「2016年10月危機」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、トランプ氏当選、中露は「歓迎」 日本は「パニック」

韓国経済、トランプ氏当選、中露は「歓迎」 日本は「パニック」

記事要約:このトランプ氏当選の中露歓迎、日本は「パニック」とかいう朝鮮日報の的外れの記事が相当滑稽である。まず、管理人は昨日から保守主義の台頭と述べているのにそれで1番ダメージ受けるのは日本より、中国と韓国だろうに。なぜなら、貿易依存率高いからだ。

確かに日本の輸出企業も米国へ輸出するときにダメージを食うが、日本は何も貿易だけで食べているわけでもない。日本はこれから内需を増やせばいいだけであって、米国の輸入品が高くなれば別の国から輸入すれば良いだけのことである。何も米国だけが輸出対象でもあるまい。後、TPPで米国が抜けたて問題はない。なぜなら、元々TPPは米国が造ったわけじゃないのだ。むしろ、米国がいると邪魔なんだよな。それが抜けてくれるなら凄くありがたいじゃないか。

後、韓国は確実に「米韓FTA」も見直されるという現実に気付いてるんだろうか。韓国は履行していないそうだが、それがトランプ次期大統領に許されるとは思えないがな。確かにトランプ氏の暴言は酷いものだった。でも、何でメキシコの壁を造るという途方もないアイデアが支持されているかを韓国メディアは気付いているのか。

米国ではメキシコから来る大麻や覚醒剤といったものが大量に流出している。メキシコという国はもう警察も手に負えないほど犯罪組織が強くなっており、麻薬が米国に運び込まれたり、ギャングの抗争が絶えない。それらの危機意識を持ったトランプ氏の発言がメキシコに壁を造るということだ。つまり、不法移民、麻薬の流出の阻止である。そして、国境近くの人はそんな誰もが馬鹿げていると思う政策でも支持したのだ。それだけメキシコからやってくる負の遺産が生活を脅かしているのだ。

そんな状態だからこそ保守主義が台頭するのだ。だから、トランプ次期大統領は米国の国益をしっかりと考えて動く大統領だと思われる。発言が失言として捉えられることはこの先もあるとは思うが、そこにはきっとメディアではわからない多くの人にとっては重要なのだろう。メディアのきれいごとでは処理できないのが米国の問題なのだ。

管理人だってイスラムの人々への差別的な発言は酷いとは思う。しかし、イスラム過激派がテロを起こしているのも事実だ。今回の選挙は建前と本音が乖離が非常に大きかったのではないか。メディアがいくらきれいごとを述べても現実は良くなっていない。生活は豊かになっていない。なら、何が悪いのか原点を多くのアメリカ人は探したのだ。それはきれいごというメディアが批判すれば、米国人がまとまるという幻想のぶちこわしだった。

我々は米国人ではない。彼らの生活をしている体験しているわけではない。でも、隠れトランプ支持がこれだけあったのは今の現状に不安と恐怖を抱いたアメリカ人が多かったてことだ。それを受け入れる、受け入れないかなんて問題ではない。この先、4年、8年はトランプ政権であって共和党が与党なのだ。それを受け入れるしかないのだ。

先ほど、米韓FTAについて語ったが、さらに突っ込んでおくと韓国の輸出は非常に大打撃を受ける。それを意味するのはこれだ。

snapcrab_noname_2016-11-10_6-40-44_no-00

これはいつも見ているサムスン電子の株価である。昨日、-2.9%ほど下がった。これはトランプ氏が優勢になってからだ。これでわかることは保守主義はサムスン電子の米国販売を減少させるだろうという投資家の予想である。管理人もそう思う。そして、これは別にサムスン電子だけじゃないのだ。

snapcrab_noname_2016-11-10_6-55-10_no-00

現代自動車とか、LG電子とか、それらの韓国の主要な輸出企業が米国販売は高い関税でもかけられて萎縮してしまうわけだ。そもそも、サムスン電子は爆弾スマホの原因糾明もできずにこのまま米国で新スマホを販売できるとでも?それは甘いんじゃないか。

トランプ大統領の誕生で、1番、恐怖を抱いているのは日本ではなく、どう考えても韓国なんだよな。そもそも日本の左翼が全員、意味不明な発言している時点で、トランプ大統領は優秀かもしれないという期待をさせてくれる。別に日本にとってどうとかではない。

フィリピンのドゥテルテ大統領もそうだが、国と国民のために政治をするの本来の大統領の仕事なのだ。そりゃ、神権政治を行っていた韓国人には理解できないだろう。日本のために動くから良い大統領とかはただのレッテル貼り。一番大事なのは国民のために何かしてくれる大統領なのだ。だから、他国の人間の評価なんて別に気にしなくていいのだ。米国人にとって良い大統領ならそれでいい。

それに、米国は世界1の国家とかいわれて、世界の警察を演じ続けてきた。しかし、それが米国の国益になっていたかという疑問をアメリカ人は感じた.そもそも、今は米国が全ての問題を解決する力があるかすらわからない。でも、歴史は動いたのだ。管理人は全ての米国人の国益のために動けるトランプ次期大統領であることを願うばかりだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、トランプ氏当選、中露は「歓迎」 日本は「パニック」

中国紙「米国版の文化大革命」
日本メディア「安倍首相の政策にとって試練」

米大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ氏が予想外の勝利を収めたことについて、欧州・アジアの各国はさまざまな反応を見せた。米国の「アジア回帰」を訴えていたヒラリー・クリントン氏(民主党)に対する反感が強かった中国とロシアは、トランプ氏の当選を歓迎するムードだが、クリントン氏の当選を期待していた日本は「パニック」状態に陥った。

中国国営メディア「環球時報」は9日、電子版の緊急社説で、トランプの勝利が米国の政治に大きな衝撃を与えたことを伝え、今回の選挙を「政治反乱」かつ「米国版文化大革命」だと指摘した。環球時報は「米国の主要メディアは中立と客観ということを忘れ、有権者を誤った方向に導いたため、大衆の思いをきちんと反映することができなかった」とも書いた。同紙はトランプ氏の対外政策について「不確実性が最も高い分野」だとして「選挙戦中の発言などから考えると、米中関係は今後、地政学的対決よりも経済的利益をめぐる摩擦に変化するだろう」との見方を示した。

中国のネットユーザーもトランプ氏当選については歓迎一色で、「悪いクリントンよりも、ほら吹きトランプの方がずっとましだ」「新しいパパとしてトランプを迎えることになった日本と韓国をお祝したい」などの書き込みが見られた。

一方で日本の反応は「ショック」そのものだった。フジテレビは「日本が『トランプショック』につつまれている」として「財務省と日本銀行が緊急会合を開いた」と報じた。

菅義偉官房長官はこの日「誰が米国大統領になっても日米はアジアの平和と繁栄のために緊密に協力していく」と強調した。しかし、トランプ氏が環太平洋経済連携協定(TPP)に反対していることについて問われると「オバマ大統領が(トランプ氏の大統領就任前に)議会承認を得るために全力で取り組むと承知している」と述べた。日本の各メディアは「トランプ氏当選で安倍晋三首相の三つの主要政策が全て試練に直面している」として「米国が在日米軍の駐留費用のさらなる負担を求めて日本を圧迫する可能性が高い」との見方を示した。

今回の選挙期間中、トランプ氏に友好的な反応を示していたロシアは、今後の米露関係がやや改善するのではないかとの期待感を示した。

東京= 金秀恵(キム・スヘ)特派員 , 北京= 李吉星(イ・ギルソン)特派員

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/09/2016110903243.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、アジア安定へ日米同盟強化=安倍首相、トランプ氏に祝意

