氏は、11月の米大統領選での再選に向けて、支持者受けする「中国たたき」を重視する姿勢を鮮明にしている。今回の対応もその一環だ。大統領選で民主党候補指名が確定したバイデン前副大統領の過去の対中政策について「中国への贈り物だった」と指摘。バイデン氏批判を繰り返した。

トランプ大統領が再選するかは今のところ、よくわからないが、バイデン氏が中国寄りなら駄目ということだ。中国の横暴を止めるにはバイデン氏より、トランプ大統領に勝ってもらう必要がある。

ただ、これについては米国民の選択だ。新型コロナウイルス【武漢肺炎】が米国を世界一の感染国とした。既に300万を超えており、さらに拡大中である。トランプ大統領の防疫対策が失敗したことはいうまでもないが、元凶は中国だしな。中国は世界中の国家から賠償請求をされるべきである。

【香港】香港の優遇措置廃止 対中制裁法も成立―トランプ氏

【ワシントン時事】トランプ米大統領は14日、ホワイトハウスで記者会見し、香港への優遇措置廃止に関する大統領令に署名したと発表した。「香港を中国本土と同様に扱う」と強調した。

また、中国当局者らによる香港の自治侵害に対して制裁を科す「香港自治法案」に署名し、同法が成立した。中国が対抗措置を取り、報復の応酬につながる恐れもある。

トランプ氏は、11月の米大統領選での再選に向けて、支持者受けする「中国たたき」を重視する姿勢を鮮明にしている。今回の対応もその一環だ。大統領選で民主党候補指名が確定したバイデン前副大統領の過去の対中政策について「中国への贈り物だった」と指摘。バイデン氏批判を繰り返した。

自治法は6月30日に施行された「香港国家安全維持法」への対抗措置。香港の自治侵害に関わった中国当局者らへの資産凍結のほか、制裁対象者と取引した金融機関への2次制裁も盛り込まれた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071500206

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

退職者 (@guest_51355)
2020年7月15日 4:06 午後

対中制裁法これが通過したお陰でトランプ爺さんの手には 魔法の
杖が手に入ったのと同様 中国政府の外交部報道官は冷静なふりを
して この件について記者会見をしても淡々として終わるでしょう

中国政府の動き次第で 香港にある中国系銀行のドル建て決済がト
ランプ爺さんの鶴の一声で全面禁止にいつでもできる つまり香港
の世界的金融の地位が突然 忽然と無くなってしまう崖っぷちに追
い込まれてしまう事態に陥る可能性が大 そうなると世界の金融機
関が一斉に香港から退去 香港の経済は壊滅状態 一番困るのが香
港にある中国国営銀行を使ってのドル決済 それが瓦解

さあ~~永久皇帝になりたい習近平(シージ・ンピン)これは喉元
に米星条旗のマークが入った刃(やいば)が喉元 寸前にまで来て
しまいましたね これを日本では将棋の王手 もう逃げる余地なし

面白くなってきました 愉快 愉快 愉快!!!WWWWWWW^¥^

零戦搭乗員 (@guest_51361)
2020年7月15日 6:43 午後
Reply to  退職者

なんとか言っても前の演説だけのオバマより、トランプさんはよくやっていると思う。人種差別でないが、黒人ってここ一番の決断力がないのでないか?腹をくくるという、、。其れがこれ迄の歴史で白人世界が発展してきた理由でないか?

rom専 (@guest_51367)
2020年7月15日 11:05 午後

黒人が駄目というよりはリベラルが駄目なんでしょうね。
決断力、つまり自身の決定の責任とる覚悟が無い。

零戦搭乗員 (@guest_51371)
2020年7月16日 7:53 午前
Reply to  rom専

自分なら時給800円のパート警備を何時でも責任を取って辞めます!オバマさんよりは決断力があるかも?