韓国経済、韓国の鉄鋼輸入、中国産は増えて日本産は減少

韓国経済、韓国の鉄鋼輸入、中国産は増えて日本産は減少

記事要約:韓国の鉄鋼輸入で日本産は減少して、中国産の輸入が増えているようだ。これは中国企業が鉄鋼分野でも薄利多売商法を行っているため。そのため、中国企業によって鉄鋼価格は大幅に引き下げられた。

しかも、中国経済が失速するにつれて、鉄鋼需要は大幅に減少。さらに鉄鋼価格は下げられてしまう。これではポスコも息しない。鉄鋼分野では本当に中国企業が上位へランクインしているので、この先、日本の新日鐵住金も厳しい競争を迫られる。

もっとも、中国の鉄鋼メーカーにそれほど優れた技術があるわけではない。そういった意味ではまだ大丈夫だが、技術は流出することが良くある。くれぐれも気をつけて頂きたい。個人的に経営再建中のシャープの技術が守られるのかが不安だが。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国の鉄鋼輸入、中国産は増えて日本産は減少

昨年、韓国鉄鋼材の全体輸入量が減少するなか、中国産鉄鋼材輸入は増えたことが分かった。

韓国鉄鋼協会が12日に発表した鉄鋼材輸入動向資料によると、昨年の韓国の鉄鋼材輸入量は2206万トンで2014年比3%減となった。

一方で、中国産は1373万トンで前年比2.4%増加した。同じ期間、日本産鉄鋼材は660万トンで9.7%減少した。日本産鉄鋼材 輸入が減少した原因は現地での鉄鋼材生産が減ったためと分析される。

日本鉄鋼連盟が集計した日本鉄鋼メーカーの昨年11月までの累積粗鋼生産量は前年同期 比5%減の9656万トンにとどまっている。

中国産鉄鋼材は持続的な低価格攻勢を通じて韓国輸入量をのばした。昨年1月に1トン=644ドルで取り引きされていた中国産鉄鋼材価格は年末には457ドルまで落ちた。これは世界平均の1トン=577ドルに比べて120ドル低い。

(http://japanese.joins.com/article/717/210717.html?servcode=300&sectcode=300)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types