韓国経済、アジア安定へ日米同盟強化=安倍首相、トランプ氏に祝意

記事要約:読者様は管理人がグローバル社会への移行、TwitterやFacebookといったSNSの普及が実は保守主義を生み出していくというメディアとまったく真逆の指摘をしたことは覚えているだろうか。今回の米国大統領選挙もメディアの予想を覆すトランプ氏の大勝利となって終わった。そして、トランプ氏は明らかに保守主義を訴えて勝った。

今まで民主党や共和党などのどちらの陣営からも相手にされていなかった郊外に住む人々や農業を営む人々に参加を呼びかけた。忘れられた人々に声をかけた。その声はSNSを通じて拡散された。今までに投票に数えられてなかった隠れ票がトランプ氏のもとへと集まった。

そこにあるのはメディアのいうきれい事ではない。トランプ氏の暴言や過去の猥褻行為をひたすら取り上げて支持を落とそうとメディアは必死だった。しかし、本当に大事なのは彼の言動ではなく、何かを変えてくれるかもしれないという可能性と期待だったのだ。そこをメディアは読み違えた。

自分たちが豊かになりたい、自分たちの国を豊かにしてくれる大統領を選ぼうとしていた。それは明確な保守主義であった。そう、世界は人々が簡単に情報共有できるようになって自分たちの国をさらに意識したことによって、自分たちの国を悪くする問題が実は移民や貿易にあったことをアメリカ人は気付いた。

リベラルなんていう時代は既に過ぎ去ったのだ。米国でもついに保守主義が台頭した。そして、それはメディアの終焉を意味する。メディアがどれだけネガキャンしようが、トランプ氏の口が悪かろうが批判している声が大きい以上に、他の有権者に耳へと届いたのだ。批判が必ずしも効果があるとは限らないわけだ。

イギリスのEU離脱。保守主義のトランプ大統領の誕生。それは世界のメディアがグローバル化の未来を勘違いしていたことに他ならない。メディアの世論調査があてにならなかったことも証明された。結局、周りに回って自分たちの国をよくしたい。自分たちの国を強くしたい。そういった保守主義が世界を変えていくわけだ。もちろん、日本でもそのような変動は起こりつつある。メディアは求心力を確実に失っている。

さて、このサイトは韓国経済について語るサイトなので、管理人の今後の予想について簡単に触れると韓国はこれからウォン安と進んでいくだろう。既に1153ウォンまで下がってるて?大丈夫だ。これからだ。

何しろ、今の韓国ではトランプ氏がどうとか述べてる場合でもなく、朴槿恵大統領が祝辞を贈ることさえできないからな。何しろ、韓国人はトランプ氏が大嫌いだ。もし、朴槿恵大統領が祝辞なんて贈れば当然、批判が集中するからな。何を述べるにも今の状態は難しい。そして、もう一つ面白いのがTHAAD配備の撤回がこれでなくなったてことだ。

クリントン氏なら撤回しても、最悪の影響はなかっただろうが、トランプ氏なら速攻、韓国から米兵を引き揚げる可能性が高い。そもそも、トランプ氏はベトナム戦争で韓国がやったことを退役軍人さんに色々教えてもらっているそうだしな。いやあ、大事に扱ってもらえるんじゃないか。

頑張って米国に尻尾を振らないと見捨てられるわけだ。でも、米国に尻尾を振れば中国からますます経済制裁を受けることになる。管理人は中国みたいな独裁国家より、保守主義に走った米国の方がどう見ても怖いので韓国は既に正念場を迎えている。一刻も速くトランプ陣営に接触したいのにそれができない韓国。致命的な遅れになるのは確実だろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

国経済、アジア安定へ日米同盟強化=安倍首相、トランプ氏に祝意

安倍晋三首相は9日、米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したことを受け、同氏に祝意を伝えるメッセージを送った。

首相は「日米同盟の絆を一層強固にするとともに、アジア太平洋地域の平和と繁栄を確保するため、日米両国で主導的役割を果たしていくことを心から楽しみにしている」と呼び掛けた。

首相は日米同盟について「国際社会が直面する課題に互いに協力して貢献していく『希望の同盟』だ」と指摘。「トランプ次期大統領と手を携え、世界の直面する諸課題に共に取り組んでいきたい」と表明した。

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000110-jij-pol)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、中国の男、「Galaxy Note7」盗むも転売する前に発火 日経平均、サムスン電子株は急落

韓国経済、中国の男、「Galaxy Note7」盗むも転売する前に発火

記事要約:アメリカ大統領選挙で忙しいのにこれを見た瞬間、思わずお茶を吹きそうになったじゃないか。何ですか。このコントみたいな展開は。どこから突っ込めばいいのか。

まず、中国人が爆発機能付きのスマホ「ギャラクシーノート7」を盗んだそうだ。そして、さっそく転売しようとしたら、その前に発火という。そして、防犯カメラの映像から盗んだ男を逮捕して、スマホを回収しようとしたら宅の屋上から端末の残骸を発見したそうだ。てか、爆弾なんて盗むなよ。しかし、このオチには笑うしかない。

>男は警察に対し、「Note7は盗んでから2日もたたないうちにどういうわけか発火した。売りに出す時間すらなかった」と供述。

男も意味不明だっただろうな。でも、そういうもんなんだ。よくわからないけど発火するのがサムスンクオリティー。でも、売る前に発火して良かったな。居眠りして盗まれたのは間抜けだが、二日後に火傷していたかもしれないしな。ああ、そうだ。サムスン電子株を見ておくか。

snapcrab_noname_2016-11-9_11-44-14_no-00

トランプ陣営がテキサス州を取ったことでサムスン電子株が一気に下降している。韓国人にとってトランプ大統領候補の支持率は7%。できればクリントン氏に勝って欲しいということだろうが、今のところ、優勢なのはトランプ氏である。

snapcrab_noname_2016-11-9_11-46-19_no-00

日経平均株価もこの下がりよう。ー429円も下がっている。つまり、市場も阿鼻叫喚らしい。日本人の支持率12%だったものな。これはトランプショックが起きるかも知れない。

snapcrab_noname_2016-11-9_11-48-31_no-00

逆にウォンはこの下がりよう。日本の円とはまったく逆の動きである。

snapcrab_noname_2016-11-9_11-49-15_no-00

円も120円台とどんどん上がってきている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、中国の男、「Galaxy Note7」盗むも転売する前に発火

016年11月9日、韓国サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy Note7」がバッテリー発火問題を受け完全な生産終了となる中、中国安徽省合肥市で先月、盗まれたNote7が、犯人が転売する前に発火するという出来事があった。澎湃新聞が伝えた。

逮捕されたのは、実家のある同省の淮南市から合肥市に来て職探しをしていた19歳の男。

先月9日、知人から「インターネットカフェでテーブルの上にスマホを置いたまま居眠りしている人がいる」という話を聞き、同店に出向いてNote7を奪い、この知人の家に身を寄せていた。だが数日後、店内の防犯カメラの映像から特定され、警察に逮捕された。

男は警察に対し、「Note7は盗んでから2日もたたないうちにどういうわけか発火した。売りに出す時間すらなかった」と供述。

警察は住宅の屋上から端末の残骸を発見した。

2016年11月9日(水) 11時20分

(http://www.recordchina.co.jp/a154625.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、「韓国経済、危機レベル…非常対応体制に」

韓国経済、「韓国経済、危機レベル…非常対応体制に」

記事要約:韓国の朴槿恵大統領による神権政治からの抗議デモで韓国は大いに揺さぶられているわけだが、韓国経済もかなり順調に崩壊へ進んでいる。しかも、その危機を隠そうともしないで、任鍾龍(イム・ジョンリョン)金融委員長は24時間監視態勢でモニタリングとか。いつでも為替介入してやるという強い意気込みを感じている。

