韓国経済、〔朝鮮半島有事〕米軍第7艦隊管轄海域 空母3隻態勢に 北朝鮮への圧力強化か

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕米軍第7艦隊管轄海域 空母3隻態勢に 北朝鮮への圧力強化か

記事要約:米国が朝鮮半島有事に向けて着々と準備を進めていることがわかった。この前、北朝鮮への圧力のために空母を展開したわけだがあくまでも一時的なものだった。だが、今度は同時に3隻態勢を維持することが可能となる。

もっとも、トランプ大統領が11月の上旬~中旬にかけて、アジア来訪をするわけなので、その防衛も含まれているのだろう。米国に何かを仕掛ければ速攻、空母が動くと。北朝鮮が韓国訪問中のトランプ大統領を暗殺でも企てれば、朝鮮半島そのものが消滅する事態になると。北朝鮮がトランプ大統領のアジア来訪に向けて、何かしら仕掛けてくる可能性もある。核実験など強行すれば、空母3隻がトランプ大統領の述べた「炎と怒り」を体現するだろう。

>アメリカ軍は、北朝鮮情勢への対応に当たっている第7艦隊の管轄海域に、空母「セオドア・ルーズベルト」に続いて「ニミッツ」が入ったと発表し、西太平洋からインド洋で活動する空母は、「ロナルド・レーガン」も含めて3隻となりました。

空母3隻とか、もう、これだけで北を滅ぼす戦力は十分、あるんじゃないか。1隻だけでは心許ないが3隻あれば1隻、補給用や後方支援としても、数ヶ月は楽勝だろう。もっとも、アメリカが動けば短期決戦になると思われる。ASEANでも中国とロシアの反対で北朝鮮への圧力を強める声明は出せなかった。トランプ大統領がアジア来訪でどこまで他国からの協力を得るかが有事の鍵となる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~240回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕米軍第7艦隊管轄海域 空母3隻態勢に 北朝鮮への圧力強化か

アメリカ軍は、北朝鮮情勢への対応に当たっている第7艦隊の管轄海域に、空母「セオドア・ルーズベルト」に続いて「ニミッツ」が入ったと発表し、西太平洋からインド洋で活動する空母は、「ロナルド・レーガン」も含めて3隻となりました。

アメリカ軍は25日、空母「ニミッツ」と5隻のミサイル駆逐艦などからなる第11空母打撃群が、中東での任務を終えてインド洋周辺の第7艦隊の管轄海域に入ったと発表しました。

第7艦隊は、横須賀基地を拠点に西太平洋からインド洋を管轄していて、アメリカ軍は24日、空母「セオドア・ルーズベルト」が西太平洋の第7艦隊の管轄海域に入ったと発表したばかりでした。

北朝鮮情勢への対応に当たっている第7艦隊では、空母「ロナルド・レーガン」が現在、朝鮮半島周辺で活動していて、第7艦隊の管轄海域に3隻の空母が同時に展開していることになります。

第7艦隊は、空母「ニミッツ」の今後の活動について、「管轄海域を通じ作戦への支援に備えることになる」としていますが、具体的な計画については明らかにしていません。

アメリカ軍は、ことし6月、空母2隻を日本海に投入し、軍事演習を実施したことがありますが、今後、空母の動かし方によっては3隻を朝鮮半島周辺に展開させることも可能になると見られ、来月上旬のトランプ大統領によるアジア歴訪に向けて、北朝鮮への圧力を強める狙いもありそうです。

(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171025/k10011197491000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

Apple Payper (@guest_8347)
2017年10月26日 1:02 PM

北朝鮮では近年石炭エネルギーの民間への供給がほぼ途絶し、森林を伐採しエネルギーに転換している様で森林の面積が急激に縮小しています。
地下に基地を隠すにせよ禿山が増え続けては隠すにも限度があるでしょう。
先日から公開されたB-2からの30000lbのGBU-57バンカーバスター投下の映像が公開されました。
又グアムや日本、韓国の米軍基地や太平洋艦隊などから約800〜1000機前後の作戦機がアメリカ単独で転換されるでしょうが、ミサイル駆逐艦らや航空機による対地ミサイルの飽和攻撃に向けた下準備が進んでる様ですね。

酔って候 (@guest_8354)
2017年10月26日 7:21 PM

日本政府も、将来の安全保障を見据えて、手を打っているようです。

米豪印と戦略対話、河野外相 4カ国で自由貿易推進
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22692990V21C17A0000000/
>  河野氏は戦略対話の実現に向けて具体的な協議に入っている。8月にマニラでティラーソン米国務長官、オーストラリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

河野外相のこの動きは期待出来ますね。やっぱり自民党勝利で良かったとつくづく思います。

ss65 (@guest_8357)
2017年10月26日 8:44 PM

最近 y基地が静かでなー、戦闘機とA10が来ない、いつも空母が来ると艦載機が分散して飛んで来るんだが、ないんだよな~、俺の予想だとF16が対地攻撃機でF18が対空と見てるんだが、来ない、来ない、こなあ~い~!、なんで?
米軍の戦闘機での攻撃はない、だな、回数は読んでる、一回ではないし規模も俺が思ってるより小規模、恐らく重点ポイントのみだな、ま~領土争いの戦闘では米は手を出さないだろうからな。。。