【AI】人工知能が人類を超える日が明らかに 翻訳者→2024年、トラック運転手→2027年、小説家→2049年、外科医→2053年に置き換え

【AI】人工知能が人類を超える日が明らかに 翻訳者→2024年、トラック運転手→2027年、小説家→2049年、外科医→2053年に置き換え

記事要約;今、囲碁界ではAlphaGoが世界最強の棋士に3連勝したことで、文字通り、AlphaGoが世界一の棋士となったことで、グーグルがAlphaGo同士の対戦棋譜を50局分、特別公開している。それを見たプロ棋士がほとんど理解できないほどのレベルだという。

つまり、囲碁というゲームは人間が数千年かけて作りだした「定石」ですら、まだ神の一手にはほど遠かった。これは管理人は驚くべきことだと思う。なんせ数千年、人間が頑張ってもまだその先があるのだから。AIがその先を見せてくれたわけだが、これは面白い事になるんじゃないかなと。

一部では悲観的かもしれないが、人間が今度はAlphaGoの棋譜を勉強することでさらなる向上が見込める。人類は一度は敗北したが、それは完全な負けではない。ここからAlphaGoに勝てる人間の棋士がそのうち登場すると思っている。それが人の進化だと信じているからだ。

そういった意味で今後、AI技術の進歩によって管理人はインターネットの登場、スマホといった革命を超える新しい産業革命が起きるのではないかと。それがAI革命だと思われる。今回の記事はその予想である。

翻訳者→2024年、トラック運転手→2027年、小説家→2049年、外科医→2053年に置き換えられるという。

翻訳者は2024年というのはかなりもうすぐだな。これで韓国ニュースをいつでも引っ張って来れる。トラック運転手というのは車の自動運転化のことだろう。それが後10年後らしい。次に小説家が2049年。

後、32年あるわけだが、管理人が死ぬ前にこのサイトをAIが自動運営する時代が来るんだろうか。後、32年は生きなければいけないな。32年後には管理人がAIになってるとか、一体どんなSFな話なんだと思うかも知れないが、そういう時代がやって来つつあるということだ。

でも、好きな作家の小説をいくらでも読めるようになるなら、死んだ作家が考えていた続きを読めるということになる。オリジナルかどうかは難しいが、それがほぼ文章体がそっくりなら凄いんじゃないか。少なくともこんな面白い未来があるなら、32年待っても良いと思う。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

【AI】人工知能が人類を超える日が明らかに 翻訳者→2024年、トラック運転手→2027年、小説家→2049年、外科医→2053年に置き換え

英オックスフォード大学人類未来研究所(Future of Humanity Institute)と米イェール大学の政治学部は、人工知能が人類の頭脳の可能性を超える日を評価した。論文は論文アーカイヴサイト「ArXiv」のプレプリントサーヴァーに公開された。

研究チームによると、人工知能は人類の文書翻訳能力を2024年に、トラック運転手を2027年までに、フィクション作家を2049年、外科医を2053年に追い越す。

人工知能が45年後に人類を置き換える確率を、チームは5割だと見ている。

研究結果は人工知能分野における専門家350人以上を対象にした世界的な調査に依拠している。

これより前、著名な英国の科学者、スティーブン・ホーキング氏は人工知能は将来的に人類を破壊する原因になる可能性があると述べた。

(https://jp.sputniknews.com/science/201706023706098/)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

キジトラ (@guest_6208)
2017年6月4日 2:27 PM

ターミネーターの世界が直ぐ其処に、ちよっと怖いな。

たろう (@guest_6209)
2017年6月4日 3:53 PM
Reply to  キジトラ

昔々、計算尺やそろばんで計算して生活していた人がたくさんいましたが、これが電卓やパソコンに代わっていってこのような仕事はなくなりました。でも今は、もっと複雑なことをする人が増えてきて、一部では人手不足です。
今までの仕事にこだわらず、新しいことに朝鮮(おっと違った、挑戦)していけば楽しい毎日ですよ。