わりと2歩ぐらい進んだ発言なのだが、米国大統領選挙もあって韓国も気が気でないということだろう。昨日のウォンとKOSPIを確認しておこう。

snapcrab_noname_2016-11-9_7-31-12_no-00 snapcrab_noname_2016-11-9_7-31-29_no-00

まず、昨日のウォンだが朝開幕はウォンが売られていた。しかし、時間経過と共にウォンが買われて採取的には1134ウォン。日本とは逆な感じとなっている。でも、管理人はこれ介入だと思うんだよな。今日はウォン安になりそうだから先に手を打っておいた。そして、KOSPIの方も段々下がっているのに最後は無理矢理、2000台に戻してきた。

任鍾龍(イム・ジョンリョン)金融委員長は経済と金融市場を薄氷を踏むように非常に危険」という意味の「如履薄氷」の言葉で表現して先手を打ってきたようだ。だが、管理人は薄い氷なんて甘いと思う。氷じゃない。あらゆる場所で地雷が埋められた「地雷原」だ。

地雷原を数歩歩くだけで爆発する。金属探知機で調べるとそこら中から地雷の反応がする。1歩1歩、地雷を除去していかなければいけない大変な状況だが、地雷を撤去するにもドルがいるという状態。介入資金は足りるのか。まだ大統領選挙も終わっていない。もうすぐ投票が締め切られて速い州だと開票が始まるようだ。

その地雷原を潜り抜けても政権崩壊が待ったなしなので、その先に見えるのは底なし沼が至る所に点在する沼地である。いつになれば平坦な道へと突き進むのか。でも、管理人はそんな朴槿恵大統領と韓国経済を応援しているのだ。

これからの経済危機をどのように乗り越えていくのか。管理人は2020年までは何とか頑張ってもらわないと予想が外れるからな。さすがに朴槿恵政権崩壊とか予想してない事態があったといっても、それはそれだ。予想したことに変わりはないからな。

昨日、管理人は久しぶりに魔方陣グルグルのアニメのED曲「風にあそばれて」を聴いた。管理人はあの歌が好きだったのでこの言葉を贈ろう。

「どうにもならない今日だけど、平坦な道じゃきっとつまらない 君と生きてく明日だから 這い上がるぐらいでちょうどいい」

これ今の韓国の朴槿恵大統領と韓国経済状態を端的に現していて実に興味深い。今日は「朴槿恵政権」「韓国経済」、「君」というのが朴槿恵大統領だと思うと涙が出るほど笑えてくる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

経済副首相兼企画財政部長官に指名された任鍾龍(イム・ジョンリョン)金融委員長が7日現在の経済状況を危機水準と認識し、非常対応体制に入ると明らかにした。

任委員長はこの日、金融市場状況点検会議を開き、崔順実(チェ・スンシル)国政介入事件、不確実な米大統領選挙などで揺れる韓国経済と金融市場を「薄氷を踏むように非常に危険」という意味の「如履薄氷」という言葉で表現し、「分野別に先制対応していこう」と伝えた。

続いて「企画財政部、韓国銀行(韓銀)など関係機関と情報共有など協力を強化し、すべての国内外の金融市場状況を24時間モニタリングする」とし「必要に応じて市場安定化措置を速やかに取る」と話した。任委員長は「為替市場の急激な動きに対しても市場安定をための努力を強化する」と述べた。

(http://japanese.joins.com/article/411/222411.html?servcode=300&sectcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【予想通り】朴大統領、今月のAPEC首脳会議に出席せず 韓国首脳の欠席は史上初

韓国経済、【予想通り】朴大統領、今月のAPEC首脳会議に出席せず 韓国首脳の欠席は史上初

記事要約:政権崩壊中の韓国の朴槿恵大統領が今月に開催されるAPEC首脳会議に出席しないことがわかった。そりゃもう「首脳」じゃないものな。ただのお飾りだからな。これについては多くの日本人が予想通りだったわけだが、ここでも韓国の無駄なプライドが出ている。

>【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は8日の定例会見で、18~19日にペルーで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議について、「北の5回目の核実験など、朝鮮半島の安全保障状況が厳しく、今年は大統領が出席しない方針を9月に決めた」と明らかにした。

何と北朝鮮のせいにして9月に出席しない方針を決めていたそうだ。大統領なんかが韓国にいても、いなくても既にただの飾りなのだからこの理由はかなり苦しい。APECに出席しないというのはそれはアジアから孤立するということだ。

もう、孤立しているのは見ての通りだが、どうやら国の体裁すら保てないらしい。韓国がいても、いなてくも、APECは滞りなく進むのだから問題はないのだが、わりと今まで頑張って出席していたこともあって、韓国にとっては痛い外交的な失敗になりそうだな。

でも、出ても批判されるだろうな、もちろん、出なくても批判される。こういうときは国益を考えれば出て、何も言わずに話だけでも聞いておくべきだが、そういった判断すらもはやできないようだ。家で大人しくしていようが事態の好転なんて望めない。

せいぜい、やれることはネット工作に勤しむためにバイトを増やすだけだ。でも、いくらバイトがネットの掲示板で朴槿恵大統領を応援しても、この支持率を覆すような力はまずない。このまま外交もできず、消えていくならさっさと辞任したほうがいいんじゃないか。韓国人の95%が大統領を辞めろという声があるのだ。

自分が逮捕されたくないといっても、もう逃げ場がないんだよな。このままずるずる何もしないまま時を過ごしても、世界からは置いて行かれる。抗議デモの規模は段々と大きくなっているし、このままではクーデターもあり得る。国益を考えるなら今すぐ辞めるべき。でも、管理人は続けて欲しい。朴槿恵大統領を応援しているからな。まだまだ反日カードが残っているじゃないか。これを使えば延命は可能だ。

まずは日韓慰安婦合意は全て占い師に洗脳されていたと主張し、日韓慰安婦合意の破棄を宣言する。そして、日本に改めて謝罪と賠償を要求するのだ。次に竹島への軍隊派遣して駐留と大統領自らが上陸。さらに対馬を領土宣言。これやれば1年ぐらいは持つだろう。後はパン君が引き継いでくれる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【予想通り】朴大統領、今月のAPEC首脳会議に出席せず 韓国首脳の欠席は史上初

朴大統領 APEC首脳会議に出席せず=韓国の欠席初めて
聯合ニュース 11/8(火) 16:52配信

昨年11月にフィリピンで開かれたAPEC首脳会議に出席した朴大統領=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は8日の定例会見で、18~19日にペルーで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議について、「北の5回目の核実験など、朝鮮半島の安全保障状況が厳しく、今年は大統領が出席しない方針を9月に決めた」と明らかにした。

APEC首脳会議が1993年に米国で初開催されて以来、韓国の首脳が欠席するのは初めて。外交部は朴大統領の親友の民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑が浮上する前に欠席することを決めていたと説明したが、一連の事態が外交にも影響を与えているとの見方も出ている。

趙報道官は会議の出席者は来週初めごろに発表されるとした。黄教安(ファン・ギョアン)首相が出席する可能性があるが、朴大統領が政局の混乱を収拾するため、与野党が推薦した人物を首相に任命する意向を示しており、最終的に誰が出席するかは不透明な状況だ。尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が出席する可能性もある。

一方、国連大使に起用された趙兌烈(チョ・テヨル)外交部第2次官の着任が遅れていることについては、「第2次官の後任の人選が進められており、確定し次第発表する」と述べた。同部の関係者は「国連安全保障理事会の対北制裁決議関連の協議がまとまる時期に合わせて(趙氏の着任時期が)決まると思う」との見通しを示した。

韓国と日本、中国の3カ国首脳会談については、「年内に開催することで共感を示しており、開催の日程を調整している」として、「(韓国は)関連準備を進めている」と述べた。

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000061-yonh-kr)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【な、なんだって・・・】「崔順実事件」でかつての大統領に再評価の動き、関連本はバカ売れ=韓国ネット「あんな人は2人といない」

