韓国経済、国交正常化まで、韓国は日本漁船を拿捕し日本人4000人を抑留・・・収容所で凄惨な仕打ち

韓国経済、国交正常化まで、韓国は日本漁船を拿捕し日本人4000人を抑留・・・収容所で凄惨な仕打ち

記事要約:世の中に毎日、莫大な情報が蓄積されていくわけだが、そのほとんどは忘れても良い記憶である。しかし、韓国が日本に国交正常化まで、漁師にしてきたことは決して忘れてはいけないし、日本人なら是非とも、理解しておいたほうがいいだろう。韓国人がやったことは差別なんて言葉では語れない。韓国人の残虐性はこれだけでもよくわかる。

日本では知られていない記憶。管理人は産経新聞の報道か何かで読んだことはある。竹島を奪われたことも許せることではないが、それ以前に日本の漁師を奴隷以下の存在に扱ったことは絶対に許せるものではない。

しかも、そんな漁師の遺恨を奪われた竹島の地で日本人が清めることすら出来ない。祈る行為は宗教的なものだというが、管理人は「祈り」は人間が他社の存在を認識した時に出来たものだと考えている。祈るとはもっと原始的なもの。祈っただけで何かが良くなるわけでもない。だが、無念に死んでいった日本人漁師に祈らずにはいられない。

だが、これで1つわかっただろう。自衛隊もない時代に、韓国が好き勝手にやってきたことが。平和9条とか述べているが、当時、自衛隊があればこのような好き勝手は出来なかった。そういった意味では守る力を持とうとしないのは、結局、他国に蹂躙されるだけ。平和が良いというが、平和とは守る力がなければ成り立たない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、国交正常化まで、韓国は日本漁船を拿捕し日本人4000人を抑留・・・収容所で凄惨な仕打ち

1950年代初頭から1965年の日韓国交正常化まで、日本近海では韓国による日本漁船の拿捕が相次いだ。韓国に抑留された日本人船員はおよそ4000人。彼らには収容所での凄惨な仕打ちが待っていた。ほとんど伝えられることのなかった彼らの声を紹介する。

1952年1月18日、韓国初代大統領・李承晩は突如、日本海と東シナ海の公海上に海域線を設置すると宣言した。俗にいう「李承晩ライン(李ライン)」(※注)が国際法無視の暴挙であるのは明白だが、韓国は島根県・竹島を一方的にライン内に取り込むと、島と周辺海域の実効支配に乗り出したのである。

【注/李承晩の「海洋主権宣言」によって制定。韓国はこの域内の水産資源や鉱物に対する国家主権行使を宣言した】

李ラインが設定された当時、日本の海上保安庁には重武装した韓国警備艇に対抗する船舶がなく(海上自衛隊創設は1954年7月)、有効な対策が取れずにいた。そうした状況下で発生したのが「第一大邦丸」事件だ。1953年2月4日、福岡の漁船「第一大邦丸」は僚船「第二大邦丸」とともに韓国・済州島沖で操業中、突如、韓国警備艇の急襲を受けた。

韓国側の銃撃によって、漁労長(漁の指揮官)の瀬戸重次郎氏が頭部に被弾し死亡。両船舶は拿捕され、船員18名が済州島に連行された。

後の第15回国会「水産・法務・外務連合委員会」(1953年2月28日)で船長の浜行治氏が明かしたところによると、拿捕直後、瀬戸漁労長にはまだ息があった。浜行船長らは韓国当局者に治療を懇願したが、適切な処置が施されないまま放置され、瀬戸漁労長は間もなく絶命したという。

その後、船員たちは現地の防空団詰所に監禁された。4畳ほどの部屋に押し込められた船員たちには食糧も与えられず、船に残されたわずかな食糧で命をつないだという。漁船に残された船員の私物や金目の装備品はすべて持ち去られ、約38トンの漁獲物も韓国警察に押収された。

両船舶の乗組員は、米軍の働き掛けもあり事件から約2週間後に釈放されたが、抑留が数か月から数年の長期に及ぶケースも少なくなかった。

1952年9月に韓国巡視艇の砲撃を受け、拿捕された第28海鳳丸船長の久保田伴良氏は、2か月半に及んだ凄惨な抑留生活を国会で次のように証言している。

「収容中の状況は非常に苦しかった。留置場は1部屋4畳半くらい。多いときは1部屋10人もおり、部屋は超満員になって寝ることもできませんでした。食事は丸麦1合くらいを1日2食、おかずは大根の葉っぱの塩漬を毎日毎日、73日間も食わせられた。栄養失調になり20日間くらい入院した者もいました」

久保田氏ら船員4名はその後、漁業法違反などの罪で韓国側に起訴されたが、取り調べや裁判は一方的、かつ形式的なものに過ぎなかった。

「調書の内容が自分の答えた通りではないので署名を拒否すると、刑事は腰の銃に手を当てて『署名しろ』と言う。刑事らは一方的に調書を作り上げ、『豚箱に放り込む』と言って船員を脅迫していたのであります」(久保田氏証言)

罰金刑を言い渡された久保田氏らは「上訴しても一方的に処理されるので意味がない」と判断し、判決を受け入れ解放された。このようにして、韓国は日本漁船を片っ端から拿捕し、船員の身柄を拘束。漁業法違反や出入国管理法違反などを理由に船員を裁き、刑務所送りにしたのである。

(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150625-00000017-pseven-kr)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

いぬしろ (@guest_1049)
2015年6月28日 12:13 PM

一番の敵は、中韓の蛮行を一切報道しない「マスゴミ」ですね。

特ア人の「やりたい放題」を正確に国民に伝え、彼らへの「配慮」など逆効果だという事を知らしめましょう。

そして、報道規制(特ア人に対する非難禁止)解除や在日の匿名・特別永住権廃止を進めなければいけません。

 (@guest_1050)
2015年6月28日 2:59 PM

同感です。まず、韓国こそ謝罪すべきです。また、朝日をはじめとしてマスコミもおかしいと思います。
国会では集団的自衛権の行使でもめていますが、民主党は反対なら自分たちならこのようにして日本を守るということを出すべきです。国の最大の役割は、国民の生命や財産を守ることです。

しげさん (@guest_1051)
2015年6月29日 6:24 AM

本来、国防とは主権ある独立国なら当然にやるべきことであって、議論になるほうがおかしいんですけどね。
憲法9条を守ろう、なんて示威行動をしている人たち、自分たちのやってること分かってるんでしょうか?デモをして集団で圧力をかけて、いよいよとなったら暴力も辞さないぞ、て態度を見せつけること、それって武力による抑止じゃないですか?実は護憲派こそが憲法9条の精神に反したことをしてるんですよ。

なすび (@guest_1053)
2015年7月3日 2:15 PM

国破れて9条あり…意味ないだろ