韓国経済、2月17日のウォン市場。承久の乱を突破して1224ウォン

SnapCrab_NoName_2016-2-16_9-55-18_No-00

先ほど破綻するようなレートではないと書いたが、どうやら17日の開幕からウォンは一気に下がって承久の乱を突破した。開幕は1218ウォン、それが1時間で1224ウォンまで下がった。何があったのかは知らないが、ついに1221ウォンの壁が壊された。介入必死の状況で韓銀がどうするのか。注目して欲しい。

http://stooq.com/q/?s=usdkrw&d=20160217&c=1d&t=c&a=lg&b=0

さて、次の年表だが親鸞が浄土真宗を広げたのは1224年。これは達成したので、次は御成敗式目だろうか。執権を握った北条氏による最初の武士による法律が1234年である。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

さくら並木 (@guest_2048)
2016年2月17日 12:07 PM

今回のウォン安は、韓国銀行の金利を下げるのではという市場の期待からです。
金利下げが6月以降から3月に前倒しになりそうとのこと。

さくら並木 (@guest_2051)
2016年2月17日 12:25 PM
Reply to  zinboruto

もちろん、韓国銀行の総裁はウォン安の副作用を考え強く反対。
ですが、この間の会議で金利凍結にはなったが、満場一致ではなく少数の利下げ派が初めて登場。
3月の利下げ論からウォン安へ。
ただし、今のところ韓国のマスコミも利下げはまだないという雰囲気です。

さくら並木 (@guest_2053)
2016年2月17日 3:04 PM

http://m.stock.naver.com/news/read.nhn?category=indexnews&officeId=015&articleId=0003547294
関連記事(韓国語)

3から4月の金利引き下げ期待感
北朝鮮リスクと合わせて1230ウォン程度までの予想もあり。
現在、韓国の自動車株など輸出関連株は上昇中!