韓国経済、【な、なんだって・・・】「崔順実事件」でかつての大統領に再評価の動き、関連本はバカ売れ=韓国ネット「あんな人は2人といない」

記事要約:韓国人は毎回、日本人を全力で笑わせてくる。神権政治の発覚からの抗議デモもそうだが、今回はあの大統領に再評価の動きがあるそうだ。その名はなんと「盧武鉉大統領」である。な、なんだって・・・、これを読んで管理人は目が点となった。

盧武鉉大統領といえば、韓国でワースト3に入る支持率の持ち主だ。その頃に造られた労働者にストライキ中でも賃金が発生するという謎法案で今でも多くの韓国企業が苦しんでいる。しかも、政策は北朝鮮寄りというか北のスパイであり、さらにいえば、日本の2chはそのあまりの韓国人ぶりにファンが多い。

しかも、韓国人が弾劾したんじゃないのか。なんだろうな。もう、頭が痛くなってきた。暗殺されたのか、自殺なのかはよくわからないが、なんでここで評価されるのが盧武鉉大統領なんだよ。これは日本でいえば、民主党の鳩山元総理クラスだぞ。まあ、言動を考えれば盧武鉉大統領の方が上かもしれない。

あの当時、管理人はそれほど2chチェックしていたわけではないし、それほど興味があったわけでもないので記録はうろ覚えなのだが、評価できるところてどこなんだろう。韓国人の本音と建て前を上手く使い分けていた?今みたいな反日一色ではなかった気がする。確かに面白い逸材だったとはおもう。コメディアンとしてはな。

>出版界はこうした動きについて、事件を受け朴大統領の文章や発言に関する能力が明らかになるにつれ、盧元大統領の卓越した文章力が再注目されつつあると分析している。

文章力が卓越していた?全然、覚えていないな。

>「あんな人は二人といない。当時の人々にとってはあまりに偉大な大統領だったよ」

思い出が美化されることは良くあるが、確かに盧武鉉大統領を超える逸材はいなかった。でも、朴槿恵大統領は超えたじゃないか。最低支持率、盧武鉉越えを見事にやってのけた。管理人は10年後ぐらいに朴槿恵大統領も再評価されてると思う。

>「人が住む世の中のためあんなに懸命に生きてくれていたのに…。今やここは犬や豚が住む世界になってしまった」

ええ?北朝鮮のスパイだったのに賢明に生きてくれた?

>「盧元大統領を無視し、軽蔑してしまったことをいくら後悔しても意味がない。今、僕らは罰を受けているんだ」

死んでからどうこういっても伝わらないからな。管理人は当時の自殺については悲しんだ。暗殺かどうかも疑われたが今では自殺ということになっている。罰を受けているのか知らないが、毎日、楽しませてくれているじゃないか。日本人の一部を。

>「国民の心の中の大統領があの方だけという現実が本当に残念だ。歴史においていつもそうだったように、奪われた我々の主権を取り戻さなければならない」

もはや、病気としかいいようがない。自分たちで弾劾しておいて、心の中の大統領があの方だけとか、どういう思考回路しているんだよ。韓国人て本当、謎だわ。何か悪い物でも国民が食べたのかとかさえ思えてくる。韓国人は一体何を大統領に求めているんだろうな。そして、求めているものが盧武鉉大統領に合ったとはまず思えないんだが・・・。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【な、なんだって・・・】「崔順実事件」でかつての大統領に再評価の動き、関連本はバカ売れ=韓国ネット「あんな人は2人といない」

2016年11月6日、韓国・国民日報などによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友をめぐる「崔順実(チェ・スンシル)事件」を受けて朴大統領の退陣を求める国民の声が強まる中、韓国ではかつての大統領の言動を見直す動きが出てきている。

民間人が深く関与していたという朴政権の驚きの実態に失望した人々が最も高く「再評価」しているのが、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領だ。書店大手・教保文庫によれば、先月24日から今月2日までの10日間、「大統領の物書き」という図書の販売が直前の10日間と比べなんと76.6倍に増えた。

同書は金大中(キム・デジュン)・盧武鉉両政府で大統領演説を担当してきた元秘書官が、2人の大統領から学んだ人を動かす文章の書き方を40ポイントにまとめたものだ。

14年2月発売以来の人気図書ではあるものの、朴大統領が崔容疑者に演説草稿の「添削」を受けていたと報じられた先月24日以降、まさに爆発的な人気となっている。

韓国最大のオンライン書店「イエス24」の6日までの週間ベストセラーを見ても、「大統領の物書き」は4位に、盧武鉉政権の元参与政府報道官による「大統領のスピーチ」(原題)が11位に急浮上、「大統領の物書き」はここ2週間で3万部が売れ、累計部数が10万部を超えたという。

出版界はこうした動きについて、事件を受け朴大統領の文章や発言に関する能力が明らかになるにつれ、盧元大統領の卓越した文章力が再注目されつつあると分析している。

この報道に韓国のネットユーザーからも、故人となった盧元大統領を懐かしむ声が多数寄せられている。

「なぜ逝ってしまったんですか?」
「心の中の永遠なる大統領、会いたいです」

「最近になってますます懐かしくなった」
「今ごろ大統領になってくれていたらよかったのに…」

「あんな人は二人といない。当時の人々にとってはあまりに偉大な大統領だったよ」
「高い塀の中に隠れることのなかった唯一の大統領だ。『大統領、出てきてください』と言えば、門の外に出て国民と握手し、あいさつを交わしてくださる方だった」

「人が住む世の中のためあんなに懸命に生きてくれていたのに…。今やここは犬や豚が住む世界になってしまった」
「盧元大統領を無視し、軽蔑してしまったことをいくら後悔しても意味がない。今、僕らは罰を受けているんだ」

「いなくなって初めて価値が分かるというのは本当だね」
「国民の心の中の大統領があの方だけという現実が本当に残念だ。歴史においていつもそうだったように、奪われた我々の主権を取り戻さなければならない」

Record china 配信日時:2016年11月8日(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a154430.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、安倍首相のダイヤモンド 400余年前の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)も明とインドまで征服しようという豊臣秀吉の野心によるものだった

韓国経済、安倍首相のダイヤモンド 400余年前の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)も明とインドまで征服しようという豊臣秀吉の野心によるものだった

記事要約:中国が明らかに軍事力を背景に領土拡大主張、遅れてきた帝国主義を振りかざすなら、それに対応するための「戦略」というものが必要となる。それが安倍総理が提唱した「ダイヤモンド構想」である。

ダイヤモンド構想については読者様は知っていると思うが簡単に説明しておくと。用は中国包囲網だ。参加する国をちょうど世界地図で見ていくとダイヤモンドのような菱形を描くのでダイヤモンド構想といわれている。日本、米国、豪州、インドを繋ぎその中に中国を封じ込める。これを提唱したのは2012年なのだが、今の状況を見れば実にその構想、外交戦略が必要であったことは痛感する。

この4年で中国の領土拡張野心は世界中に広まるほど明るみにされている。国際裁判所で訴えてもそれを守る気なんてさらさらなく、それでも真の国際法がどうとか言い出すのだから相当狂っている。しかし、それが中国のやり方である。

経済、軍事力を背景にAPECでの連携を潰そうとしてアジア各国を分割させようと工作している。東南アジアの国は中国の援助が欲しかったり、脅迫めいた行為に従うように動かされている。中々.中国包囲網を敷いてもそれを突破しようと必死に裏で外交を練っているわけだ。飴と鞭を使って。

外交もそうだが、軍事でも中国の国防費は年々右肩上がるに増え続けている。こうした中、日本も味方する国を集めてしっかりとした軍事同盟を締結して、この先に備える必要がある。残念ながら戦争はそのうち起こるだろう。起こらない方が良いわけだが、どう見てもきな臭い方向にしか世界は進んでいない。でも、それを黙って観察しているわけにも行かない。各国は自分たちの国を豊かにして、また生き残るために外交や安保を進めていくわけだ。

