太刀は気刃斬りと特殊納刀で連撃が超強力!〔モンスターハンターライズを気ままに攻略その5〕

太刀は気刃斬りと特殊納刀で連撃が超強力!〔モンスターハンターライズを気ままに攻略その5〕

前回は大剣の基本的な使い方を解説した。今回は「太刀」である。モンスターハンターライズは武器ごとで戦い方がかなり異なってくるので、自分に合った武器を見つけていくのも楽しいだろう。ただ、モンスターによって武器系統での相性があるので、「切断」「打撃」「弾」の1種類ずつ使えると、どのモンスターにも応用が利く。それでは、前回までのリンクを張る。

今度は歌舞伎!?新米ハンターがカムラの地に降り立つ!【モンスターハンターライズを気ままに攻略】

モンスターハンターライズの新要素「翔虫(かけりむし)アクションを使いこなせ」【モンスターハンターライズを気ままに攻略その2】

まずは素振り100本!最初は「修練場」で武器の基本操作を練習しよう【モンスターハンターライズを気ままに攻略その3】

大剣の溜め斬り・真・溜め斬り(強撃)は破壊力抜群!〔モンスターハンターライズを気ままに攻略その4〕

■太刀の特徴

太刀の特徴はなんといっても「刀」であること。武器系統は「切断」なので、大剣と同じなのだが、大剣のような溜め攻撃はない。しかし、刀であるからこそ、素早く攻撃を行えたり、納刀して避けて反撃などというテクニカルが攻めが可能。特に鉄蟲糸技(テッチュウシギ)に強力なカウンター技があるので上手く活用したい。

それで、太刀には連気ゲージというものがある。画像を拡大すると武器の切れ味の隣に刀のマークが見つかるだろう。これには二つの特徴がある。一つは敵に攻撃を当てると連気ゲージが少しずつたまっていく。そして、もう一つは連気ゲージの色が、無色→黄色→赤の3段階に変化することだ。太刀を使うにおいてこの連気ゲージや色が大変重要だ。ぶっちゃけるとこれがないと「気刃斬り」の4連携が使えない。

■太刀の連携技

まず、基本は敵に攻撃を当てて連気ゲージを溜める。それから、気刃斬りを含めた4連コンボをお見舞いする。ただし、普通に気刃斬り連携をしても、すぐに連気ケージはなくなってしまう。そこに登場するのが、特殊納刀だ。この特殊納刀から居合い抜刀斬りを使えば、なんと連気ケージが一定時間自動で回復するのだ。

特殊納刀を行うには攻撃しないといけない。つまり、手順を書くとこうなる。

X(A)+ZR+B(特殊納刀)+X(居合抜刀斬り)→(ZR)気刃斬りⅡと連携できる。

X(A)+ZR+B(特殊納刀)+ZR(居合抜刀居気刀斬り)

まずはこの連携をマスターしよう。すると連気ケージが自動で回復するので、気刃斬りの4連コンボが可能。さらに気刃斬りの最後(気刃大回転斬り)を当てると連気ゲージの色が光だし、白から黄色、黄色から赤に変化する。これは、居合抜刀居気刀斬りを当てたときも同様だ。

さらに面白いのが「見切り斬り」である。これはコンボ中にZR+Aで出せるのだが、見切り斬りを出すと後ろに避けて回避できる。これを敵が攻撃する直前に出せば無敵時間があり、そのまま回避した後に攻撃をヒットさせると連気ケージが最大まで回復する。

敵の攻撃を素早く後ろに飛んで避けて一撃を食らわした後、強力な連係攻撃(ZR+ZR+ZR+ZR)で一気に攻める。まさにテクニカルな戦い方ができる。実戦で、敵の攻撃を回避するにはある程度練習が必要だが、決まると格好良いのでマスターしよう。

■太刀の鉄蟲糸技(テッチュウシギ)

太刀の鉄蟲糸技は2つあってどちらもかなり強力だ。

ZR+Xで出せる飛翔斬り。これはジャンプして切りつける技で、一気に敵との間合いを詰めることが可能。しかも、連気ケージが自動で上昇。さらに落下突きも自動で入るのだが、ここで連気ケージが光って、白や黄色や赤だと、最初の攻撃がヒットしたときにZRを押せば、気刃兜割ができる。これは落下突きよりも、何度もヒットするので当たると強い。

ZR+Aで出せる水月の構え(翔虫ゲージ2つ必要)は強力なカウンター技である。とりあえず、出せばカウンター技として、相手の攻撃を防いでダメージを与えてくれる。強力な翔虫2つ消費なので連発はできない。

このように太刀はテクニカルな戦い方が好きな人に向いている武器だ。最後にX+Aの切り上がりからの気刃斬りの連携も強いので、これも練習しておこう。

続きは→連携攻撃とバックステップで素早くモンスターを攻撃できる片手剣〔モンスターハンターライズを気ままに攻略その6〕

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ろっしゃん (@guest_58292)
2021年4月2日 11:26 AM

私もモンハンやりたくなりました。新しいアクションがあるという事は先駆者達に追いつけるかもしれないのでそれが良いなぁ、と思った理由です。