中国とは相成れない。それが日本の意思であることは明白。問題はどっちつかずの国をどうするかだ。特に「韓国」は一体どっちの味方なのかという。管理人は中国チームに参加してくれるほうが後ろから撃たれて裏切られるよりましだと思う。だから、このダイヤモンド構想には「韓国」は含まれてないのだ。それの通過点である軍事協定のGSOMIAを韓国は拒否しているからな。

>400余年前の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)も明とインドまで征服しようという豊臣秀吉の野心によるものだった。これより180年ほど前に7回も続いた中国「鄭和の大遠征」も現代版「真珠の首飾り」戦略と変わらない。

韓国メディアが日本の過去を持ち出す時はまず疑う。これが韓国メディアを読むときの必須条件。管理人は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で秀吉が朝鮮出兵したことは覚えている。インドまで占領しようとした野心はあったかもしれない。ただ、それだけではないことを解説しよう。

また、壬辰倭乱というのは自国中心史観なので、韓国以外では壬辰戦争と呼ばれている。でも、韓国では壬辰倭乱が一般的である。

■当時の国際情勢

この壬辰戦争の前に元寇(1274年、1281年)が起きていることは重要だ。当時の国際社会では侵略する、侵略されるといった危機意識が耐えず存在していた。日本の秀吉も元寇は知っていただろう。元寇によって対馬や壱岐では住民が虐殺されて、童女・童子を掠って奴婢にしたりもされた。秀吉はこのようなことを聞いていたなら、それは当然、自国の外交や防衛を考える。いつ攻めてくるかわからないからな。

問題はこの時代、明国より厄介な相手が侵略を魔の手にフィリピンを征服していたこと。それがスペインである。大航海時代を得てスペインとポルトガルが先にアジアへと到達して侵略の限り、そして、キリスト教の布教にやってきた。世界史から見るとスペインはフィリピンのマニラを1571年に征服している。文禄の役が1592年ということはそれの20年前である。その20年でアジアはほとんど欧米諸国によって植民地とされていく。

残った日本と明だけであった。秀吉が明国を征服しようと領土拡大に動いたのは明治維新と動機は似ている。秀吉にも野心はあっただろうが、当時にこのような危機意識が芽生えていたことは抑えておく必要がある。海外から侵略される恐怖は元寇辺りで日本は十分、味わった。

元々、天下統一前に既に秀吉は中国、当時は明に攻め込む構想があったようだ。その足がかりになったのが朝鮮出兵である。だから、秀吉の野心は否定しないが、当時の国際情勢は侵略しないと、侵略されるというものだった。その元凶がどこにあったかは古くは元寇であり、新しくはヨーロッパからの侵略者に対抗するための外交戦略だったわけだ。この辺は日本史の教科書ではほとんど出てこないので、秀吉がどうして朝鮮出兵を行って領土拡大しようとしたかが掴めない。何のことはない国防を意識していたのだ。

突然、現れた海の向こうのヨーロッパ人が世界の人々に何をしてきたか。武力で無理矢理従わせて、そこにあった香辛料などの特産物を使って莫大な利益を生み出した。征服された人々は奴隷として売られていった。この時代日本人は奴隷としていくつかの日本町を形成していたことを知っていると、それらの人々から情報を得て、秀吉が欧州人を快く思わないのは当たり前なのである。

キリスト教徒もそう。やってきたことは布教といいつつ、実は国家のスパイだからな。キリスト教をその国に布教させた後、軍隊を送り、その国を植民地化するのが西欧のやり方だった。そういった当時の常識を無視して現代の価値観でどうとか述べるからややこしくなる。韓国メディアはいつもこうなのだ。だらだら書くのは良いが、抑えておかないと勘違いする部分をまったく触れないことがあまりにも多い。

最後にキリシタン大名が日本人を奴隷として売っていたことを知れば秀吉がキリスト教を弾圧しようとしたかの背景が出てくる。フランシスコ・ザビエルはただの宣教師ではないということだ。彼を知れば当時のキリスト教徒がどれだけ腐っていたかがよくわかる。だからこそ、プロテスタントが生まれるわけだ。

ある時代を語るときに一方だけやったことを取りだしては誤解を生む。当時の状況を最低限知ることで秀吉がどう感じたかを少しは知ることになる。朝鮮出兵が行われた背景にあるのは野心だけではなく、国家の防衛だったのだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、安倍首相のダイヤモンド 400余年前の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)も明とインドまで征服しようという豊臣秀吉の野心によるものだった

 「南シナ海は北京の湖と化しているように見える。インド洋から太平洋に広がるダイヤモンド状の海域を守る戦略を描いている」。安倍首相が2012年12月末の2度目の執権当時に発表した外交安保設計図だ。安倍首相は日本-米国(ハワイ)-豪州-インドの4カ国をつなぐ菱形のこの構想を「安保ダイヤモンド構想」と命名した。

昨年末にはインド首相との首脳会談で日本-米国-インドの頭文字から「JAI協力を進めたい」と述べ、一歩さらに踏み出した。JAIはヒンディー語で「勝利」を意味する。1週間後には豪州首相と会い、中国を牽制するための安保協力を加速することで合意した。

こうした外交戦略とともに軍備増強も併行している。2016会計年度(2017年3月まで)予算のうち防衛費は過去最高の5兆541億円(約56兆2000億ウォン)。南北対峙状態の韓国の国防費(39兆ウォン)をはるかに上回る。友好国との軍事・安保協力を強化する一方、ステルス戦闘機など先端武器も次々と開発している。

安倍首相の「ダイヤモンド構想」は習近平主席の「真珠の首飾り戦略」と比較される。中国はバングラデシュ、スリランカ、パキスタン、ミャンマーなどを首飾りのように構成してインドに圧力を加えながら海洋安保・貿易網を新たに構築している。南シナ海のために頭を悩ませている周辺国とインド、豪州が安倍首相のダイヤモンド側に傾くのは当然のことだ。

優雅な宝石の名前を掲げているが、強大国間の海洋大戦はますます激しくなる見込みだ。「安保」と「侵略」はコインの表と裏のようだ。昨日今日のことではない。第2次世界大戦当時に日本がハワイの真珠湾を奇襲した当時から最終目標は東アジアとインド、豪州を含むオセアニアを占領するというものだった。400余年前の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)も明とインドまで征服しようという豊臣秀吉の野心によるものだった。これより180年ほど前に7回も続いた中国「鄭和の大遠征」も現代版「真珠の首飾り」戦略と変わらない。

安倍首相は10-12日に日本を訪問するインド首相にインド高速鉄道全路線に日本の新幹線方式を適用して人材・技術を支援し、原子力分野の協力まで提案するという。海洋ダイヤモンドの輝きを完成させるための最後の工程ということだ。北朝鮮の核実験の兆候を韓国より速く感知し、国家安全保障会議を先に開くほど迅速な安倍首相の政治・外交力を考えると、国内の争いで屋根が吹っ飛ぶのも知らない韓国の現実が残念で惨めだ。

コ・ドゥヒョン論説委員 ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

(http://japanese.joins.com/article/382/222382.html?servcode=100&sectcode=140)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、「朴大統領を守ろう!」朴大統領を支持する会に新規加入者が殺到!?=韓国ネット「このままでは国が崩壊してしまう」

韓国経済、「朴大統領を守ろう!」朴大統領を支持する会に新規加入者が殺到!?=韓国ネット「このままでは国が崩壊してしまう」

記事要約:管理人がこの朴槿恵政権を支持する会に加入することはないが、影ながら応援しているのでしっかり取り上げておきたい。どうやら、新しい動きとして朴大統領を支持する会に新規加入者が殺到しているそうだ。おそらく国連事務総長が出馬できるための時間稼ぎの内部工作だろうな。一部の市民が同情しているように見せかけているわけだ。

でも、実際、あの抗議デモを見て朴槿恵政権を支援しようと考える韓国人がいてもおかしくはない。全員、火病が発症していても、ふと、我に返ったら自分たちが無意味なことをしているのに気づくレアケースだってあるかもしれない。そもそも、韓国メディアと北朝鮮に踊らされているのは他国から見れば手に取るようにわかるからな。とりあえずその意見を見てみようか。

>新たに加入した会員は「デモを見て腹が立って加入した。朴大統領を批判する人は無鉄砲だ。ネットユーザーは愚かなメディアの情報をうのみにしている」と述べた。また、別の新規会員は「朴大統領には寂しくつらい時に頼れる友人や家族が必要だった。今後は私たちがより力強い支えにならなければならない」と訴えた。

にわかには信じられない話だが、メディアの情報を鵜呑みにしているという指摘は鋭いな。でも、寂しいからといって神権政治をやったことは何の関係もないだろうに。やはり、工作じゃないかな。論理が破綻している。あのデモを見て腹が立つまではわかるが、それで朴槿恵大統領を支えようという思考にはならんだろう。

>さらに、光化門で行われたデモに北朝鮮関連の勢力が介入していたとの疑惑も出た。デモに参加した中高校生が掲げていた横断幕には北朝鮮独特の言い回しが使われていたという。

そりゃギロチンまで作るぐらい勢力が跋扈しているのだ。一般市民があんな大層な物を造るわけないからな。そりゃ、北朝鮮が抗議デモを扇動しているのは明かだろう。

>その他にも、4日の朴大統領の国民向け談話に関する世論調査を引用し、「すでに38.4%が朴大統領の謝罪を受け入れた。これは以前の支持率に回復したことを意味するが、メディアは歪曲(わいきょく)報道をしている」「朴大統領の談話文を見て泣いた」「メディアの力で事実が歪曲されている。こういう時こそ私たちは団結しなければならない」といったメッセージが寄せられた。

この論理も破綻している。謝罪を受け入れたから支持率が回復したはおかしい。支持しなくても謝罪を受け入れることはできるだろう。そもそも、最初から支持率25%だったじゃないか。因みに管理人は談話文を掻い摘まんだのを読んだがどこにも泣くようなことはなかったぞ。では、韓国ネットの反応はどうなのか。

>「あきれた…。不正腐敗の根源を守りたいの?全く理解できない」

いや、不正腐敗なんていつものことじゃないか。管理人からすれば何でこれだけ怒っているのかわからないからな。韓国をシャーマンだろうが、犬が統治してようがそれを受け入れてきたのは韓国人じゃないか。たまたま発覚したから許せないとかよくわからない。

>「恐ろしい。朴大統領が何をしたか、まだ理解できていないの?」

ただ単に神権政治をやっていただけだろう?別に良いじゃないか。大統領が決めたのだから。それで機密文書を見せたりして法律に反していることは管理人も重々承知しているし、その罰は受けるべきではあるが、今は不逮捕特権があるからな。つまり、機密文書を見せて自分が無能だから代わりに助言をきいていたのだろう。あのよくわからない電波が全て占い師の受けうりだと考えれば辻褄が合うんだよな。

>「退陣後の朴大統領を支えてあげてほしい。1人ぼっちで孤独だろうから」

独りぼっちじゃないさ。すぐに逮捕されるんだから。

>「加入者は全員、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領(朴大統領の父親)の支持者でしょ?」

暗殺に占い師の一族が関わっていたという噂が韓国内で流れているので、その支持者というのはちょっとおかしいんじゃなかな。むしろ、支持者は怒っているような気がするんだが。

>「いくらもらった?少しの金のために良心を捨ててはいけない」

それが仕事かもしれない。良心なんて韓国人が持っていればこんな下らない抗議デモは起きていない。

>「朴大統領の言葉を信じ、もう一度だけチャンスをあげてもいいのでは?」

珍しく肯定意見が出ているじゃないか。いや、チャンスはもうないだろう。あれ、管理人は支持しているんじゃなかったのかて?いや、管理人が支持しているがさすがに支持率が低すぎて支えるのは厳しいと思う。

>「このままでは国が崩壊してしまう。『朴槿恵を愛する人たちの会』が団結して韓国を守ろう」

少しは理解できてきたんじゃないか。あの下らない抗議デモに参加することは国を守ることではなく、国の崩壊へ向かうと言うことを。でも、国を守るために朴槿恵政権を支持するのは間違いだろうな。今、やることはさっさと新しい大統領を決めることだ。

それには朴槿恵大統領が自ら辞任して、国民が選挙で選ぶこと。政治空白ができてしまうが、おそらくこれがベストだろう。でも、管理人は知っている。韓国人は選択肢があればいつも最悪な選択肢をとると言うことを。

>「メディアの情報に振り回されるなんて情けない。だから犬や豚扱いされてしまうんだ」

まったくその通りだな。メディアなんてどこも駄目な気がする。しかし、今回の場合は全てのメディアが朴槿恵政権の敵に回ったからな。管理人は裏で今まで財団の寄付を強請されていた財閥グループがメディアの支援をしているような気がするんだよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、「朴大統領を守ろう!」朴大統領を支持する会に新規加入者が殺到!?=韓国ネット「このままでは国が崩壊してしまう」

2016年11月7日、韓国・マネートゥデイによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を支持する「朴槿恵を愛する人たちの会」の動きが、5日にソウル中心部の光化門で行われた朴大統領の退陣を求めるデモをきっかけに活発化している。

今月5?6日、同会のインターネットコミュニティーのホームページには新規加入に関する問い合わせと朴大統領を応援するメッセージが約500件寄せられた。メッセージは「野党などの反対勢力の動きを阻止し、朴大統領を守らなければならない」との内容が中心だという。

新たに加入した会員は「デモを見て腹が立って加入した。朴大統領を批判する人は無鉄砲だ。ネットユーザーは愚かなメディアの情報をうのみにしている」と述べた。また、別の新規会員は「朴大統領には寂しくつらい時に頼れる友人や家族が必要だった。今後は私たちがより力強い支えにならなければならない」と訴えた。

さらに、光化門で行われたデモに北朝鮮関連の勢力が介入していたとの疑惑も出た。デモに参加した中高校生が掲げていた横断幕には北朝鮮独特の言い回しが使われていたという。その他にも、4日の朴大統領の国民向け談話に関する世論調査を引用し、「すでに38.4%が朴大統領の謝罪を受け入れた。これは以前の支持率に回復したことを意味するが、メディアは歪曲(わいきょく)報道をしている」「朴大統領の談話文を見て泣いた」「メディアの力で事実が歪曲されている。こういう時こそ私たちは団結しなければならない」といったメッセージが寄せられた。

これについて、政界関係者は「『朴槿恵を愛する人たちの会』は朴大統領を長い間にわたり支持してきた会」とし、「事実関係とは関係なく、朴大統領の談話文を見守った後、感情的な動揺が大きかったのだろう」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「あきれた…。不正腐敗の根源を守りたいの?全く理解できない」
「恐ろしい。朴大統領が何をしたか、まだ理解できていないの?」

「退陣後の朴大統領を支えてあげてほしい。1人ぼっちで孤独だろうから」
「加入しないとメッセージを書き込むことができないのだから、会員数が増えるのは当然。みんな朴大統領の支持者を批判するために加入しているんだよ」

「加入者は全員、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領(朴大統領の父親)の支持者でしょ?」
「いくらもらった?少しの金のために良心を捨ててはいけない」

「朴大統領の言葉を信じ、もう一度だけチャンスをあげてもいいのでは?」
「このままでは国が崩壊してしまう。『朴槿恵を愛する人たちの会』が団結して韓国を守ろう」
「メディアの情報に振り回されるなんて情けない。だから犬や豚扱いされてしまうんだ」(翻訳・編集/堂本)

(http://www.recordchina.co.jp/a154464.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【反日カードを実行するなら今】大韓民国が朴大統領を捨てる雰囲気…朴大統領は愛国の勝負に出るべきだ

韓国経済、【反日カードを実行するなら今】大韓民国が朴大統領を捨てる雰囲気…朴大統領は愛国の勝負に出るべきだ

記事要約:韓国メディア、北朝鮮新派に操られて正気を失った韓国人。もはや、大統領が何をしたところで遅かれ速かれ【仮】朴槿恵政権は崩壊する。しかし、まだ切れるカードが二つあるじゃないか。

前者は今、政権を少しでも延命させるには「反日カード」を切るしかない。そう、ここで日韓慰安婦合意は誤りだったと朴槿恵大統領が自らが宣言するのである。そして、竹島に上陸して、対馬の領土宣言するなどの反日外交を復活させれば支持率が10%には戻るだろう。

これによって国連事務総長が出馬できるまで何とか延命すれば与党はまだ闘える。弾劾だろうが、辞任だろうが、野党への対抗馬がいないと選挙では負ける。国連事務総長を担ぎ出すことができればまだ勝利する可能性は残されている。

そして、もう一つが戒厳令である。今、抗議デモをさっさと抑えないとこれ以上の規模になればクーデターが起きるかもしれない。抗議デモに野党の議員が加われは、さらなる拡大して手に負えなくなる。だからこそ、緊急事態だ。ここは北朝鮮が攻めてくるかもしれないという情報を利用し、戒厳令を敷いて韓国軍を動かして抗議デモを中止に追い込むのだ。

どちらの道を取るにはしてもリスクは高い。しかし、前者はかなり無理矢理だが、後者の方はわりと利用できる感じなんだよな。なぜなら北朝鮮が新たに核実験をしようとしていて、さらに韓国が無政府状態なら攻めてくる可能性はいつもより高い。実際、その情報が嘘だろうが、本当だろうが、北朝鮮が戒厳令を敷いた韓国を見て出兵を見合わせたとか、いくらでも言い訳はできる。

この際、なりふり構わず延命策に出るとしたら、この二つが1番手っ取り早い。この先、支持率がどれだけゼロに近づこうが、与党は今、辞任や弾劾は困るのだ。だから、与党は強くは言えない。野党は今がチャンスとばかりに攻めて行く。結果、国政は麻痺状態であり、何も決まらないボーナスタイムがずっと発生する。

日本からすればこのまま宙づり状態で無駄に時を過ごしてくれた方が良いだろう。新しい大統領が反日かは定かではないが、野党の代表なら日韓慰安婦合意の破棄を政権公約に掲げてくるだろう。

ちなみに管理人は朴槿恵大統領には愛国心があると考えていたが、韓進海運へ一件を見て愛国心などないということを悟った。占い師の財団に寄付を拒否しただけで韓進海運は潰される運命だったのだ。そして、朴槿恵大統領は「自助努力」が足りないと言い切った。これはまさに友人への寄付を裏切った裏切り者など助けないという死亡宣告だったわけだ。そして、潰れた韓進海運の優良資産は現代商船や他の海運業へ。

さらに当てつけで海運業に6兆5000億ウォンの支援をするという。韓進海運の3000億ウォンの政府支援要請を断っておいて、後で6兆5000億ウォンを出す。もちろん、韓進海運が消えた後でだ。

大赤字でどう見ても国の税金を食い散らかして構造調整も大失敗が見えている地雷の大宇造船海洋はひたすら助ける。おそらくここにも占い師が関与しているんじゃないか。大宇造船海洋がここまで手厚く優遇されるからくりがあるはずだ。

しかし、大統領が神権政治、個人主義、無能、権力欲と、麻雀でいう逆「国士無双」見たいな状態ではどうしようもないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【反日カードを実行するなら今】大韓民国が朴大統領を捨てる雰囲気…朴大統領は愛国の勝負に出るべきだ

大韓民国が朴槿恵(パク・クネ)大統領を捨てる雰囲気だ。支持率はわずか5%にすぎない。2回目の謝罪の「弱者コスプレ」は通用しなかった。大統領は「決してカルト宗教にはまっていない」と述べたが、国民の目には今でも邪悪な雰囲気が漂っているように見える。「こんなことをしようと大統領になったのか…」という嘆きさえも嘲弄と軽蔑の対象だ。朴大統領は権力に対する未練を捨てられないようだが、すでに政府は崩壊の危機を迎えている。警察までが慎重になっている。ろうそく集会を鎮圧して人命被害でも発生すればそれこそ終末だ。

国民は屈辱感と背信感から朴大統領を「非好感」にして久しい。なぜ崔順実(チェ・スンシル)の周囲にはこっそりと携帯電話を録音したりCCTVを撮るなど汚ない人たちばかりなのか。我々の社会がそのようなレベルの低い人物たちに代理統治されたという羞恥心に憤怒している。国民は青瓦台(チョンワデ、大統領府)文書流出を「国基紊乱」と断罪した大統領が、なぜ崔順実にはすんなりと秘密文書を渡したのかと尋ねている。「義理」を前に出した大統領が国民の信頼を完全に裏切ったのだ。

朴大統領が自力で統治基盤を復元するのは不可能だ。「国民の幸せ、希望の新しい時代」はおろか、「ヘル朝鮮」と「弾劾・下野」のスローガンがあふれる。振り返ればこの政府は北朝鮮の失策に依存してきた。すべての人事惨事が張成沢(チャン・ソンテク)処刑と地雷挑発、統合進歩党内乱陰謀などに埋もれた。2014年4月のセウォル号沈没と2015年5月の中東呼吸器症候群(MERS)事態は政府の無能を表した大型の悪材料だった。しかし大統領の傲慢もこうした大事件に埋もれた。朴大統領の独善は昨年7月の劉承ミン(ユ・スンミン)院内代表批判から始まり、同年9月の韓国史教科書国定化で姿を現し、今年4月の総選挙の「真朴公認」でドラマを完成させた。

もしかすると今の朴大統領の政治生命は野党の慈悲にかかっているのかもしれない。野党の共に民主党は「国政から手を引いて国会に権力を譲るべき」と要求している。その代わり下野と弾劾には慎重な立場だ。次期大統領選挙の世論調査で1位の文在寅(ムン・ジェイン)前議員を意識してのことだ。これに対し安哲秀(アン・チョルス)国民の党議員は「即刻下野」を主張している。潘基文(パン・ギムン)国連事務総長などセヌリ党走者が入ってくる隙間ふさいでこそ中道層を引き込むのに有利だという計算が見える。野党の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、李在明(イ・ジェミョン)城南市長らも事態を揺さぶろうと鮮明性競争をしている。一方、与党セヌリ党の親朴派は潘基文氏招聘のために難破船を放さず最後まであがいている。みすぼらしい状況だ。

今回の事態は朴大統領の時代錯誤的な価値観と生活の方式によるものだ。憲法と法律に基づく内閣・秘書室などを抜いて、巫女のにおいが漂う崔順実など私的なチャンネルを通じて国政と人事を専横して見つかった。いくら「カルト宗教ではない」と否認しても効果はない。政界ではファクトよりイメージがはるかに重要だ。今さら内閣・秘書室を活用する「非正常の正常化」を誓っても、どうにかなる段階ではない。「崔順実が拘置所からテレパシーで操縦する」という陰謀説に耐えられるだろうか。朴大統領は憲政中断の悲劇を防ぐことに集中しても難しい状況だ。選択の期間は12日の集会まで5日しか残っていない。

民主共和国には国民が選出した2つの権力がある。一つは大統領で、もう一つは議会だ。大統領の権限行使が不可能な場合は議会に権力を譲るのが正しい。幸い、民主党と国民の党は過去に執権した経験がある。「大統領が(権力を)手放し、捨てて(生きる道を)探せば国民も呼応するだろう。野党も行き過ぎれば逆風を受ける」。朴智元(パク・ジウォン)国民の党非常対策委員長の警告が重く響く。愛国は朴大統領の専有物でない。もう国民と議会を信じて額を突き合わせるべきだ。参考に、インディアン部族は月ごとに名前が違った。モホーク族は11月を「非常に貧困になる月」とし、アラパホ族は「すべてなくなるわけではない月」とした。朴大統領の11月もさらに貧しくなってこそ、すべてのものを失わないようだ。国を愛するなら、すべてを空にして手放さなければいけない時だ。

(http://japanese.joins.com/article/389/222389.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【米国も見放す】「異なる人物が国を率いても韓米同盟は堅固」 朴大統領と距離を置こうとするホワイトハウス

韓国経済、【米国も見放す】「異なる人物が国を率いても韓米同盟は堅固」 朴大統領と距離を置こうとするホワイトハウス

記事要約:日本の官房長官が朴槿恵政権崩壊の最中だが「特に影響はない」と述べた数日後、どうやら米国の方でも朴槿恵大統領を見放す決定がされていることがわかった。つまり、もういつでも辞任していいよ。次の大統領はもっと上手く米国とやってくれるでしょ。と、いう米国からの温かいメッセージである。

でも、次の政権が左翼なら中国、北朝鮮寄りでTHAAD配備もあり得るんだよな。もっとも、これは米国の大統領がトランプ氏か、クリントン氏のどちらになるかでも変化する。どちらになるかはわからなく、自作自演も疑われているが、トランプ氏が壇上で暗殺されかけたというニュースもある。

もし、暗殺するほどの危機感を抱いているのがクリントン氏の利害関係者なら、トランプ氏が優勢だというニュースは真実味を帯びる。韓国の朴槿恵大統領もこのまま行くと暗殺されかけない。山登りは危険だと教えないとな。では、とりあえず中身を見ていこう。

>アーネスト報道官は「米国と韓国間の同盟は緊密で強力な同盟だ。これまでそうであったように、また今も強力な同盟」としたうえで、「強力な同盟の特徴の一つは、異なる人や異なる人物がその国を率いる時さえも、永続的であるということ」だと明らかにした。アーネスト報道官は「(永続的である理由は)両国政府と国民がその同盟に献身する意志を持っているため」と付け加えた。

なるほど。政権が変わっても強力な同盟であることは変化はないと。これはある意味、政権変わって勝手な行動を取るなら見捨てるという意味にも聞こえる。

>アーネスト報道官は「オバマ大統領は、同盟の強化のため、朴大統領の前任者(李明博<イ・ミョンバク>大統領)と効果的な業務協力関係を維持しており、朴大統領が在任してきた3~4年間も効果的に力を合わせることができた」と説明した。

効果的に力を合わせた?朴槿恵大統領は中国の軍事パレードやAIIBに参加して、どう見ても米国を裏切り続けたのが、1月の北朝鮮の水爆実験で中国とのホットラインがまったく繋がらなかったことに失望して、突然、手のひら返してTHAAD配備を受け入れたのだぞ。就任の2年間は中国傾斜。次の1年はこの有様。どこで効果的に力を合わせていたのか。

>アーネスト報道官のこのような発言は、朴槿恵大統領と仲が良いのではないかという質問からオバマ大統領を守る側面から、韓国および国際的に評判が悪化して退任を迫られている朴大統領と意図的に距離を置こうとしたものと見られる。また、見方によっては、朴大統領に対する退任の可能性も念頭に置いたものとして受け止められる余地もある。

中国の蜜月期間であれほど米国を転けにしてきた韓国の朴槿恵大統領がオバマ大統領と仲が良いわけないだろう。そもそも、米国が何を言っても内政干渉だからな。日本の特に影響はないとたいして変わらない。つまり、朴槿恵政権崩壊して次の新政権になってもTHAAD配備を着実に履行しろよというメッセージである。どう見ても、もういつでも変えていいよ。北朝鮮は見張っておくから安心して地獄へ行きなさいですね。

ああ、でも、もうすぐ韓国から米軍撤退するんじゃなかったか。米軍撤退する前に変わらないとやばいんじゃないか?トランプ氏になって米軍の維持費用を払えと脅されるのを見てみたい気もするが。でも、他国の政府もそんな感じだろうな。支持率5%ではもう政権が維持できないのは誰の目でも明らか。

後は変わるタイミングを模索して、いつでも変わったときに対応するのが外交だものな。朴槿恵政権崩壊しても他国の誰1人も困らないことに正直、韓国なんて世界からすればどうでも良い国家であることの証明だな。何はともあれもういらないので勝手にやれば良い。でも、THAAD配備と米軍撤退は予定通りするからなと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【米国も見放す】「異なる人物が国を率いても韓米同盟は堅固」 朴大統領と距離を置こうとするホワイトハウス

アーネスト報道官、記者懇談会で
「崔順實疑惑」関連質問に
「強力な同盟の特徴は異なる人物が
その国を導く時さえも、永続的」
「朴大統領の退任の可能性を念頭に置いているのでは」微妙な波紋広げる

朴槿恵(パク・クネ)大統領の退任の可能性を残しておくようなアーネスト米ホワイトハウス報道官の発言が、微妙な波紋を広げている。

アーネスト・ホワイトハウス報道官は4日(現地時間)、民主党の大統領選挙候補のヒラリー・クリントンの支援遊説のために、バラク・オバマ大統領がノースカロライナ州パイェビルに向かう大統領専用機「エアフォースワン」の中で随行記者団と懇談会を開いた。

懇談会の途中、随行記者1人が朴槿恵(パク・クネ)大統領が関与した「崔順實(チェ・スンシル)疑惑」と関連し、「オバマ大統領は、朴大統領と(スキャンダルと関連して)話したことがあるのか?過去には(二人が)かなり親しそうに見えた。朴大統領が大統領の職に残ることを望むのか、それとも今朴大統領と距離を置きたいと思っているのか」と歯に衣着せぬ質問を投げかけた。

これに対し、アーネスト報道官は「米国と韓国間の同盟は緊密で強力な同盟だ。これまでそうであったように、また今も強力な同盟」としたうえで、「強力な同盟の特徴の一つは、異なる人や異なる人物がその国を率いる時さえも、永続的であるということ」だと明らかにした。アーネスト報道官は「(永続的である理由は)両国政府と国民がその同盟に献身する意志を持っているため」と付け加えた。

アーネスト報道官は「オバマ大統領は、同盟の強化のため、朴大統領の前任者(李明博<イ・ミョンバク>大統領)と効果的な業務協力関係を維持しており、朴大統領が在任してきた3~4年間も効果的に力を合わせることができた」と説明した。

アーネスト報道官のこのような発言は、朴槿恵大統領と仲が良いのではないかという質問からオバマ大統領を守る側面から、韓国および国際的に評判が悪化して退任を迫られている朴大統領と意図的に距離を置こうとしたものと見られる。また、見方によっては、朴大統領に対する退任の可能性も念頭に置いたものとして受け止められる余地もある。

アーネスト報道官はさらに、「確かに、彼女(朴大統領)は厳しい国内政治状況に直面している。それについてはコメントを差し控えたい。オバマ大統領がそれを(韓国の国内政治状況)公開的であれ個人的であれ、考慮したのかは分からない」と述べた。彼はまた、「アジアから帰ってきてから、オバマ大統領が朴大統領と話したことはないと聞いている」と付け加えた。これに先立ち、オバマ大統領は今年9月、主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するため中国などを訪問した。このような発言からも、朴大統領と距離を置こうとするホワイトハウスの態度が窺える。

(http://japan.hani.co.kr/arti/international/25598.html)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry